YOUKOの食べある記next

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

チーズたっぷりケーク・サレ@パティスリー・サレ

1411ケークサレ

持ち寄り宴会のため、少し洒落ていて、ぱっとつまめるものを持って行こうと思い、ケーク・サレ(塩味のケーキ)を作ってみることにしました。

参考にしたのは、私が最も信頼するお菓子本の作者・小嶋ルミシェフの『パティスリー・サレ オーブン・ミトンの塩味のお菓子』です。



1411ケークサレ

まず1種類目は、「レギュームのケーク・サレ」、つまり野菜のケーク・サレですね。

炒め玉ねぎの入った生地に、ブロッコリーやトマト、パプリカの他、ロースハムの代わりに生ハムを入れて作ってみました。



1411ケークサレ

もう1種類は、「サーモンとサワークリームのケーク・サレ」

生地はレギュームの物と同じですが、スモークサーモンの他、生玉ねぎやディル、そしてサワークリームが入る爽やかなケークです。

ただし、今回はサワークリームが手に入らなかったので、クリームチーズを入れてみました。



1411ケークサレ

たっぷりの粉チーズが入っているので、焼いていると、チーズの焦げるとても良い匂いが広がります。

本来はパウンド型で作るものを、小型でマフィン型を使ったので、焼成時間に50~60分はかかるところが約30分程度と、かなり短い時間で出来あがりました。



1411ケークサレ

レギュームのケーク・サレ、たっぷりのチーズと炒め玉ねぎの入った生地はそれだけでも美味しいのですが、火の通った野菜は甘くなり、生ハムの塩気がいい感じに効いています。

上に乗せたプチトマトが、ちょっとドライトマト風になって旨みが凝縮、これはなかなかいい組み合わせです。



1411ケークサレ

サーモンのケーク・サレ、鮭のサーモンピンクとディルの緑、クリームチーズの白と、彩りもきれいです。

全体に爽やかな感じなのですが、クリームチーズを使ったため少し重い味わいになってしまったので、レシピ通り、サワークリームを使った方が良さそうですね。



1411ケークサレ

100円ショップで買ったシンプルなミニマフィンカップを使うと、大人っぽい雰囲気で、パーティーにも良さそう。

小嶋シェフのレシピは、甘いものもしょっぱいものも、どれを作っても美味しいのが素晴らしいですね。

分量も作り方もとても丁寧に書かれているので、初心者でも失敗なく作ることができるのですが、ちょっと細かすぎて略してしまいたくなる(とくに分量の数グラムとか)あたりが、唯一の難点といえる、お気に入りのレシピ本です。


スポンサーサイト

| たまにはお家で | 08:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://fromdingjin.blog.fc2.com/tb.php/467-11cf9a65

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。