FC2ブログ

YOUKOの食べある記next

<< 2014-12- | ARCHIVE-SELECT | 2015-02- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

@ビアパブイシイ

最近クラフトビアを提供してくれるお店は一気に増えてきたけれど、東京の中央部から西部にかけてがやっぱり主流。

ところが、日暮里近くの谷中商店街につながる夜店通りに、クラフトビールを扱う『ビアパブ イシイ』というお店ができたと聞き、とある夕方、一人覗きに行ってみることにしました。



1501ビアパブイシイ

千代田線千駄木駅から歩くこと7~8分、お店の場所は千駄木・日暮里・西日暮里各駅を結んだ、ほぼ中間地点。

パブ=公共の家をイメージされたというお店は、小さいながら通りから店内がよく見える開放的な雰囲気です。。



1501ビアパブイシイ

ナチュラルでウッディな内装のお店は、カウンターの他、樽を利用した丸テープや壁際に設えられたカウンターテーブルもあり、一人客にも使いやすいですね。

A4サイズの紙に印刷されたシンプルなメニューから、まずは『常陸野ネストビール』(茨城)の「ラガー」(1,000円)。

ホップ薫るしっかりとした安定感のあるラガーは、モルトの穏やかな甘味もあり、落ち着いた味わいです。



1501ビアパブイシイ

お料理は「フィッシュ&チップス」(1,000円)を、 穴子などの魚の中からシタビラメをお願いしました。

しばらく待って、お隣の二人組のお客さんと同時に提供されたのは、とっても大きなフィッシュ!、二人前はありそうです。



1501ビアパブイシイ

フリッターのようにふわっとした衣からは、わずかに甘味を感じます。

添えられたヴィネガーをかけ、タルタルソースをつけ、また両方を合わせてみたりとして食べているうちに、大きな魚もぺろりといただけてしまいました。



1501ビアパブイシイ

続いては、『志賀高原ビール』(長野)の「ハウスIPA」 (700円)を、先のラガーに対してとても軽やかですね。

常陸野ネストとは違うふわりとした透明感のある甘味に軽やかな苦味、カラメルのような香ばしい香りもある、志賀高原らしいIPAでした。


ビールの注ぐのも、お料理をするのも、サーブも、全部お一人で行っているため、注文の品が出てくるとお代を払うキャッシュオンデリバリー方式。

今回は壁に向かった席に座ったので、カウンターの中のの様子を見ることができなかったのですが、ビールを保管している冷蔵庫に直接タップがついているという、面白いサービングマシンもあります。

パブという名前の通り、常連さんも初めての人も、一人でもグループでも(あまり大人数は難しいかも)楽しめる、気軽に入ることのできる下町のビール屋さんでした。



ビアパブ イシイ (びあぱぶ いしい)




住所:東京都台東区谷中3-19-5 結城ビル 1F
電話番号:03-3828-7300
営業時間:火~土17:00~25:00(L.O.フード24:00、ドリンク24:30)、日15:00~22:00(L.O.フード21:00、ドリンク21:30)
定休日:月曜日
HP:http://www.beerpub-ishii.com/
食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131105/13155609/
スポンサーサイト

| 夜ビール | 08:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ホットプレートで熱々つけ麺@天翔

1501天翔

この日は、ラーメン大好き・しゅーくんのラーメン行脚に付き合って、常磐線亀有駅南口の近くにある『麵屋 天翔(てんか)』へ。

日曜日の午後2時、私たちが来た時には、お店の前に家族連れを含めて5~6名が並んでいたので、人気のお店のようです。



1501天翔

15分ほど待って入店、入口は狭いですが店内は思ったより広く、カウンター席の他、テーブル席もあります。

カウンター席に座って、まずは生ビール(中ジョッキ480円)を、そして、テーブルには一人1台のIHヒーターと使い方が書かれた張り紙が・・・、さてこれは一体?



1501天翔

やってきたラーメンは、「つけ麺 イタリアン」+「特製」(880円+100円)、「特製」をつけると味玉、とろ豚、メンマ、刻み海苔がプラスされます。

さらに麺量250gを180gに減らして、その分トッピングを増やすことができるのですが、付け足すものを「味玉」と言ってしまったため、卵がオードブルのように並ぶことになってしまいました。



1501天翔

さて、問題のIHヒーターはというと・・・、つけ麺の汁を器ごと温め、最後まであったかくいただくためにあるんですね!

先に提供される汁にはあらかじめチーズがトッピングされていてIHの上で溶け始めますが、更にその場ですりおろしたパルメザンチーズをかけてくれるのが、何とも幸せ気分。



1501天翔

お洒落なお皿に盛られた麺は褐色で中太、見た目はちょっとスパゲッティのようで、モチモチのツルツル。

イタリアンなので、刻み海苔の下にはバジルが振りかけられていて、和洋中合わせて折衷な感じです。



1501天翔

それでも、すべてをまとめてしまうのが、トマト風味にチーズが効いたとろりとしたイタリアンなつけ汁、口に入れた瞬間はトンコツの香りと魚介の味わいですが、その後はパスタにかけるトマトソースのような味わいを感じます。

汁の中にはしっかりした豚の三枚肉のチャーシューと、ほろりとしたチャーシューの2種 また玉ねぎも入ってシャキシャキした歯ごたえもあります。

麺も、味玉も、メンマだろうが、海苔だろうがイタリアンな味わいとなり、最後にスープ割にすると、ミネストローネ!と言いたくなるなかなかのつけ汁でした。



1501天翔

ラーメンと共に発酵食品が好きなしゅーくんは、「特製味噌つけ麺」(950円)。

こちらも麺を少なくした分、トッピングを増やすことができたので、チーズをプラスしています。



1501天翔

味噌とチーズは発酵食品同士で相性が良く美味しいのですが、煮詰まってくると、ものすご~くミルキーでマイルドで
濃厚。

割りスープで割ると、どこかで食べたことのあるような、というかよく知っているサッ○ロ味噌ラーメン風になのが、これまた面白いですね。


IHヒーターで温めているので、汁は最後まで熱々でいただくことができますが、煮詰まってかなり重いタレのようになります。

寒い季節にもかかわらず、最後は汗だくになってしまったので、暖まりたい時や、冷房がガンガンに効いた中でいただくのが良いかもしれません。

あとIHヒーターの調整を誤ると、ぐつぐつ煮立って服などに飛び散るので、用心してお召し上がりくださいませ。



麺屋 天翔(めんや てんか)




