FC2ブログ

YOUKOの食べある記next

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

紅玉リンゴでマフィン

1411リンゴマフィン

初冬の味覚、紅玉リンゴが手に入ったので、リンゴのマフィンを作ることにしました。

参考にしたのは、『まいにち食べたい”ごはんのような”クッキーとビスケットの本』のなかしましほさんが、『ほぼ日刊イトイ新聞』で公開している「りんごマフィン」のレシピです。

まずはりんごの甘煮作り、レシピでは皮ごと煮てピンク色に仕上げてありますが、私のは皮を入れずに炊いたので、あめ色に仕上がっています。



1411リンゴマフィン

生地は、レシピ本のクッキー同様、バターを使わず菜種油などを使うもの。

バターは、一人1個の札が付くくらい品薄気味なので、油ならば気軽で、かつ簡単にできてしまうのが助かります。



1411リンゴマフィン

卵を泡立てず、ベーキングパウダーで膨らませるのも、楽なポイント。

計量から型に流すまで15分程度、後はオーブンにお任せで30分焼くだけと、1時間もあれば出来上がりです。



1411リンゴマフィン

泡立てがなくベーキングパウダーだけだったので、膨らみと食感に多少不安があったのですが、きれいに膨らみましたね。

食感もパサつくことなく、もたつくこともなく、しっとりふっくら良い具合、これは定番レシピに決定ですね。



1411リンゴマフィン

初回は型の数が分からなかったので、調整の効くお弁当のおかず容器にもなるシリコン型を使いましたが、このレシピなら、市販の6個1組の型がちょうど良い量です。

ベースのマフィン生地が美味しいので、りんご以外にも、色々な材料を入れて楽しめそうなレシピでした。

スポンサーサイト

| たまにはお家で | 23:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://fromdingjin.blog.fc2.com/tb.php/456-d0684346

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。