FC2ブログ

YOUKOの食べある記next

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ピーナッツバター&チョコチャンククッキー@毎日たべたい”ごはんのような”クッキーとビスケットの本

1410ピーナッツバター&チョコチャンク

バターの高騰&品薄の今日この頃、はまっているのはバターを使わない『毎日たべたい”ごはんのような”クッキーとビスケットの本』のお菓子たち。

黒ゴマスティックスマイルビスケット(ビュー坊クッキー)に続いて作るのは、ピーナッツバター&チョコチャンククッキー。

黒ゴマスティックを作った時にも思ったのですが、ゴマやピーナッツバターのクランチなどが粒子が荒い物が入った方が、粉と油をあわせてサラサラ・ぽろぽろの状態にする時に、作りやすい気がします。




1410ピーナッツバター&チョコチャンク

「手びねり式」と名付けられた作り方は、適当に一口大の大きさにちぎった生地を、丸めてつぶして、天板に並べるだけ。

生地を伸ばさない分、これまた前者2種より簡単なので、本の最初に出ている基本の5種類の中で、一番簡単に作ることができる気がします。



1410ピーナッツバター&チョコチャンク
今回は、クランチ入りの無糖ピーナッツバターが手に入らなかったので、クリーム状の無糖ピーナッツバターに、ピーナッツの8つ割れを混ぜてみました。

クランチ入りバターよりナッツの粒が大きいため、生の状態では粒の白い色とごつごつ感が目立ちますね。



1410ピーナッツバター&チョコチャンク

オーブンに入れると、ピーナッツバターとチョコが焼ける甘くて香ばしい匂いが広がり、香りだけでも美味しそうです。

焼き上がりも少し濃い目の色合いで、歯ごたえはザクザクとした感じ、チョコは、本にあるように、少し大き目にカットしたものがよくあいます。

また、ピーナッツバターのコクとチョコの甘さがあるためか、前者2種よりしっかりと甘みと食べ応えがあり、何人かに食べてもらったところ、一般的にはこれが一番評判が良いようです。

この本のクッキーは、どれも油分も糖分も少なくヘルシーで、ごはんのように毎日でも食べることができるお菓子ですが、お菓子を食べたい!と思う時は、これくらい甘さがあった方が満足するかもしれませんね。

さて、次はどのクッキーを焼こうかな。


スポンサーサイト

| たまにはお家で | 10:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://fromdingjin.blog.fc2.com/tb.php/449-cf6903d8

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。