住所:東京都葛飾区亀有3-9-11
電話番号:03-3603-8873
営業時間:11:30~15:00/17:00~24:00(スープなくなり次第終了)、土日祝は11:30~スープなくなり次第終了の通し営業
定休日:火曜(祝日は営業、翌日休み)
HP:https://www.facebook.com/menya.tenka
食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1324/A132403/13097442/
ラーメンデータベース:http://ramendb.supleks.jp/s/22917.html

| 昼ごはん | 10:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

オーサマセットでお疲れ様@麦酒倶楽部POPEYE

両国の麦酒倶楽部POPEYEからの、2,015円お年玉付年賀状は、夫婦共に会員の我が家には2枚届きます。

1枚は使ってしまいましたが、もう1枚残っていたので、ビア友・ビアずきさんと共に、お年玉を堪能しに行ってきました。

最近は6時30分を過ぎると、満席状態なことも多いのですが、この日は開店直後の5時に集合したため、余裕の着席です。



1501POPEYE

まずは、定番から『伊勢角屋麦酒』(三重)の「ペールエール」(658円)、柑橘系のホップの香りと程よい苦みで素直に飲みやすいビールです。

『伊勢角屋』さんのブリュワリーパブ『麦酒蔵』は、2月いっぱいで閉めてしてしまうとのことなので、閉店前に伺いたいものだと思いつつ、じっくりと味わいます。


1501POPEYE

続いては『ロストコーストブリューイング』(米カルフォルニア)の「タンジェリンウィート」(844円)、タンジェリン=みかんの香りとウィート=小麦のまろやかさを併せ持つ面白い取り合わせ。

POPEYE直営『ストレンジブルーイング』(新潟)の「ビックヘッドIPA」(700円)は、ちょっと褐色を帯びた苦みのきつ過ぎないPOPEYEオリジナルIPAです。



1501POPEYE

ビアずきさんと私で、8時まではハーフ料理が付く「オーサマセット」ビールばかり頼んだので、テーブルの上はあっという間にお料理で一杯です。

たっぷりのチーズとタバスコをかけていただく焼きそば風スパゲッティ、唐揚げ、フライドポテト、ソーセージと、おつまみには困りません。



1501POPEYE

本日は個人的に『伊勢角屋麦酒』(三重)祭り気分、同店の「タチバナアンバーエール」(718円)のタチバナさんて誰?、と思っていたら天然酵母「ヤマトタチバナ」のことだそうで、アンバーなのに酸味のきいた面白いエール。

こちらも『伊勢角屋麦酒』の「スノーIPA」(718円)、ほわっとした口当たりの後に苦みがキーンとくるあたりが、雪という名前の由来でしょうか。



1501POPEYE

目先を変えて、『コロンビアリバー ローズシティ』(米オレゴン)の「ラズベリーウィート」(956円)。

先のタンジェリンウィートが柑橘系でさっぱりしていたのに対し、ベリーの甘酸っぱさでジューシーなビールでした。



1501POPEYE

ラストは多分、『ベアードビール』(静岡)の「ウェストコースト ウィートワイン」(843円)・・・かな・・・?、あ~、だんだん記憶があいまいになってきました。

ハーフとはいえ7杯の個性的なビールを楽しんだのですから、それなりに回りますね。

でも、おつまみを考えず、ビールを堪能できるのが『POPEYE』の良いところ、また会員サービスハガキを片手に、お邪魔させていただきます。



麦酒倶楽部POPEYE(ばくしゅくらぶ ぽぱい)




住所:東京都墨田区両国2-18-7
電話番号:03-3633-2120
営業時間:17:00~23:30
定休日:日曜日
HP:http://www.40beersontap.com/
blog:http://blog.livedoor.jp/beerskdachi/
twitter:https://twitter.com/@70beersontap
食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1312/A131201/13007996/

| 夜ビール | 09:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

1月の美味しいパン@ラパンラパン

千代田線綾瀬駅近くにある美味しいけれど、気取らない、でもお洒落なパン屋さん『ラパンラパン』。

1月に買い求めたのは、こんなパンたち。



1501ラパンラパン

リンゴのデニッシュ(240円)

変わらず美味しいサクサク・パリパリのデニッシュ生地に、皮つきの角切りリンゴがトッピングされています。

底にはカスタードクリームが敷かれまろやか、上にかかっているのは甘さ控えめのビターな味のキャラメルクリームで、全体を大人っぽい味にまとめています。



1501ラパンラパン

オレンジとクリームチーズ(250円)

少し褐色で酸味のあるしっかりした生地の中には、たっぷりのクリームチーズが包まれ、生地と一緒に焼き込まれているので、濃いミルキーな味わいになっています。

そこに、オレンジピールが振りかけられて、チーズのミルクな味に、爽やかな酸味と香り、甘さも加わって、何となく春を感じさせられるパンでした。



1501ラパンラパン

ペッパーシンケン&ゴーダ(350円)

パリッとした皮にしっとり柔らかな中身の生地は、かた過ぎず、かぶりつくのにちょうどよい感じ。

サンドはペッパーシンケンとゴーダチーズとシンプルですが、パンに塗られたバターの塩気と油分で充分に旨く、気分はパリジャン(ジェンヌ?)🎵



1501ラパンラパン

ユズとチョコのクグロフ(320円)

チョコチップがちりばめられた、ふっかふかの生地は、口どけがよく優しい甘さ。

ユズのピールも入っていて、最後にほんのりユズの香が香る感じの、パンのようなケーキのようなクグロフです。


リンゴやユズなど冬ならではの果物と共に、少~し春を感じさせられるラインナップ。

季節ごとにいろいろなパンを食べたくなる、綾瀬のパン屋さんでした。



Le pain Lapinラパンラパン(らぱんらぱん)




住所:東京都足立区綾瀬3-26-2
電話番号:03-5856-0984
営業時間:7:30~19:00
定休日:第1・3水曜日、木曜日
ブログ:http://ameblo.jp/lepainlapin/
食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1324/A132404/13137717/

| 美味しいパン | 23:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

新宿でもライオン@新宿ライオン会館

1501新宿ライオン会館

『サロン・デュ・ショコラ』内覧会でチョコを堪能、そうなれば次はしょっぱいものが食べたくなるもの。

ビアずきさんの2,000円割引券を軍資金に、向かったのは新宿駅東口から徒歩3分の、『新宿ライオン会館』。

ビアホールだけでなく、アイリッシュパブや和食・洋食・ジンギスカンまで揃う、ビルが丸ごとライオンという会館です。



1501新宿ライオン会館

我々が向かったのは、由緒正しきビアホールである、地下の『ビアホールライオン』。

私もグラスビール1杯分のサービス券を持っていたので、サイズがグラスビールしかない「エーデルピルス」(結果一番お得になる)を注文して、さあ乾杯!



