FC2ブログ

YOUKOの食べある記next

<< 2013-11- | ARCHIVE-SELECT | 2014-01- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

2013年の〆は美味しいケーキで@アンプリル

1312アンプリル

2013年も食べおさめ、この日はお年賀に持っていくお菓子を買いに、綾瀬と北綾瀬の間にあるケーキ屋さん『アンプリル』。

お年賀のお菓子は、だるまの張子に入った、デコクッキーと焼き菓子のセットにし、自分用には生ケーキをゲットです。



1312アンプリル

シュークリーム(160円)

クッキー生地がのって、表面にさざれ石状の模様が入ったまん丸いシュー。

でも、シュー生地は見た目のように硬くなく、柔らか目で、中にはクリームがたっぷり。

卵と生クリームの味わいの中にバニラの風味のあるクリームはぽってりねっとりと重いけれど、甘さは程よく、美味しいシュークリームでした。 



1312アンプリル

ピュイ・ダ・ムール(360円)

注文をすると、表面の砂糖を焦がすほろ苦い香りが厨房から漂ってくる、出来たてケーキ。

ザクザクでがりがり、しっかりした厚めのパイ生地の中にはたっぷりのカスタードクリーム。

キャラメリゼされたばかりの表面は、パリパリでほろ苦さが効いていて、大ぶりなのこともありかなり食べ応えがありました。



1312アンプリル

モンブラン(450円)

注文を受けてから作り、1時間以内に食すよう但し書きがあるモンブランは結構大ぶり。

細めの絞りが何重にも重なり、こっくりとして和栗の風味のする程よい甘さクリームの中には、泡立てて軽い触感の無糖の生クリームがたっぷり、底にはサクサクのメレンゲと、全体のバランスがとてもよいモンブランです。 



1312アンプリル

焼きモンブラン(200円)

一見マフィンのように見える焼きモンブランは、焼きたての風味を味わってほしいので包装はしていないそう。

表面はさくっとして中はしっとり とても口どけが良く、中心には栗のペーストのキューブが入っていて、栗の風味はまさにモンブランでした。


ちょっと大き目のケーキですが、全体のバランスがよく、思ったより軽くいただけてしまいます。

ケーキの種類自体はそれほど多くは有りませんが、普段ケーキを食べないしゅーくんも「おいしい」といったお菓子たち、また近いうちに食べたいな思ったのでありました。

2013年ブログは、これにて終了、では、また新年に!


アンプリル(あんぷりる)


住所:東京都足立区谷中1-5-3 パークサイド新家 1F
電話番号:03-5849-3372
営業時間:10:00~20:00
定休日:水曜日
食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1324/A132404/13147943/
スポンサーサイト

| 美味しい甘いもの | 15:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

今年も最後、鍋で年忘れ

仕事納めのこの日、同僚たちと持ち寄り鍋パーティーを企画。

最終日にもかかわらず、残業となってしまった私に届いたメールには、「魚介類を追加で買ってきて!」の文字が。



1312鍋忘年会

スーパーで買い出しをし、やっと到着、まずは泡で「お疲れ様~!」。

おや、このスパークリング、金箔が躍っていますね、こりゃめでたい。


1312鍋忘年会

塩ちゃんこ鍋に入れる魚介を追加したかったそうで、早速カキやタラ、ホタテを投入。

総勢8名でいただく鍋は、大鍋ながら、あっという間に消費されていきます。



1312鍋忘年会

持ち寄りということで、某アニメファンからの持ち込みは、コンビニで買ったというこのスナック。

持ってきた本人は、お肉味の方を食べて一言「失敗した・・・」と言っていましたが、そこまでではないと思うけど、ビミョーな味・・・。



1312鍋忘年会

気分を変えて、私の持ってきた『網走ビール』の青い発泡酒「流氷ドラフト」をいただきましょう。

流氷をイメージしたという発泡酒は、クチナシ色素でちょっとグレーがかったクリアな青色、ほんのり甘みのある軽い飲み口です。



1312鍋忘年会

ビールの横では、お次のキムチ鍋の準備が開始されています。

キムチ鍋担当によると、キムチ鍋のモトに、さらにキムチを足すのが、美味しく作るコツだそうです。



1312鍋忘年会

鍋には、白菜・ネギ・ニンジン・キノコ類などたっぷりの野菜。

鍋番長の味付けもよく、野菜の摂取が少なくなりがちな宴会シーズンの中で、ビタミンに栄養たっぷりの鍋に仕上がっていました。



1312鍋忘年会

〆にいただくのは、どこかで見たような、でも何か違うパッケージの、「サッポロみそラーメン」。

何でも30個ほどまとめ買いした1個50円もしないラーメンだそうですが、キムチ味とみそ味が相まって、なかなか美味しい〆となりました。

宴会も、年内はこれが最後、みなさん、お疲れ様でした!、また来年もよろしくね!

