YOUKOの食べある記next

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

日本を味わいつくせ!@ふるさと祭り東京2015

1501ふるさと祭り東京2015

入場料が1,300円と高いし、スタジアムの椅子にはテーブルもないし・・・、と文句を言いつつも、今年もまたしゅーくんと来てしまいました『ふるさと祭り東京2015』。

日本各地の珍しい料理や飲み物が、お祭りの屋台をひやかす感覚でちょこちょこといただけて、いろんなお祭りのメインイベントも楽しめるので、ちょっとづついろいろ食べたり見てみたい私たちには、うってつけなのです。



1501ふるさと祭り東京2015

駅弁まつり同様、TVで中継されると激混みになるので、開催初日の朝イチに参戦。

広くて天井の高~いドーム内は、狙い通り、そこそこ人は集まっていますが、これからが本番と言った適度な混み具合です。



1501ふるさと祭り東京2015

日本各地のうまいものの中から、まずは17のブルワリーがやってきてるクラフトビールを狙います。

会場の中心部近くには、サンクトガーレン、富士桜高原、箕面、横濱と4つのブルワリーの固まった場所があるので、そこへ直行!



1501ふるさと祭り東京2015

『横浜ビール』の4種飲み比べセット(1,200円)、レッドドラゴン・横濱ラガー・ペールエール・アルトです。

さいたま新都心で行われる『けやき広場ビール祭り』では、大体4種1,000円なので、ちょっと割り高かな。



1501ふるさと祭り東京2015

ビールと席をゲットしたら、しゅーくんと交代で、食べ物の買い出しへ。

昨年美味しかった16種類が並ぶ「全国ご当地どんぶり選手権」エリアで、ワンコインでいただけるミニ丼を選びます。



1501ふるさと祭り東京2015

私が選んだのは「名古屋コーチン親子丼」(500円)、熟成みりんを使った甘めの味付けでしたが、その場でとろとろに卵がとじられ、なかなか美味しいどんぶりです。

しゅーくんは「大山自然薯むぎとろ丼」(500円)、とろりとした自然薯の麦飯の組み合わせは美味しかったけど、もう少しマグロが欲しかったなぁ。



1501ふるさと祭り東京2015

続いては、『箕面ビール』の「飲み比べセット」(1,000円)、ピルスナー・ペールエール・ゆずホ和イト・スタウト。

これを観客席で飲んでいたら、近くに席にいた団体さんから「どこで買ったの~?」と声をかけられました。

飲み比べセットは、やっぱり人気ですね。



1501ふるさと祭り東京2015

麺類も豊富な会場なので、ラーメン大好きしゅーくんは、「黒豚飛魚(あご)らあめん」(850円)を。

以前に九州の五島に行って以来、飛魚のほの甘い出汁にはまっているのですが、その出汁のせいか、白濁している割にさっぱりしたラーメンでした。



1501ふるさと祭り東京2015

こちらもしゅーくんが買ってきた、「A5飛騨牛にぎり寿司」(2貫600円)、ち、小さい・・・。。

手のひらより小さいおせんべいの上に2貫が乗って、さらに余白があるくらい小さな握りでしたが、お肉は美味しかったです、ハイ。



1501ふるさと祭り東京2015

牡蛎好きとしては「焼きガキ」(3個1,000円)もはずせません、北海道厚岸産の大ぶりの牡蛎は、焼いても比較的上品な味ですね。

同じく北海道の「本ズワイガニの甲羅盛り」(1,000円)、蟹味噌の香ばしさがすでにほぐしてあるカニの身に絡まって、お値段は高めながら、酒飲みが大好きな味でした。



1501ふるさと祭り東京2015

お腹も少し落ち着いてきたので、会場をブラブラしながら、お店を冷かします。

歩きつつ飲むのは、『田沢湖ビール』の「ブナの森」(500円)、さっぱりとした軽い飲み心地です。



1501ふるさと祭り東京2015

会場のメイン「お祭りエリア」では、青森のねぶたや高知のよさこいなど、各地のお祭りを見ることもできます。

ステージ正面の特別観覧席(1,000円)を買わなくても、ゆっくり観覧できるのが、平日初日のよいところ。



1501ふるさと祭り東京2015

『箕面ビール』のブースで売られていた、箕面名物「紅葉の天ぷら」(300円)、噂には聞いていたのですが、食べるのは初めて。

かりんとうのようなカリッとした硬めの衣の中に、紅葉の葉の繊維を感じる、あっさりした甘さの天ぷらでした。



1501ふるさと祭り東京2015

美味しいビールを飲んで、各地の珍しくて、でも懐かしいような料理を食べ、まだ本物を見たことのないお祭りを見て、日本を堪能した「ふるさと祭り東京」。

北海道の鶏の半身揚げと、千葉のチーズをお土産に、入場料を払っても、また来年の行きたいねと言いながら家路についたのでありました。


スポンサーサイト

| イベントビール | 09:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://fromdingjin.blog.fc2.com/tb.php/491-3cbb8cf4

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。