1501新宿ライオン会館

『ライオン』の研究をしている(?)ビアずきさんによると、チェーン店にもかかわらず、「お新香(キャベツの浅漬け)」の味付けは、各店舗で違っているとのこと。

こちらのお店のお新香には、食べるラー油のようなものがかかったピリ辛味です。



1501新宿ライオン会館

お次は、サッポロのプレミアムホワイト「白穂乃香」、香りがよく飲みやすいうっすら白濁したビールです。

酵母を残したビールは管理が難しいため、品質管理保持契約を締結したお店でしか出せないビールだそうです。



1501新宿ライオン会館

お料理は、冬といえば牡蛎!、ビールといえば牡蛎!、とにかく牡蛎!、ということで蒸し牡蛎を注文。

広島産の牡蛎は結構大ぶりでジューシー、下に敷いてあるワカメにも牡蛎出汁が染みて、これも美味しい。



1501新宿ライオン会館

ビール追加!、サッポロに来たのですから、サッポロドラフト生を。

爽やかな苦みと、すっきりとした飲み心地、何だかんだ言っても、普通に美味しいっていいですよね。



1501新宿ライオン会館

このお料理は、ジンギスカンはジンギスカンでもちょっと違う、「彩り野菜のカレージンギスカン」。

ラム肉の臭みをカレーの香りが決して、ヘルシーなラムと野菜がビールによく合う一品です。



1501新宿ライオン会館

更にいただくのはヱビスの生のジョッキに、琥珀ヱビスのジョッキ。

この日はジョッキをいただくとくじ引きも引けたのですが、私は当たりなしと少々不運。

でも、これだけ美味しいチョコに美味しいビールと料理を堪能したのだから、不運なんて言ったらバチが当たるかもしれませんね。



ビヤホールライオン 新宿ライオン会館(びやほーるらいおん しんじゅくらいおんかいかん)


住所:東京都新宿区新宿3-28-9
電話番号:050-5788-0512
営業時間:月~木11:30~23:00(L.O.22:30)、 金・土・祝前日11:30~23:30(L.O.23:00)、日・祝日11:30~22:00(L.O.21:30)
定休日:無休
HP:http://www.ginzalion.jp/top.html
ぐるなび:http://r.gnavi.co.jp/g160502/
食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13012075/

| 夜ビール | 23:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

今年もチョコの祭典へ@サロン・デュ・ショコラ2015

1501サロンドショコラ

毎年、伊勢丹新宿店で開催されている『サロン・デュ・ショコラ』、近年は激混み状況が続いていたためか、2015年は新宿NSビル地階に会場が移されることとなりました。

とはいえ、広くなっても激混みになることは間違いないのですが、こういう時に役立つのが、伊勢丹のアイカード。

このカードを持っていると、開催前日の内覧会でゆっくり見ることができるので、私はこのためだけにアイカードを持っているといってもいいくらいです。



1501サロンドショコラ

今年のテーマは「ショコラ、パトリモワンヌ ユニヴェルセル~未来へのオマージュ」、パトリモワンヌ ユニヴェルセルとは世界遺産という意味だそうです。

会場の入り口には、そのテーマに合わせた、ちょっと未来っぽいチョコレートでできたオブジェが飾られています。



1501サロンドショコラ

夕方の午後4時頃、入場できる人が限られた会場は、伊勢丹会場の倍くらいの広さがあるためか、行列ができることもなく結構空いています。

まずは、『パティスリー・サダハル・アオキ・パリ』の「ショコラスムージー オレ ユズ」(451円)をいただきながら、あっちの店を覗き、こっちの店で味を見てと、内覧会ならではのゆっくりした買い物&試食を楽しみます。

ここで、ビアずきさんもやってきたので、情報を交換しつつ、一緒にいろいろと見て回ることにしました。



1501サロンドショコラ

試食させてもらったものが美味しかったので、持ち帰り用に買った『アンリ・シャルパンティエ エ クリストフ・フェルデール』の焼きたてフィナンシェ3種(各324円)。

ソテーした洋梨がのったショコラ・ポワール、発酵バターが香るフィナンシェ・ポム、タイムとリキュールでソテーしたりんごのショコラ・ポムの3種と、いずれもとても美味しくて、通年販売してほしいフィナンシェでした。



1501サロンドショコラ

こちらも会場に甘い香りを漂わせている焼き菓子、『アンリ・ルルー』の「クイニーアマン・オ・C.B.S」と「クイニーアマン・オ・キャラメル・カフェ・ノワゼット」(各324円)。

ルルーさんのスペシャリテ、C.B.S=塩バターキャラメルを包み込んだ生地は、温めるとキャラメルがとろけ、甘じょっぱさが何か懐かしい味。

もう一方は、コーヒー入りの生地に、ヘーゼルナッツを加えたエスプレッソ風味のキャラメルが包まれ、全体に濃い大人っぽい味わいでした。



1501サロンドショコラ

この三角錐のお菓子はチョコレートではありませんが、案内状を送っていただいた時から気になっていた、ベルギーのスイーツ「キュベルドン」(各378円)。

濃厚なフルーツのシロップを外側だけ結晶化させたもので、20種類近くある味から、定番と教えていただいたラズベリーの他、ペア、シャンパーニュの3つをチョイス。

しゃりっとした結晶の中は、とろっとしたゼリー&ソース、このお菓子だけで食べる以外に、凍らせてウォッカに入れたり、冷やしてシャンパンに入れたり、コーヒー・紅茶に入れてもいいそうなので、いろいろ試してみたいお菓子です。



1501サロンドショコラ

チョコレートの祭典なのですから、チョコレートも買います、お気に入りの『ベルナシオン』の「タブレット・マンディアン・レ」(3,240円)。

今年は「ビーン トゥー バー」が合言葉になっているようですが、こちらのお店は日本に紹介された時からバーチョコが定番。

お高いバーチョコですが、チョコの味わいと香り、口どけの良さは天下一品、それにナッツやドライフルーツがいい具合に入っていて、実に美味しいチョコレートなんです。



1501サロンドショコラ

そして、『ヴァンサン・ゲルレ』の「ショコラ・アソート」(2,910円)、真っ赤な箱にコケティッシュな女の子がカワイイですね。

箱の蓋はマグネットで開け閉めができるようになっているので、チョコを食べた後も、小物入れなどとして楽しめそう。。



1501サロンドショコラ

中央にあるのは、昨年売り切れで買うことができなかったサブレ・ブルトン、サブレにナッツのペーストをサンドして、真っ赤なチョコでコーティングした、香ばしいチョコレートです。

ハートのボンボンショコラ、緑ラインはシトロン・ヴェール=ライムガナッシュにダークチョコのビターな味わい、赤ラインはジャンジャンブル=ショウガ味でミルクチョコのマイルドな味わいでした。


チョコはチョコでも、フィナンシェなど粉ものあり、スムージーあり、タブレットあり、ボンボンありと、いろんな味のチョコレートを楽しめて、チョコ好きにはたまらない祭典。

しかし、どれも価格が高く、気が付くとかなり散在してしまうのが、危険なイベントでもありますね。



サロン・デュ・ショコラ2015
2015年1月21日~25日 10:00~20:00
新宿NSビル地階

| 美味しい甘いもの | 10:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

老舗でいただくむぎとろ@浅草麦とろ

この日はラーメン大好き・しゅーくんと、浅草でラーメンをいただく予定・・・、でしたが、何とそのお店が臨時休業!

