YOUKOの食べある記next

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

今年もチョコの祭典へ@サロン・デュ・ショコラ2015

1501サロンドショコラ

毎年、伊勢丹新宿店で開催されている『サロン・デュ・ショコラ』、近年は激混み状況が続いていたためか、2015年は新宿NSビル地階に会場が移されることとなりました。

とはいえ、広くなっても激混みになることは間違いないのですが、こういう時に役立つのが、伊勢丹のアイカード。

このカードを持っていると、開催前日の内覧会でゆっくり見ることができるので、私はこのためだけにアイカードを持っているといってもいいくらいです。



1501サロンドショコラ

今年のテーマは「ショコラ、パトリモワンヌ ユニヴェルセル~未来へのオマージュ」、パトリモワンヌ ユニヴェルセルとは世界遺産という意味だそうです。

会場の入り口には、そのテーマに合わせた、ちょっと未来っぽいチョコレートでできたオブジェが飾られています。



1501サロンドショコラ

夕方の午後4時頃、入場できる人が限られた会場は、伊勢丹会場の倍くらいの広さがあるためか、行列ができることもなく結構空いています。

まずは、『パティスリー・サダハル・アオキ・パリ』の「ショコラスムージー オレ ユズ」(451円)をいただきながら、あっちの店を覗き、こっちの店で味を見てと、内覧会ならではのゆっくりした買い物&試食を楽しみます。

ここで、ビアずきさんもやってきたので、情報を交換しつつ、一緒にいろいろと見て回ることにしました。



1501サロンドショコラ

試食させてもらったものが美味しかったので、持ち帰り用に買った『アンリ・シャルパンティエ エ クリストフ・フェルデール』の焼きたてフィナンシェ3種(各324円)。

ソテーした洋梨がのったショコラ・ポワール、発酵バターが香るフィナンシェ・ポム、タイムとリキュールでソテーしたりんごのショコラ・ポムの3種と、いずれもとても美味しくて、通年販売してほしいフィナンシェでした。



1501サロンドショコラ

こちらも会場に甘い香りを漂わせている焼き菓子、『アンリ・ルルー』の「クイニーアマン・オ・C.B.S」と「クイニーアマン・オ・キャラメル・カフェ・ノワゼット」(各324円)。

ルルーさんのスペシャリテ、C.B.S=塩バターキャラメルを包み込んだ生地は、温めるとキャラメルがとろけ、甘じょっぱさが何か懐かしい味。

もう一方は、コーヒー入りの生地に、ヘーゼルナッツを加えたエスプレッソ風味のキャラメルが包まれ、全体に濃い大人っぽい味わいでした。



1501サロンドショコラ

この三角錐のお菓子はチョコレートではありませんが、案内状を送っていただいた時から気になっていた、ベルギーのスイーツ「キュベルドン」(各378円)。

濃厚なフルーツのシロップを外側だけ結晶化させたもので、20種類近くある味から、定番と教えていただいたラズベリーの他、ペア、シャンパーニュの3つをチョイス。

しゃりっとした結晶の中は、とろっとしたゼリー&ソース、このお菓子だけで食べる以外に、凍らせてウォッカに入れたり、冷やしてシャンパンに入れたり、コーヒー・紅茶に入れてもいいそうなので、いろいろ試してみたいお菓子です。



1501サロンドショコラ

チョコレートの祭典なのですから、チョコレートも買います、お気に入りの『ベルナシオン』の「タブレット・マンディアン・レ」(3,240円)。

今年は「ビーン トゥー バー」が合言葉になっているようですが、こちらのお店は日本に紹介された時からバーチョコが定番。

お高いバーチョコですが、チョコの味わいと香り、口どけの良さは天下一品、それにナッツやドライフルーツがいい具合に入っていて、実に美味しいチョコレートなんです。



1501サロンドショコラ

そして、『ヴァンサン・ゲルレ』の「ショコラ・アソート」(2,910円)、真っ赤な箱にコケティッシュな女の子がカワイイですね。

箱の蓋はマグネットで開け閉めができるようになっているので、チョコを食べた後も、小物入れなどとして楽しめそう。。



1501サロンドショコラ

中央にあるのは、昨年売り切れで買うことができなかったサブレ・ブルトン、サブレにナッツのペーストをサンドして、真っ赤なチョコでコーティングした、香ばしいチョコレートです。

ハートのボンボンショコラ、緑ラインはシトロン・ヴェール=ライムガナッシュにダークチョコのビターな味わい、赤ラインはジャンジャンブル=ショウガ味でミルクチョコのマイルドな味わいでした。


チョコはチョコでも、フィナンシェなど粉ものあり、スムージーあり、タブレットあり、ボンボンありと、いろんな味のチョコレートを楽しめて、チョコ好きにはたまらない祭典。

しかし、どれも価格が高く、気が付くとかなり散在してしまうのが、危険なイベントでもありますね。



サロン・デュ・ショコラ2015
2015年1月21日~25日 10:00~20:00
新宿NSビル地階
スポンサーサイト

| 美味しい甘いもの | 10:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://fromdingjin.blog.fc2.com/tb.php/498-f077af94

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。