FC2ブログ

YOUKOの食べある記next

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ビールと近代化遺産を訪ねて@伊豆旅行

1408缶ビール

あるお天気の良い土曜日、しゅーくんと伊豆方面へ電車で出かけみることにしました。

本当は土日を使って自転車旅行に行く予定だったのですが、日曜日は雨との予報に急きょ変更、こんな青空なのに明日は雨なんて、ちょっと残念。



1408うにいくら黄金鮭弁当

旅のお供は、東京駅で買った駅弁『うにいくら黄金鮭弁当』(1,080円)、この後伊豆でお昼をいただく予定なので、お弁当は二人でひとつ。

うにといくらはちょびっとですが、肉厚でふっくらした塩麴漬けの鮭が美味しくて、キリン「秋味」にぴったりです。



1408伊豆長岡

まずは第1の目的地、『韮山反射炉』のある伊豆長岡駅で下車。

反射炉までは2km弱なので、温泉街とは反対方向ののんびりした田んぼの中の道を、歩いていくことにしました。



1408蔵屋鳴沢

歩くこと20分余り、お茶畑を背景にした『蔵屋鳴沢』、製茶とその販売をするお土産屋さんであり、国定史跡「韮山反射炉」を敷地内に擁し、さらに地ビール「反射炉ビア」工場とレストランまであるマルチなお店。

春と秋には、茶摘み娘の格好をして(男女問わずできるそう)、富士山を背景に茶摘み体験もできるそうです。



1408韮山反射炉

この反射炉は、江戸末期の1850年頃に作られ、熱を反射させて高温を維持することができる鉄の溶解炉で、お台場の大砲もここで作られたとのこと。

青空に映える2基の反射炉、現在、軍艦島などと共に「明治日本の産業革命遺産 九州・山口及び関連地域」として世界遺産に推薦中だそうです。



1408伊豆のビール

『蔵屋鳴沢』で地ビールとお昼ご飯を堪能した後、ふたたび伊豆長岡駅へ。

水の豊富な伊豆では、幾種もの地ビールが作られており、駅の売店にもこんなにビールが並びます。



1408駿豆線プレミアム

これから向かう修善寺に敬意を表して、先の「反射炉ビア」で作られている「駿豆線プレミアム」(480円)、地ビールな苦手な人にもお勧めと謳われるビールは、爽やかで軽いのど越して、歩いた後でもあり、ごくごくと飲めてしまいました。

ちなみに後ろに写っているのは、三島にある『大岡信ことば館』で2014年10月19日まで行われている「新海誠展」のポスターです。



1408栓抜き

面白かったのは、こちらの売店で瓶ビールを買うと、簡易栓抜きも付けてもらえること。

地ビールの多くは瓶で、栓を開けれず飲めないこともあるので、私は常に栓抜きキーホルダーを持っているのですが、こんな栓抜きをいただけると助かりますね。



1408修善寺

伊豆長岡から修善寺まで駿豆線で15分ほど、本数も多く、ビールを楽しむ間もなく、あっという間に到着です。

終着駅のホームには、駅員さんの制服や制帽が置いてあり、自由に着ることができるので、ちょっとしたコスプレも楽しめますね。



1408桂川

今夜の宿は、直前割引で見つけた修善寺の温泉旅館『桂川』、なんと90分生ビール飲み放題プランです🎵

お刺身や焼き物、揚げ物をつまみに、90分間で4杯のビールを制覇、でも、このプランって、社員旅行などに使う宴会プランだったのかしら?



1408修善寺

食事が終わったら、温泉街を散歩しつつ、「修善寺キャンドルナイト」(2014年8月16日~31日)を見に行きます。

修善寺の名の由来になったお寺をライトアップし、和太鼓の演奏なども披露されていました。



1408修善寺

私たちの行った時間には演奏は終わっていましたが、静かな境内にゆらめく無数のキャンドルは、幽玄の世界。

自分たちのろうそくを買って灯し、無病息災を祈願しているうちにそろそろ終了時間、このキャンドルは、毎日並べて灯し、終わると片づけるを繰り返しているようで、地元の人の努力に頭が下がります。



1408修善寺

修善寺の前を流れる桂川と、その川の中にある「独鈷の湯」、今を去ること10年以上前に来た時は、ちょうど台風で流されて見ることができなかったものです。

昔は衆人環視の露店風呂だったそうですが、現在は足湯になっていて、旅館に泊まっている人や、通りがかりのドライバーなどが、夜間でも三々五々利用されていました。

そうこうするうちに、ぽつぽつと雨が降ってきました。

最近の天気予報はよく当たりますね、明日は雨の旅程となりそうです。
スポンサーサイト

| 旅先にて | 14:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://fromdingjin.blog.fc2.com/tb.php/418-ab31221a

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。