そこで、最近ご無沙汰しているむぎとろをいただきに、駒形橋のたもとにある、老舗『浅草むぎとろ』でランチにすることにしました。



1412浅草麦とろ

こちらのお店には、私は以前、はとバスのツアーで入ったことがあるのですが、しゅーくんは初めて。

まずは、ビール(700円外税)をいただきながら、メニューを吟味します。



1412浅草麦とろ

いろいろなむぎとろメニューがありますが、いずれもお値段は結構高め、その中から私は「とろろとお刺身」(2,200円外税)を注文しました。

マグロやサワラなどお刺身は一口サイズですが、卯の花あえや山芋の梅酢漬けなどの副菜がついてきます。



1412浅草麦とろ

でも、メインはやっぱりむぎとろ、赤い器にちょっと少な目に麦飯を盛り、とろろはたっぷりとかけて、さらに青のりをかけていただきます。

プチプチした歯ごたえの麦飯に、お出汁の効いたトロ~っと粘るとろろをかけていただけば、おひつ一杯のご飯も、全部食べてしまえそうです。



1412浅草麦とろ

しゅーくんは、むぎとろご飯以外に、とろろ蕎麦と山芋の磯辺揚げ、山芋しんじょの付いた「麦とろ三昧」(2,200円外税)。

家でとろろご飯は作っても、磯辺揚げやしんじょや蕎麦まで同時に作ることはないので、これは楽しいですね。



1412浅草麦とろ

中でも美味しかったのがとろろ蕎麦、お蕎麦が茶そばなので、お茶の良い香りもします。

出汁の効いたとろろに、さらにだし汁をかけていただくお蕎麦は、麺食いしゅーくんが特に気に入ったお料理でした。



1412浅草麦とろ

食事の最後にいただいたのは、とろろを使ったおかきやおせんべいの試食。

香ばしい中に、後にとろっとした口どけがするあたりが、とろろ入りの所以でしょうか。



1412浅草麦とろ

さて、お腹が一杯になったので、腹ごなしを兼ねて浅草寺まで、お参りにも行ってきました。

参道で食べ歩くのは、揚げまんじゅうのこしあんと、珍味もんじゃまん、でも以外にイケるおまんじゅうです。



1412浅草麦とろ

浅草寺の門の手前では、夕暮れていく空を背景に、スカイツリーがそびえたっているのが望めます。

古くて新しい浅草散歩、観光客気分で歩くのも、またいいものですね。



浅草むぎとろ(あさくさむぎとろ)




住所:東京都台東区雷門2-2-4
電話番号:0120-36-1066
営業時間:月~日11:00~21:00(L.O.)
定休日:無休
HP:http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13003680/
ぐるなび:http://r.gnavi.co.jp/g320000/
食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13003680/

| 昼ごはん | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

POPEYEでサク飲み@麦酒倶楽部POPEYE

1501POPEYE

『POPEYE』からの会員宛年賀状はお年玉付き、今年は2015年なので、2,015円引きという太っ腹なお年玉です。

私もしゅーくんも会員なので、二人合わせて4,030円引き!と言いたいところですが、1グループで1枚しか使えないので、この日はしゅーくんのお年玉を使うことにしました。



1501POPEYE

まずはPOPEYE直営ブルワリー『ストレンジブルーイング』の「ゴールデンスランバー ペールエール」(630円)。

南魚沼の水にオリジナル酵母、シングルモルトでシングルホップの、軽い苦みのあるとてもすっきりとした味わいのビールです。



1501POPEYE

お料理はもちろん、王冠マークのビールに無料でついてくるオーサマセットから、焼きそば風スパゲッティとピザ。

そして、焼きそば風スパゲッティには、たっぷりの粉チーズとタバスコを振るのもお約束です。



1501POPEYE

続いては、ビールの向こうの唐揚げが透けて見えるほどの透明感がすばらしい『コエドブルワリー』の「毬花(マリハナ)」(736円)。

見た目同様、爽やかな香りと苦みがある澄んだ味わいで、最近のお気に入りとなっています。



1501POPEYE

ビールには揚げ物!、シュニッツェル風のポークカツレツ(価格失念)。

トマトソースが敷いてあって、さっぱりした味わいの揚げものでした。



1501POPEYE

『伊勢角屋麦酒』の「ラッシュホップIPA」(716円)は、これまた清々しいホップの香りの広がる、すっきりとした苦みの飲みやすいIPA。

また、この後飲んだ『鬼伝説ビール』の「金鬼ペールエール(ソラチエース、アマリロver.)」(746円)もホップの良い香りが特徴的なのど越しの良いビールで、この日は爽やか&ホップ香漂うビールばかりをいただくこととなりました。



1501POPEYE

ラストビールは飲み口をガラッと変えて『えぞ麦酒ローグファーム』の「マリオンベリー」(893円)。

マリオンベリーって何だろうと調べたら、ローグのあるオレゴン州特産のベリーのようです。

濃く甘く酸味がありますが、口当たりがよく、デザートにもなりそうなビールでした。


またまた美味しいビールを堪能させていただきましたが、お年玉ハガキはもう一枚残っています。

これは、1月中にもう一度伺わなくては、ネ。



麦酒倶楽部POPEYE(ばくしゅくらぶ ぽぱい)


住所:東京都墨田区両国2-18-7
電話番号:03-3633-2120
営業時間:17:00~23:30
定休日:日曜日
HP:http://www.40beersontap.com/
blog:http://blog.livedoor.jp/beerskdachi/
twitter:https://twitter.com/@70beersontap
食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1312/A131201/13007996/

| 夜ビール | 11:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

駅弁大会再び@第50回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会

先日に引き続き、京王百貨店新宿店で行われている、『第50回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会』に、また行ってしましました。

この日は仕事のしゅーくんが、「ランチに駅弁を食べたい」というので職場に1個デリバリーし、残り2つは私の昼と夜のご飯となりました。



1501第50回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会

ますは、北海道室蘭本園/母恋駅「母恋めし」(1,058円)、前回午後に行った折には売り切れてなかったのですが、今回は無事ゲットできました。

最近は派手な駅弁が多くなった中、シンプルで小ぢんまりしたパッケージですが、逆に旅情を誘いますね。



1501第50回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会

中のお弁当は、列車の中でも食べやすいよう小分けにパックされています。

「母恋」の語源はアイヌ語で「ボク・オイ」=ホッキ貝のたくさんあるところだと言われているそうで、そのホッキ貝を使った炊き込みご飯のおにぎりとスモークたまごにスモークチーズ、お漬物、ハッカ飴がセットになっています。

