FC2ブログ

YOUKOの食べある記next

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

雨のタートルマラソン

10月は、今季最初のマラトン大会「タートルマラソン」が、北千住を起点として荒川土手で行われます。

我がラン仲間もそろって出場、そろって宴会!が恒例行事ですが、今年はあいにくの雨。

結局、地元・北千住近隣の3名のみハーフの部に出場となりました。



1310タートルマラソン


いつもは土手にシートを引いて、仲間の家族も集まって、応援しつつもピクニックのように賑やかに過ごすのですが、雨のため応援団はおろか、集合場所さえ定められません。

仲間とメールで連絡をとりつつも、雨がだんだん強くなってきて、私も出場をやめようかと思ったところで、偶然昔の同僚に遭遇。

「ここまで来たのに出場しないなんてないでしょ!?」の一言に、100円雨がっぱを着て、走り出すとこにしました。



1310タートルマラソン


しかしながら、雨はますますひどくなり、衣服は濡れて、合羽を着ていなかったら凍えそうなほど寒い!

また、所々工事中の土手は、ひどいぬかるみ状態の場所があり、すべる上に足首までどろどろです。

折り返す頃には顔に当たる雨が痛いほどの降りでしたが、それでも給水所や関係者の方々が、道端から「頑張れ!」と声をかけてくださるのには励まされました。


1310タートルマラソン


土手からも水があふれ始め、最後はほどんど水の中を走っているようになりながら、私のマラソン史上最低の、制限時間過ぎでのゴール。

しかし、いつもならハーフ終了後に行われる親子マラソンの人たちの姿もなく、大会テントも片づけはじめられ、人影もまばら。

何でも雨がひどくて、午後からの親子マラソンなどは中止となったそうです。

また、先にゴールしたラン仲間からは「寒くて待ってられません!帰ります~」とのメール。

ビニール袋に詰められて河川敷に並ぶ荷物を、足首まで泥に埋まりながら受け取る頃には、寒さと疲れでもうフラフラです。

いつもの宴会もなく、何とか家までは帰りましたが、自宅が遠い人は、濡れた衣服を抱えて大変だったことでしょう。

冬の雨のマラソン大会は、体力・精神力の消費はハンパなく、無理は禁物と思い知らされた大会でした。
スポンサーサイト



| ランな話 | 08:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://fromdingjin.blog.fc2.com/tb.php/246-e78ab473

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>