| お外で宴会 | 15:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

自家製お歳暮フルーツケーキ

年末を控え、我が実家からお歳暮が届きました。

中を開けてみると、母のお手製の20㎝を超える大きなフルールケーキ、その名も「王様のケーキ」。



1312フルーツケーキ

何十年も前に、私が初めて買ったお菓子の本、今田美奈子さんの『お菓子の手作り辞典』に出ていたフルーツケーキ。

バターを角切りにして加え、焼いているうちにバター部分が空洞になり、回りの生地に沁み渡るという、リッチなお菓子です。

亡くなった祖母の好物でもあったので、実家にいた頃は私の十八番であったものが、今はお歳暮用に10台以上焼く、母の十八番になってしまいました。



1312フルーツケーキ

型の内側にバターを塗り、アーモンドスライスを石畳のように貼りつけるのも、このケーキの特徴。

香ばしくて美味しいのですが、沢山作っていると面倒くさくなって、バターを塗った型にスライスをバラパラ振りつけるだけにしたりしたっけ。



1312フルーツケーキ

ベーキングパウダーを使わないケーキですが、ふっくらとしてきめの揃い、フルーツもまんべんなく散り、いい出来ですね。

バターが小さかったのか、大きな穴ぼこは開いていませんが、箱を開けてカットすると、ふわっとバターの香りが広がります。



1312フルーツケーキ

フルーツケーキの定石通り、数日置いた方が、しっとりとして味がなじむケーキです。

3日位とありましたが、実は1週間くらいしてからの方が美味しくいただけました。

十八番を取られて悔しいような、でも、まあ、こうして美味しくいただけるんだから、これもまた良いものですね。

今田美奈子さんのこの本のレシピは、他のお菓子も含めて、何十年たっても古びない、素敵なお菓子ばかりだったことも思い出させるケーキでした。

| テイクアウト | 10:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

チキンで祝うクリスマス@ロティサリーイン北千住

クリスマス12月25日ですが、盛り上がるのはイブの24日の方。

しゅーくんと食事にでも行こうと話していたのですが、私は生憎の残業となり、しゅーくんはいまいち体調がよろしくないとのこと。



1312ロティサリーイン

ならば、おうちクリスマスをしようと、北千住で買い物をして帰ることにし、思いついたのが、9月に行った『ロティサリーイン北千住』。

夜8時過ぎ、ダメもとでお店に直接伺ったところ、ローストチキンが残り2羽だけあるので、15分待っていただければ焼き上がりますとのことで、運よく丸焼きを手に入れることができました。



1312ロティサリーイン

「ホールチキンとローストポテト」(2,300円)に、「ナポリタン」(700円)と「クラムチャウダー」(500円?)も追加注文し、マルイの地下でサラダを買って、クリスマスディナーの出来上がり!

お皿の用意もせず、飾りっ気は有りませんが、取りあえずカンパ~イ!



1312ロティサリーイン

出来たて熱々とまではいきませんが、専用のロースターで焼かれたチキンは、外はパリッとして中はジューシーで、やっぱり美味しい。

ハーブの香りとしっかりした塩味で、二人で1羽食べきってしまいました。



1312ロティサリーイン

お店の方のおすすめの、昔ながらのナポリタン。

昔ながらとありましたが、どこかしら味が軽やかで、昔風だけどちゃんと今の味になっているナポリタンでした。



1312ロティサリーイン

たっぷりのグリーンサラダは、マルイの地下の『柿安』のもの。

がっつりお肉に炭水化物には、これ位しっかりしたお野菜が必要でしょう。



1312ロティサリーイン

温めなおしたクラムチャウダーからは、あさりの旨みがじんわり広がります。

こういうスープが一品あるだけで、何となくリッチな感じがしてきますね。



1312ロティサリーイン

ビールは、『シャトーカミヤ』でお土産に買ってきた「クリスマスボック」。

甘く濃い香り味わいと、ぱんぱんのお腹とともに、イブの夜は更けていくのでありました。



ロティサリーイン 千住(ろてぃさりーいん せんじゅ)


住所:東京都足立区千住3-58 毎日通り飲食店街
電話番号:090-5768-1100
営業時間:18:00~29:00
定休日:水曜日
HP:https://ja-jp.facebook.com/rotisserie.inn
食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1324/A132402/13150630/

| たまにはお家で | 14:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

気軽なビストロで忘年会@にこみや2

時は12月23日、アサヒビール茨城工場へ向かった同日、奇遇にも夕方からは、某職場の元同僚たちの忘年会。

「1日分のアルコールは摂取し終わったから」と帰宅されるビアずきさんの奥様と別れ、某職場で元同僚であったビアずきさんと私は、ビール工場から北千住へと、宴会のはしごに向かったのでありました。

場所は、昨年よりリクエストされていた、北千住西口から徒歩6~7分のサンロードにある『Bistro2538-2』。



1312にこみや2

昨年の忘年会では、元同僚たちの飲みっぷりに予想外の予算オーバーをしてしまったので、今年は飲み放題付き必須でチョイス。

こちらの5,000円コースには、樽生ワインに赤・白ワイン、ビールにサングリア、ハイボール、ソフトドリンクまで飲み放題なんですから、皆さん好きなだけ飲んでくだされ!