このホッキ貝の炊き込みご飯がとても美味しく、貝の甘みと独特の歯ごたえ、薄味だけれど飽きずにいただけるご飯で、2個をぺろりといただいてしまいました。

また、燻製した卵とチーズ、そして漬物をアテに、食後の口臭対策は飴に任せて、1杯飲みたくなるお弁当でした。



1501第50回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会

もう一品は、金型が壊れて作れなくなっていた桶型の弁当箱を復活させた、秋田県奥羽本線/大舘駅「鶏樽めし」(1,100円)、

昭和45年当時の物を復刻した朱色のかわいい桶に、新聞広告に載せてまで探し出した蓋、当時のデザインを活かした包み紙、そして紙質までこだわって再現したそうです。



1501第50回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会

中身は現在の物に比べて甘みを抑えたという優しい味の炊き込みご飯に、黄色と白の卵のそぼろ、少し甘みのある鶏ももの甘辛煮はしっかりした肉質で硬めですが、これまた良いお味です 

甘露というほど甘くないですが濃い目の味付けのほたて甘露煮、ぷりっとした具入りの蒲鉾のいそあげ、ほんのり甘さのある厚焼き玉子、ゴマを振った椎茸甘露煮、栗甘露煮、奈良漬と紅しょうと、質実剛健的ではありますが豪華な材料が揃っています。

割りばしの素材に至るまでできるだけ当時を再現したというお弁当は、丁寧な作りに味付けで、なかなか美味しい駅弁でした。

今年の駅弁大会は、これにてお終い。

また来年が楽しみではありますが、食べる度に旅に出かけたくなるのが、少々困ったイベントですね。



第50回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会 京王百貨店(だい50かい がんそゆうめいえきべんとぜんこくうまいものたいかい けいおうひゃっかてん)


期間:2015年1月8日~20日
場所:京王百貨店新宿店



| 昼ごはん | 10:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

浅草でビールとハンバーガー@D'sダイナー

しゅーくんと新年の羊小物を買いに出かけた浅草で、軽く食事をいただいて帰ることにしました。

向かったのは、『酒の大枡』グループが展開する居酒屋のひとつ『浅草ビアホール D'sダイナー』、場所は東武浅草駅とつくばエクスプレス浅草駅の中間あたりです。



1412D'sダイナー

お店は、以前にワインランチを楽しんだ、同じく大枡グループの『浅草wine-kan』の向かい。

外観はお城を思わせる和の雰囲気ですが、ハンバーガーとビールを中心とした、まさにダイナーです。



1412D'sダイナー

まずは、東京・品川で作られるクラフトビール、『T.Y.HARBOR』の「ペールエール」(850円)と「IPA」(850円)。

品川の運河沿いにお洒落なブリュワリーレストランを構えるこのビール、瓶販売を行っているのは、ここダイマスだけとのこと。



1412D'sダイナー

いただくのは、こちらの売り、4種類あるハンバーガーから、「D'sバーガー」(1,080円)。

たっぷり180gのぶ厚いパテに、チーズと目玉焼きの乗った王道かつ食べ応えのあるハンバーガー。

かじりつくと、端から卵の黄身が流れ出すので、これには用心が必要です。



1412D'sダイナー

続いては、サントリーの「武蔵野ブルワリー アルトビール」(350ml 580円)と「ハイネケン エクストラコールド」(650ml 780円)

このお店の面白いところは、「アサヒ」・「サッポロ」・「キリン」・「サントリー」と大手4社のビールを揃えていること。

さすが、お酒の小売業を行っているダイマス経営の居酒屋ですね。



1412D'sダイナー

牡蛎の季節のメニューから、「牡蛎と木の子の土手鍋風ホイル焼き八丁味噌仕立て」(980円)。

こっくり濃い八丁味噌がからんだ牡蛎は、香ばしくてジューシーで、これ1品でいくらでも飲むことができそうです。



1412D'sダイナー

続いてはサッポロの「白穂乃香」(350ml 620円)とキリンの「ブラウマイスター」(400ml 580円)。

軽い白穂乃香に、正統派のしっかりした味わいのブラウマイスター、好きなビールがメーカーを問わずに飲めるって、やっぱりいいですね。



1412D'sダイナー

ラストは、再び「ブラウマイスター」(400ml 580円)と「ハイネケン エクストラコールド」(650ml 780円)。

3時間かけて、こちらのお店で扱っている生ビールの、ほぼすべてを味わわせていただきました。



1412D'sダイナー

私たちがお店に入った午後4時頃は、お客さんは2~3組と空いていましたが、帰る頃にはほぼ満席と、なかなかの人気店のよう。

下町浅草という場所柄、また観光客も多く、遠慮なく昼ビールができる雰囲気は、使い勝手が良さそうです。

月毎にゲストビールが変わることもあり、また浅草散策の折りには、ビールをいただきに寄りたいと思わせられたお店でした。

浅草ビアホール D’s diner(あさくさびあほーる でぃーずだいなー)





住所:東京都台東区浅草1-15-6
電話番号:03-5806-5566
営業時間:土・日・祝12:00~23:30、火~金16:00~23:30
定休日:月曜日(祝日にあたる際は翌日)
HP:http://hitosara.com/0006037895/
食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13095482/

| 昼ビール | 09:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

日本を味わいつくせ!@ふるさと祭り東京2015

1501ふるさと祭り東京2015

入場料が1,300円と高いし、スタジアムの椅子にはテーブルもないし・・・、と文句を言いつつも、今年もまたしゅーくんと来てしまいました『ふるさと祭り東京2015』。

日本各地の珍しい料理や飲み物が、お祭りの屋台をひやかす感覚でちょこちょこといただけて、いろんなお祭りのメインイベントも楽しめるので、ちょっとづついろいろ食べたり見てみたい私たちには、うってつけなのです。



1501ふるさと祭り東京2015

駅弁まつり同様、TVで中継されると激混みになるので、開催初日の朝イチに参戦。

広くて天井の高~いドーム内は、狙い通り、そこそこ人は集まっていますが、これからが本番と言った適度な混み具合です。



1501ふるさと祭り東京2015

日本各地のうまいものの中から、まずは17のブルワリーがやってきてるクラフトビールを狙います。

会場の中心部近くには、サンクトガーレン、富士桜高原、箕面、横濱と4つのブルワリーの固まった場所があるので、そこへ直行!



