YOUKOの食べある記next

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

大混雑のあだち国際まつり2014

1411あだち国際まつり

文化の日である11月3日は、足立区梅島にあるベルモント公園で、多文化共生の一環として「あだち国際まつり」が開催されます。

世界各国の料理の他、ダンスや演奏を聞くこともできる楽しいお祭りなので、昨年に引き続き、今年もしゅーくんと一緒に行ってきました。

午後12時半過ぎ、会場の公園にはいたるところにシートが敷かれ、人がいっぱい、行列だらけ。



1411あだち国際まつり

私たちも場所を確保した後、二手に分かれて料理を買いに向かいましたが、私の並んだインドネシア屋台は、何と30分待ち!

ビーナッツソースの焼き鳥・サテや焼きソーセージは美味しかったのですが、5分で購入済みのタイ屋台に並んだしゅーくんは、私がシートに戻ってきた時には食べ終わっていました。



1411あだち国際まつり

私の同僚のK嬢も来ることになっていたので、インドネシアのピンタン、タイのチャーン、シンハーなどのビールを飲みつつダンスなどを見て待つことに。

しかし、この時期の屋外はじっとしていると冷えてきますし、この日は少々雲がある上に、風も吹いてきました。

この時点で、お洒落した分、薄着で、ついでに屋台に待ちくたびれたしゅーくんは、寒さに耐えきれず帰ることになりました。




1411あだち国際まつり

さて、一人になってしまったのであちこち屋台を冷かします、巨大な牛もも肉の炭焼き、ジューシーな鶏ももの鉄板焼き、謎の鍋・・・、でも、どこも行列ですね。

後でお店の方に聞いたのですが、舞台でのショーが休憩になるお昼過ぎが一番混雑するんだそうです。



1411あだち国際まつり

ようやくK嬢が到着したので、食べるのを再開、まずは先のパラグアイの牛もも焼きに、焼き餃子・エンパナーダとトウモロコシのケーキを添えて。

赤みのお肉は少々硬めですが、肉を食べている!という満足感がありますね。

スパイシーな焼き餃子、ケーキというよりグラタン風のプリンとしたトウモロコシの食べ物など、初のパラグアイ料理に舌つづみを打ちます。



1411あだち国際まつり

K嬢が買ってきたのは、韓国屋台から、韓国風おやきのホットクと、円筒形のものと平たいものが混じったお餅・トッポギ。

粉の旨みと香ばしさのあるほの甘いホットク、真っ赤だけれどそんなに辛くない、甘辛い味付けのトッポギ、ともにお腹に貯まる品です。



1411あだち国際まつり

行列ができていたドイツ屋台の列が少なくなっていたので、本場ドイツのソーセージをゲット。

K嬢がコンビニで缶ビールを仕入れてきてくれていたので、ジューシーで大きなソーセージが、さらに美味しくいただけます。



1411あだち国際まつり

パリパリの揚げ春巻きに、トムヤムクン風のヌードル、これはタイ料理かな。

揚げ春巻きは甘みのあるチリソースがよく合い、ヌードルの辛さで冷えてきた体が暖まります。



1411あだち国際まつり

食べたり話したりしているうちに、終了時間の午後4時が迫り、売り切れて畳み始めるお店が出てきました。

ラストはエジプト屋台のクスクスのハーブ羊ソースかけ、涼やかな香りのハーブが羊の臭みを消し、クスクスに旨みが染みて美味しいですね。



1411あだち国際まつり

陽が傾くとさらに寒くなってきたので、私たちもこれにてお開きにすることにしました。

仕舞い始めたフランス屋台の前を通ると、キッシュとカスタードケーキ(フランかな)がセールになっていたので、お土産に購入して帰ること。

以前にも買いましたが、このキッシュとケーキ、結構美味しいんですよね。

しかし、近年の食のイベントは、年々行列と人込みがすごくなっていってきている気がします。

午前中に来るなど何か手を考えないと、来年はちょっと厳しいかなと思う、今年のおまつりでした。

スポンサーサイト

| イベント | 23:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://fromdingjin.blog.fc2.com/tb.php/455-6358bc76

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。