YOUKOの食べある記next

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

今年も快晴ワイン日和@ココ・ファーム・ワイナリー収穫祭2014

1411ココファーム

東武線足利市駅、朝8時30分、恐らく普段は静かな地方都市の駅前に、とんでもない行列ができる初冬の2日間。

この2日間は、ここが最寄り駅となる、『ココ・ファーム・ワイナリー』の収穫祭が開催される2日間、まさに祝祭の2日間です。



1411ココファーム

東京都心に比べて、明らかに気温が低く、日陰に風が吹くと息も白くなる寒い場所に、並ぶこと30分。

昨年に引き続き、今年もしゅーくんと二人でやってきた私たちも、並んでいる間に収穫祭チケットをゲットし、やっとバスに乗り込むことができました。



1411ココファーム

バスは市街地から田んぼの中の細道へ、車の行き違いもままならない道は、数台の車が出て行けば、数台の車が入れるという状況ではありますが、31回を迎える経験のなせる業か、何台も連なるバスが順調に会場へと人を運んでいきます。

まず最初にチケットと引き換えていただくのは、ワイングラスを入れるホルダーに記念バッチ、木製のカトラリー、そして、この収穫祭でしか味わえない「できたてワイン」(カラフェ750ml)。

果汁のフルーティーさに、若々しいアルコールの香り、お日様がよく似合うフレッシュな味わいのワインで、乾杯!



1411ココファーム

こちらの収穫祭の目玉は、美味しいワインはもちろん、種類豊富で、お味も絶品、その上お値打ち価格の料理の数々。

立ち並ぶ屋台は、それぞれに特徴的なお料理を並べますが、今年は開始時間である午前10時30分前から、すでに行列ができているところもある盛況ぶりです。



1411ココファーム

私たちは、昨年席を確保できた会場の一番奥を目指しましたが、今年は開催時間前にもかかわらず空席を見つけることができず、隅っこに放置された壊れた折りたたみ椅子を見つけ、それを使って空き地に席を用意することができました。

この一番奥の場所はフードコートの中では比較的空いているのも便利な場所、早速シュークルートとメキシカンチキン(料理はほとんどのものが500~600円)を購入。

滋味あふれるシュークルートと、スパイシーでジューシーなチキン、こちらのお料理は、どちらのものをいただいてもレベルが高いですね。



1411ココファーム

駅前の日蔭は凍えそうになる位寒かったのですが、お天気に恵まれた会場の日向は、冬物のコートを着ていると汗ばむほどです。

陽気に誘われたのか、ワインの香りに誘われたのか、気が付くとしゅーくんのメガネにはチョウチョが停まり、のどかな収穫祭気分を盛り上げてくれました。



1411ココファーム

続いては、昨年パエリアを買ったお店のトロトロ豚ナンコツ(500円)をおつまみに。

洋風煮込みとでもいうのでしょうが、ハーブっぽい香りのするトマトソースで煮込まれたナンコツは、本当にトロトロで、ワインにとてもよく合いました。



1411ココファーム

時間がたつにつれ、会場には人があふれ、天使やワインボトルに仮装したホストさんが、さらに会場を盛り上げて歩きます。

ココワイン3人組、着ぐるみが重そうではありますが、何だかとっても楽しそうですね。



1411ココファーム

会場では、昨年もあった、ブドウ畑の傾斜に対応して足の長さを調整できる、3本足の簡易テーブルが売られていて、小テーブルが500円だったので買ってみました。

ワインが似合うテーブルは、デザインがお洒落だし、軽いし、分解もできて、これはいろいろな場面で重宝しそうなテーブルですね。

その上に乗るのは、会場内で売られている3種類のできたてワインの中の、赤バージョン(カラフェおかわり 1L2,000円)です。



1411ココファーム

さらなるおつまみは、ミネストローネに田舎風パテ、それに写真には写っていませんがチーズ&ミニバゲットも買うことができました。

他にもガレットなどのフレンチ惣菜や、オーブンを持ち込んで焼きたてのフランスパンを売るお店もあったのですが、ハンパない行列ができていたので、諦めることに。



1411ココファーム

宴もたけなわというあたりで、毎年おなじみかっちゃんこと勝俣さんの掛け声のもと、参加者全員で、乾杯!!!

ブドウ棚が広がる斜面、ピーカンの青空、ワインのアルコールも加わって、誰もかれも祝祭気分満開の乾杯です。



1411ココファーム

美味しい料理には、美味しいデザートもほしくなるもので、エクレアも買ってきました。

品必保持のため冷やされていたせいか、少々汗をかいたエクレアですが、白はカスタードクリーム、黒はチョコクリームと、ともにとろけるクリームと優しい食感のシュー生地で、〆にうれしい甘味でした。



1411ココファーム

午後2時を過ぎる頃から、駅まで戻るバスがどんどん混み始めることは過去の経験で知っているので、2時前に会場を後にする私たち。

午後の日差しを浴びたブドウ畑は美しいものですが、この急傾斜を上り下りするこころみ学園の皆さんは、日々とても大変な作業をされているんでしょうね。

その積み重ねが美味しいワインを生み、そして人を集め、この収穫祭につながる。

日々の忙しさにかまけて、社会貢献にも、ボランティアにもほど遠い我が家ではありますが、こんな形で何かの応援になればと思ったりもします。

ちなみに、この収穫祭で出動する救急車の中で、一番多い理由は「飲み過ぎ!」、ではなく「斜面でこけた!」だそうなので、参加される皆さんはお気を付けくださいね。



ココ・ファーム・ワイナリー(ここ・ふぁーむ・わいなりー)



住所:栃木県足利市田島町611
電話番号:0284-42-1194
HP:http://cocowine.com/
スポンサーサイト

| イベント | 11:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://fromdingjin.blog.fc2.com/tb.php/462-3e8ea6db

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。