1501ふるさと祭り東京2015

『横浜ビール』の4種飲み比べセット(1,200円)、レッドドラゴン・横濱ラガー・ペールエール・アルトです。

さいたま新都心で行われる『けやき広場ビール祭り』では、大体4種1,000円なので、ちょっと割り高かな。



1501ふるさと祭り東京2015

ビールと席をゲットしたら、しゅーくんと交代で、食べ物の買い出しへ。

昨年美味しかった16種類が並ぶ「全国ご当地どんぶり選手権」エリアで、ワンコインでいただけるミニ丼を選びます。



1501ふるさと祭り東京2015

私が選んだのは「名古屋コーチン親子丼」(500円)、熟成みりんを使った甘めの味付けでしたが、その場でとろとろに卵がとじられ、なかなか美味しいどんぶりです。

しゅーくんは「大山自然薯むぎとろ丼」(500円)、とろりとした自然薯の麦飯の組み合わせは美味しかったけど、もう少しマグロが欲しかったなぁ。



1501ふるさと祭り東京2015

続いては、『箕面ビール』の「飲み比べセット」(1,000円)、ピルスナー・ペールエール・ゆずホ和イト・スタウト。

これを観客席で飲んでいたら、近くに席にいた団体さんから「どこで買ったの~?」と声をかけられました。

飲み比べセットは、やっぱり人気ですね。



1501ふるさと祭り東京2015

麺類も豊富な会場なので、ラーメン大好きしゅーくんは、「黒豚飛魚(あご)らあめん」(850円)を。

以前に九州の五島に行って以来、飛魚のほの甘い出汁にはまっているのですが、その出汁のせいか、白濁している割にさっぱりしたラーメンでした。



1501ふるさと祭り東京2015

こちらもしゅーくんが買ってきた、「A5飛騨牛にぎり寿司」(2貫600円)、ち、小さい・・・。。

手のひらより小さいおせんべいの上に2貫が乗って、さらに余白があるくらい小さな握りでしたが、お肉は美味しかったです、ハイ。



1501ふるさと祭り東京2015

牡蛎好きとしては「焼きガキ」(3個1,000円)もはずせません、北海道厚岸産の大ぶりの牡蛎は、焼いても比較的上品な味ですね。

同じく北海道の「本ズワイガニの甲羅盛り」(1,000円)、蟹味噌の香ばしさがすでにほぐしてあるカニの身に絡まって、お値段は高めながら、酒飲みが大好きな味でした。



1501ふるさと祭り東京2015

お腹も少し落ち着いてきたので、会場をブラブラしながら、お店を冷かします。

歩きつつ飲むのは、『田沢湖ビール』の「ブナの森」(500円)、さっぱりとした軽い飲み心地です。



1501ふるさと祭り東京2015

会場のメイン「お祭りエリア」では、青森のねぶたや高知のよさこいなど、各地のお祭りを見ることもできます。

ステージ正面の特別観覧席(1,000円)を買わなくても、ゆっくり観覧できるのが、平日初日のよいところ。



1501ふるさと祭り東京2015

『箕面ビール』のブースで売られていた、箕面名物「紅葉の天ぷら」(300円)、噂には聞いていたのですが、食べるのは初めて。

かりんとうのようなカリッとした硬めの衣の中に、紅葉の葉の繊維を感じる、あっさりした甘さの天ぷらでした。



1501ふるさと祭り東京2015

美味しいビールを飲んで、各地の珍しくて、でも懐かしいような料理を食べ、まだ本物を見たことのないお祭りを見て、日本を堪能した「ふるさと祭り東京」。

北海道の鶏の半身揚げと、千葉のチーズをお土産に、入場料を払っても、また来年の行きたいねと言いながら家路についたのでありました。


| イベントビール | 09:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

やっぱり駅弁が好き@第50回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会

「駅弁」、この旅情をかきたてる響きに誘われて、昨年に引き続き、京王百貨店新宿店で開催されている『第50回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会』に行ってきました。

たまたま、開催初日が休みに当たったので、テレビ等で紹介されて激混みになる前に、お出かけです。



1501第50回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会

初日の正午、開場してまだ2時間しかたっていないのに、すでに売り切れのものや、半端ない長蛇の列ができた実演販売まで出ています。

この会場で時間を有効に使い、食べたい駅弁をゲットするためには、事前にネットやチラシを見て攻略案を練っておくのがベストですね。


1501第50回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会

まず狙うは、『あまちゃん』で一躍有名になった「うに弁当」(1,470円) 岩手県三陸鉄道/久慈駅。

私は『あまちゃん』を1話も見ていないのですが、このお弁当が当日販売分としては1日20食しか作られない「幻の駅弁」であることは知っています。

この大会では、何と700食用意されると聞き、1時間並んで、やっと手に入れました。



1501第50回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会

ウニは1個1個平らに開いて、ご飯が見えないように敷き詰められています、これが並んでいる人数の割に時間がかかる原因なんですね。

ウニは蒸しウニで、色鮮やかな上、ふっくらしっとりとして、甘みがあり、これは美味しい🎵

ご飯にもウニが炊き込まれていて、細かいウニの粒々がウニ風味をかもし出し、贅沢な一品でした。



1501第50回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会

お持ち帰りのもう一品は、輸送駅弁コーナーから「鹿児島角煮おこわめし」(1,080円) 鹿児島肥薩おれんじ鉄道株式会社(?)/出水駅。

名前からするとがっつり重そうですが、器が小さく、大きなお茶碗程度なので、女性でもちょうど良い量でしょう。
 


1501第50回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会

中には真ん中の煮卵を中心に、半面には辛みの少ない鮮やかな赤い糸唐辛子の乗った角煮がたっぷり、もう反面には錦糸卵、山菜のナムルが添えられています。

柔らかくて甘辛く似られた角煮は、ご飯にあうのはもちろんのこと、お肉の下にはきんぴらごぼうが敷かれていて、これまたご飯によく合いました。



1501第50回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会

更に、会場内でお昼ご飯に食べた「ぶりかまめし」(1,100円) 富山県北陸本線/富山駅。

このお弁当は、何年も前から見かける度に気になっていたのですが、なかなか買う機会がなく、今回やっと実食です。



1501第50回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会

大きなぶりカマがトンと乗ったご飯はわさび風味の酢飯、ブリ以外は白エビ2匹にワカメとショウガ、それに山椒の粉が添えられています。

ブリは「骨まで食べられます!」とのことですが、骨があるのかもわからない位柔らかく、ホロホロのほくほく、甘辛い味付けがされしっとりジューシーですね。

ワカメが敷いてあるのが不思議でしたが、これがブリによく合っていて、ブリとワカメとショウガとご飯をともにいただくと、連続して出店されているのがよくわかる、とても美味しい駅弁でした。

