FC2ブログ

YOUKOの食べある記next

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

東京駅ラーメンストリート@麺や七彩 東京駅

1501麺や七彩

100周年を迎えた東京駅、駅舎が復元され、レンガ造りの趣のある建物は、2階建てから3階建てに替わりました。

美しい丸の内側の玄関は写真を撮る人々で賑わっていますが、しゅーくんんと私が向かうのは、八重洲側の地下。



1501麺や七彩

毎度おなじみ「東京ラーメンストリート」、東京近郊の有名ラーメン店8店が軒を並べる、人気の一角。

前回は『ほん田』へ伺ったので、今回は無化調を誇る『麺や 七彩』に入ってみることにしました。



1501麺や七彩

入口の券売機で、お目当てのラーメン券を買ったら、まずはビール(中瓶550円)。

店内は、牛丼チェーンのような真ん中に通路がある形ですが、ちょうど顔の高さ位に棚があり、また入口側はカウンターですが、奥は4人掛けテーブルとなっているため、にらみ合いにはなりません。



1501麺や七彩

私は、こちらの主力ラーメン「特製喜多方ラーメン」(1,000円)の醤油を。

すっきりとした醤油味に軽く魚介の香りのするスープに、具は2種類のチャーシューに黄身がとろりと流れる半熟卵、たっぷりのネギと細切りメンマです。



1501麺や七彩

チャーシューはバラ肉とロースでしょうか、脂身のぷりっとした部位と肉のしこしこした部位の、ともにあっさりした味付けですが、食感の違いが面白いですね。

特徴的なのは麺で、平らで所々ひねられたようになっていたり、縮れていたりする、ぷるんつるんとした麺です。

茶色っぽい色合いで、所々に粒々が見えるので、全粒粉を配合しているみたいです。



1501麺や七彩

しゅーくんは、シンプルに「つけ麺」(870円)を、250円プラスしてチャーシューと半熟卵付きの特製にすることもできます。

こちらの麺も、ラーメンと同じく、太さに変化のある平たい全粒粉入り麺のようです。



1501麺や七彩

つけ汁にはみつば、ネギ、メンマ、そしてカットされたチャーシューが入っています。

汁はラーメン同様、さらっとあっさりした醤油味で、しゅーくんには少々物足りなかったようですが、お酢を足したり、最後はスープ割にしたりて、飲み干していました。



1501麺や七彩

全体にあっさり醤油のイメージのある、落ち着いて穏やかなラーメンなので、朝ラーが人気なのもわかります。

最近は個性的な味や濃い味のラーメンが多いので、こんなシンプルな味わいのラーメンもいいものかもしれません。

駅舎も再建され、いろいろなお店やレストランが入り、人を集める仕掛けも豊富、ひとつの商業ビル、または街といってもいいくらい大きくなった東京駅。

電車に乗るだけでなく、ラーメンやお土産などを求めるため、駅そのものを目当てに遊びに来る人が、ますます増えそうな東京駅でした。



麺や 七彩 東京駅(めんや しちさい とうきょうえき)




住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街 地下南通り 東京ラーメンストリート
電話番号:03-3211-8330
営業時間:<麺や 七彩>7:30~11:00 (L.O. 10:30)、11:00~17:00                                        <TOKYO 味噌らーめん 江戸甘>17:00~23:00(L.O. 22:30)
定休日:無休
HP:http://www.tokyoeki-1bangai.co.jp/street/ramen
食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130201/13124682/
ラーメンデータベース:http://ramendb.supleks.jp/s/30839.html
スポンサーサイト



| 昼ごはん | 10:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://fromdingjin.blog.fc2.com/tb.php/488-1c20a080

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>