FC2ブログ

YOUKOの食べある記next

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

真夜中のクッキー@絵本からうまれたおいしいレシピ

1410絵本からうまれたおいし2

涼しくなってくると、台所に立つのも楽しいもの、ある夜、ふと久しぶりにクッキーを焼こうと思いました。

作るのは、少し前に本屋さんで見た雑誌の特集「おいしい読書」に触発されて、『絵本からうまれたおいしいレシピ』に出てくるお菓子たち。



1410キャラメルクッキー

フードプロセッサーは持っていなかったのですが、ハンディミキサーのバーミックスに取り付けるタイプを手に入れたので、早速使ってみました。

う~ん、まだ使い方に慣れていないせいか、どうも混ざり具合がよくないですね。



1410キャラメルクッキー

「うさこちゃんのキャラメルクッキー」は、少し柔らかめながら生地が完成、丸型で抜いて、真ん中あたりに楊枝のお尻で穴を開けてボタン型に。

でも、何だか形がはっきりしないし、焼いていると中央が浮いて反ってきた・・・???

あ!、一緒に計量した「ジンジャークッキー」のバターと、間違えて入れちゃったかも!?



1410キャラメルクッキー

ジンジャークッキーの方がバターの量が多かったので、キャラメルクッキーには1.5倍くらいのバターが入ったことになります。

形が崩れなかっただけよかったのですが、これはこれで、超サックサクのクッキーができあがりました。



1410キャラメルクッキー

でも悔しいのでリベンジ、今度はレシピ通りのバターで作ってみました。

もともと強力粉も入れてパリッと仕上げるクッキーなので、しっかりした歯ごたえを表すように、くっきりしたエッジが特徴です。



1410キャラメルクッキー

今度は反り上がることもなく、表面もつるっとした感じにできあがりました。

キャラメルの香りも香ばしく、ポリポリした触感、やっぱりお菓子の計量は重要です。



1410絵本からうまれたおいし

そして、もうひとつ作っていたのが「長くつ下のピッピのジンジャークッキー」、同シリーズの最初のレシピ本に掲載されています。

スウェーデンのジンジャークッキーは、コショウやシナモンなど複数の香辛料を入れた「ペッパルカーカ」と呼ばれるものらしいのですが、この本のレシピで入るのは、たっぷりのジンジャーパウダーのみです。



1410ジンジャークッキー

こちらにはキャラメルクッキー用のバター、つまり、かなり少ない量のバターを入れてしまいました。

まとめることもできない生地を無理やり固めて焼いたクッキーは、歯が立たない人が出るくらい硬いものでしたが、何故かこの硬さが好き🎵という人もいたりしました。



1410ジンジャークッキー

で、こちらもリベンジ、茶色い粒々が見えるのは、大きな粒子を含むてんさい糖を使ったためです。

レシピ通りに作ったクッキーは、こちらも強力粉を入れているのでぽりっとした触感ですが、さっくり噛み砕くことができて一安心。

失敗レシピと正統レシピの両方で作ったため、食べ比べてもらったところ、失敗レシピが気に入る人もいるあたりが面白いものですね。

ただ、4種類のクッキーを作ることになったため、大量のクッキーの消費には、少々苦労を伴いました。

やっぱり、酔っ払った状態で、夜中に思い付きでお菓子を作るのはやめた方がよさそうです。
スポンサーサイト

| たまにはお家で | 12:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://fromdingjin.blog.fc2.com/tb.php/440-dab72261

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。