毎年新しいお弁当が加わるし、定番でもまだいただいていないお弁当も多いし、昨年同様、今期ももう1度伺いたいと思う駅弁大会でした。



第50回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会 京王百貨店(だい50かい がんそゆうめいえきべんとぜんこくうまいものたいかい けいおうひゃっかてん)


期間:2015年1月8日~20日
場所:京王百貨店新宿店

| テイクアウト | 08:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

東京駅ラーメンストリート@麺や七彩 東京駅

1501麺や七彩

100周年を迎えた東京駅、駅舎が復元され、レンガ造りの趣のある建物は、2階建てから3階建てに替わりました。

美しい丸の内側の玄関は写真を撮る人々で賑わっていますが、しゅーくんんと私が向かうのは、八重洲側の地下。



1501麺や七彩

毎度おなじみ「東京ラーメンストリート」、東京近郊の有名ラーメン店8店が軒を並べる、人気の一角。

前回は『ほん田』へ伺ったので、今回は無化調を誇る『麺や 七彩』に入ってみることにしました。



1501麺や七彩

入口の券売機で、お目当てのラーメン券を買ったら、まずはビール(中瓶550円)。

店内は、牛丼チェーンのような真ん中に通路がある形ですが、ちょうど顔の高さ位に棚があり、また入口側はカウンターですが、奥は4人掛けテーブルとなっているため、にらみ合いにはなりません。



1501麺や七彩

私は、こちらの主力ラーメン「特製喜多方ラーメン」(1,000円)の醤油を。

すっきりとした醤油味に軽く魚介の香りのするスープに、具は2種類のチャーシューに黄身がとろりと流れる半熟卵、たっぷりのネギと細切りメンマです。



1501麺や七彩

チャーシューはバラ肉とロースでしょうか、脂身のぷりっとした部位と肉のしこしこした部位の、ともにあっさりした味付けですが、食感の違いが面白いですね。

特徴的なのは麺で、平らで所々ひねられたようになっていたり、縮れていたりする、ぷるんつるんとした麺です。

茶色っぽい色合いで、所々に粒々が見えるので、全粒粉を配合しているみたいです。



1501麺や七彩

しゅーくんは、シンプルに「つけ麺」(870円)を、250円プラスしてチャーシューと半熟卵付きの特製にすることもできます。

こちらの麺も、ラーメンと同じく、太さに変化のある平たい全粒粉入り麺のようです。



1501麺や七彩

つけ汁にはみつば、ネギ、メンマ、そしてカットされたチャーシューが入っています。

汁はラーメン同様、さらっとあっさりした醤油味で、しゅーくんには少々物足りなかったようですが、お酢を足したり、最後はスープ割にしたりて、飲み干していました。



1501麺や七彩

全体にあっさり醤油のイメージのある、落ち着いて穏やかなラーメンなので、朝ラーが人気なのもわかります。

最近は個性的な味や濃い味のラーメンが多いので、こんなシンプルな味わいのラーメンもいいものかもしれません。

駅舎も再建され、いろいろなお店やレストランが入り、人を集める仕掛けも豊富、ひとつの商業ビル、または街といってもいいくらい大きくなった東京駅。

電車に乗るだけでなく、ラーメンやお土産などを求めるため、駅そのものを目当てに遊びに来る人が、ますます増えそうな東京駅でした。



麺や 七彩 東京駅(めんや しちさい とうきょうえき)




住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街 地下南通り 東京ラーメンストリート
電話番号:03-3211-8330
営業時間:<麺や 七彩>7:30~11:00 (L.O. 10:30)、11:00~17:00                                        <TOKYO 味噌らーめん 江戸甘>17:00~23:00(L.O. 22:30)
定休日:無休
HP:http://www.tokyoeki-1bangai.co.jp/street/ramen
食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130201/13124682/
ラーメンデータベース:http://ramendb.supleks.jp/s/30839.html

| 昼ごはん | 10:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

江戸の町で忍者気分?@太秦忍者カフェ

年末に京都に立ち寄った際訪れたのは、時代劇でおなじみの『東映太秦映画村』。

しゅーくんは、今を去ることウン十年前に修学旅行で来たたそうですが、私は初の映画村体験です。



1412太秦映画村

江戸の町並みを再現した映画村内には、いつかどこかの時代劇で見たような景色が広がります。

このお堀端は、悪徳商人が裏取引をしたり、切り合いをしている侍の一人が落ちたりするような・・・、と思っていたら、突然池の真ん中から、しぶきをあげて恐竜が出てきました。

なぜ江戸の町に恐竜が???、まあ、子ども受けを狙っているんでしょうね。



1412太秦映画村

こちらは、お江戸日本橋かな?、結構、急な斜面の太鼓橋です。

気分は『鬼平犯科帳』、遠くに大正時代風の洋風建物「映画文化館 美空ひばり座」も見えてますが、こういうのはCGで消すんでしょうね。



1412太秦映画村

壁面に忍者が張り付いた「からくり忍者屋敷」は、行列ができる人気アトラクション。

伊賀や甲賀に行ったしゅーくんは入ってみたそうでしたが、子どもがほどんどの上、かなり待つようだったので、今回は断念です。



1412太秦映画村

「忍者屋敷」の他、「忍者修行道場」という忍者体験のできる場所もあり、忍者は人気のイベントのよう。

私たちは少しお腹もすいていたので、「忍者カフェ」に入ってみることにしました。



1412太秦映画村

店内はカフェというより、忍者グッズを扱う売店の一角で軽食を提供しているといった感じ。

とりあえず、それっぽいものをと赤(甘口)と黒(中辛)のある「忍者カレー」の赤と缶ビールを買ってみました。

ハヤシライスを思わせる結構甘いカレーでしたが、中のご飯が手裏剣型になっているのがご愛嬌。



1412太秦映画村

さて、お腹もいっぱいになり、再び散策をしていると、建物からお侍さん姿の人たちが出入りしています。

屋内のアトラクションの他、通りで「ちゃんばら辻指南」を行っていて、その準備のようです。

こんな江戸の町並みには、やっぱりお侍さんが似合い、横にいるスタッフの方がミスマッチに見えるのが面白いですね。



1412太秦映画村

映画村内には、3Dプロジェクションマッピングと忍者ショーを融合した「激突!忍者ショー「ゴエモン」」や、おいらん道中など、入場すれば無料で体験や見学ができる施設がいくつもあります。

中でも、私が興味深かったのは、時代劇のワンシーンが出来上がるまでの裏側を見せてくれる「シネマスタジオ・ライブ 撮影の時間ですよ!」。

20分ほどのショーですが、矢が役者さんのすぐ脇にちゃんと刺さるわけは?、手裏剣が腕に刺さる演出は?、また殺陣の演出方法など、後で時代劇を見ていて、なるほど~と思わせられること確実の、笑いありの楽しいショーでした。

