FC2ブログ

YOUKOの食べある記next

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ざくざく黒ゴマスティック@まいにち食べたいごはんのようなクッキーとビスケットの本

バターが高騰して困ったものだと思っていたら、いつの間にか店頭からその姿を消し始めていました。

中でも「無塩」の物がなくなり、食材の宝庫・富澤商店でも、何種類もあったバターの棚が、すっからかんという状態にです。


1410まいにち食べたいクッキー

バターがないのなら油を使えばいいんじゃない、ということで、2014年の「料理レシピ本大賞 お菓子部門」の大賞に輝いた、『毎日たべたい”ごはんのような”クッキーとビスケットの本』に出てくる、「黒ゴマスティック」を作ることにしました。

この本に出てくるお菓子は、バターの代わりに菜種油を、上白糖やグラニュー糖の代わりにメープルシロップやきび砂糖を、それもかなり少量だけ使って作るもの。



1410黒ゴマスティック

材料は少なく、量もほぼ鉄板1枚分と少な目、手順も簡単ではありますが、唯一の難点は、小麦粉のブランド・品種まで本と同じ物をそろえないと、うまく作ることができない点です。

今回は手元にあったものが国産薄力粉だったので、比較的うまくいきましたが、油とのなじみがイマイチなのは、やっぱり本の通りの小麦粉でないためかもしれません。



1410黒ゴマスティック

生地作りはフードプロセッサーでできるようですが、フープロよりボウル1個で作る方が、後片付けが簡単です。

ボウルの中に次々と材料を入れ、黒ゴマたっぷりの生地をオーブンシートの上でのして、切れ目を入れて出来上がり、およそ15分程度でしょうか。



1410黒ゴマスティック

ただし、意外に焼き時間が長く170度で30分、また、その後鉄板の上で粗熱が取れるまで置いておくので、正味45分位はかかります。

でもじっくりと火を通したクッキーは、さっくり・ポキポキとした食感で、たっぷりのゴマも香ばしく、とても美味しいレシピです。



1410黒ゴマスティック

アップにしてみると、生地の色にムラがあり、ちょっとうまく油がなじんでいないことが分かりますね。

それでも、本の最初に出てくる「スマイルビスケット」よりも、この「黒ゴマスティック」の方が、作りやすい気がします。

バターも砂糖も少なめなので、お菓子を食べているという罪悪感がなく、朝ごはん代わり食べることができるのも、この本のクッキーの良いところ。

しばらくはバターの高騰&品薄は続きそうなので、この本のお菓子を、最初から順にすべて作ってしまおうかと思うこの頃です。

スポンサーサイト

| たまにはお家で | 08:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://fromdingjin.blog.fc2.com/tb.php/442-2556d463

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。