映画村は遊園地風でありながら、隣接するスタジオでは、今でもしっかり撮影が行われている、撮影の現場。

映画村のアトラクションもプロの俳優さんが出演していることもあり、本格的な演技と演出で、修学旅行の中・高校生以外にも、大人にも楽しい映画村でした。



忍者カフェ(にんじゃかふぇ)




住所:京都府京都市右京区太秦東蜂岡町10 東映太秦映画村内
電話番号:075-864-7716
営業時間:9:00~17:00
定休日:東映太秦映画村に準ずる
HP:http://www.toei-eigamura.com/
食べログ:http://tabelog.com/kyoto/A2601/A260402/26018653/

| 昼ごはん | 23:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

京都で朝ラー@京都たかばし本家 第一旭

年末に岡山に帰郷する際、朝ごはんを食べるために寄った京都。

目的は「朝ラー」こと「朝からラーメン」、東京始発の新幹線に乗り、京都には8時過ぎに到着です。



1412第1旭

目指したのは、京都駅の東側に徒歩5分程度、以前に行った黒いラーメン『新福菜館』のお隣、『京都たかばし』。

以前に来た時は、『新福菜館』に行列があり『京都たかばし』には並ぶ人はいなかったのですが、今回は『新福菜館』のみに大行列です。



1412第1旭

このお店の開店時間は午前5時~午前2時と21時間営業、朝ラーどころか、深夜ラーもいけそうです。

世間が一斉に休みになる年末とはいえ、朝8時半だというのに10人以上が並ぶんですから、人気のほどが伺えます。



1412第1旭

並んでいる間に入口に置かれたメニューを見ると、日本語と共に中国語と台湾語が書かれているので、この方面からのお客さんも多いんでしょうね。

前後にいるお客さんの話を聞くともなしに聞いていると、年越しそばとして食べかつ持ち帰り用の調達に来た方も多いようです。



1412第1旭

約30分ほどで入店、カウンターにシンプルなテーブル6~7卓に丸椅子が並ぶ、街の食堂といった雰囲気です。

取り合えず、朝ラーと共に朝ビー(アサヒスーパードライ大600円)を注文して、お料理を待ちます。



1412第1旭

最初に来たのは「餃子」(6個250円)、小振りで焼面が軽く焦げ、少しぱりっとしています。

テーブルに置かれた餃子用の酢醤油タレをつけていただくと、餡は少なめですがクセのない味けで、誰にでも食べやすい餃子だと思いました。



1412第1旭

さてメインのラーメンは、左が「特製ラーメン」(850円)と、右が「ミニラーメン」(550円)。

乗っているのは薄く切られたチャーシューにたっぷりの九条ネギ、モヤシ、メンマで、「特製」と「ミニ」の違いは、チャーシューと麺の量が多いだけのようです。



1412第1旭

お隣りのお店の真っ黒いスープと違って、豚骨100%なのに澄んだ明るい色合いのスープは、見た目同様、味もすっきりとしてかなりのあっさり系ですが、じんわりとした旨みが潜んでいる感じ。

麺は少し太い柔らかめのもので、あっさりした味付けのチャーシューと共に、さらっとしたスープに合わせているようです。

インパクトは少ないですが、食べ飽きない味わいなので、常連さんも多いみたいですね。

これはこれで美味しいラーメンだと思うのですが、個人的には『新福菜館』の方が面白いかな、なんて思いつつ、完食したラーメンでした。



京都たかばし 本家 第一旭(きょうとたかばし ほんけ だいいちあさひ)




住所:京都府京都市下京区東塩小路向畑町845
電話番号:050-5570-0973 (予約専用番号) 、075-351-6321 (お問い合わせ専用番号)
営業時間:5:00~26:00
定休日:木曜日
HP:http://www.honke-daiichiasahi.com/
食べログ:http://tabelog.com/kyoto/A2601/A260101/26000873/

| 朝ごはん | 23:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

岡山正月料理覚書

1501岡山正月

今年のお正月は岡山で過ごしたので、その覚書です。

暖かな気候で積雪などめったにない岡山ですが、元旦の明け方から雪が降り、珍しい雪景色のお正月となりました。



1501岡山正月

岡山県南に位置する実家の、お正月料理はこんな感じ。

お雑煮、おせち、刺身、そして関東では屠蘇散を入れるおとそは、屠蘇散なしの普通の熱燗です。

我が家では、昔から重箱に詰めることなく、個々の皿におせち料理が盛られる形をとっています。



1501岡山正月

地方ごとに違うというお雑煮は、餅は丸餅と豆のし餅の2個入り(昔は湯餅メインでしたが、年寄りに配慮して今は焼きメイン)、汁は昆布と煮干しに醤油少々。

具は餅の他、はまぐり、ほうれん草、ユリ根、ゴボウとニンジンの細切り、寿かまぼこ。

全体にあっさりした味で、ほうれん草とユリ根とかまぼこは、2日の夜には茶碗蒸しの具に転用されます。



1501岡山正月

おせちは、煮干しをまいた昆布巻き、海老、くわい、モガイ、酢れんこん、ひねりこんにゃく、ごぼう・ニンジン・椎茸の煮しめ、彩りの絹さや。

黒豆も定番ですが、黒い汁で他の料理に色がついてしまうため、別皿になっています。



1501岡山正月

刺身は数の子にイクラ、そして、おせち材料の中でも、父が最も買い出しに力を入れているという、ブリ!

美味しいブリを手に入れるため、魚屋さんがさばいている横で10分以上粘って見極めたというブリは、脂が乗ってとても美味しいものです、

ブリは大きいほど美味しい(父談)そうで、半身を買ってきて、お刺身にし、照り焼きにし、ステーキにしと、3が日の間食べまくります。

昔はこれに、ナマコ酢もついていましたが、実家も人数が減ったため、品数を減らしたようです。



1501岡山正月

おまけは、大みそかの夜、庭で炭焼きにした瀬戸内産の牡蛎とサザエ。

岡山という場所を考えると、日生か赤穂あたり、または広島から送られた牡蛎でしょうか。



1501岡山正月

牡蛎は焼けたらレモンをチュッと絞って、海水の塩気と共にいただくと、口いっぱいに磯の味と旨みが広がります。

サザエはお醤油を垂らしてつぼ焼きに、肝が切れないように取り出していただくと、肝のほろ苦さと歯ごたえのある身が合わさって、海の恵みに感謝です。


お正月料理は、地元岡山でも、各家庭によって結構内容が違っているようです。

実家のある場所は、江戸時代に干拓され人々が移り住んできた地域なので、いろいろな地方の材料や味が混じり合っていることもあるのでしょう。

日本各地のお雑煮図鑑と、比べてみるのも、またお正月料理の楽しみでもありますね。

| 日々の事ごと | 20:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。