1312にこみや2

まずは前菜、ビストロらしくリッチに、カリカリバゲットに厚切りのフォアグラ乗せ🎵

バゲットやかご盛りのパンはお代わり自由だそうですが、ここで食べ過ぎては、後が続きませんぞ。



1312にこみや2

お洒落な盛り付けで現れたのは、前菜の続きで、お肉の盛り合わせ。

生ハムにパテ、リエットなどに、ピクルスや野菜のあえ物、味もバリエーションもいろいろあり、これは楽しいですね。



1312にこみや2

サラダのよう見えるのは、本日のお魚・鯛のカルパッチョ。

さっぱりとした酸味と甘みの程よいソースがよく合う、おいしいお刺身です。



1312にこみや2

どーんと大皿で供されるのは、オリーブやゆで卵などボリューム満点のニース風サラダ。

熱々の皿は、ポテトを中心としたいろいろ野菜が入ったグラタンです。


1312にこみや2

飲み放題なんですから、幹事とはいえ、飲みたい分だけ飲んでしまいましょう、メニューを上から制覇します。

樽生白ワインに、樽生赤、ビールがレーベンブロイなんていうれしいですね、サングリアもいただいて・・・。

サングリアって甘い・・・、以下ビールとワインを交互でいただくことになりました。



1312にこみや2

お魚は、本来オマール海老のソテーだったのですが、お店の予約が遅かったのと連休が重なって、白身魚のポワレになってしまいました。

でも、香ばしく焼かれた皮目と、バルサミコ酢を使った甘酸っぱいソースがよく合う美味しいポワレでした。



1312にこみや2

ラストはメインの、牛ほほ肉の赤ワイン煮込み。

フォークでほろほろと崩れるお肉を赤ワイン風味のソースに絡めると、お腹がいっぱいなのに、胃の腑に吸い込まれてしまいました。



1312にこみや2

デザートはフルーツケーキのアイスクリーム添え。

これも、胃のどこにすきまがあったのか、ちゃんとお腹に収まってしまいました。


このお店のある場所は、元同僚の誰もが前を通ったであろう道に面していますが、私たちが職場に通ったころにはなかったお店。

商店街と下町の境界近く、若い人たちも集う洒落た雰囲気のお店が増えたことに、ちょっぴり驚きつつ、2次会の場所を目指して、お店を後にしたのでありました。



ワイン酒場 Bistro 2538-2(わいんさかば びすとろ にこみや つー)


住所:東京都足立区千住4-19-16
電話番号:03-3870-5600
営業時間:17:00~23:30
定休日:火曜日
HP:http://www.c-second.com/2538-2/
ぐるなび:http://r.gnavi.co.jp/g802005/
食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1324/A132402/13146384/

| 夜ごはん | 23:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

大人の社会見学@アサヒビール守谷工場

1312アサヒ守谷工場

ここは茨城県、つくばエクスプレス守谷駅から送迎バスで10分ほど、広大な敷地の中に建つ『アサヒビール茨城工場』。

ビアずきさんご夫妻から工場見学にお誘いいただき、ご一緒させていただくことになりました。



1312アサヒ守谷工場

クリスマス直前、入口には大きなクリスマスツリーが飾られ、アサヒの作業服や制服を借りて記念写真を撮ることもできます。

このツリー、よく見ると銀はスーパードライ缶、金はプレミアムドライの缶が飾られているんですね。



1312アサヒ守谷工場

工場内は撮影不可、まずは巨大な3面スクリーンに映し出される映像を見ながらお勉強、スクリーンが上がるとその向うは庭、自然を生かした池や芝生が目の前に広がります。

その後は、モルトやホップに触れたり、醸造タンクを眺めたり、ラベル貼りや瓶詰め機などが動く製造ラインを見学します。

休日は製造ラインが止まっていることが多いのですが、年末年始を前に増産体制に入っているそうで、稼働しているラインを見ることができました。



1312アサヒ守谷工場

最後はお待ちかねの試飲タイム!、地上60mのアイムタワー最上階の会場で、出来たてスーパードライをいただきます。

この日は生憎の曇り空でしたが、遠くに東京スカイツリーや筑波山を、小さく牛久大仏を、関東平野を眼下に望みながら飲むビールは、雑味がなくマイルドで、さすが出来たての味わい。



1312アサヒ守谷工場

クリスマス特別イベント、ビアカクテルの実演&自作タイム。

ビールとジンジャーエールを合わせたシャンディガフなどを、サンタに扮した案内役のお姉さんが講習してくれます。



1312アサヒ守谷工場

会場には、エクストラコールド用マシンも、白(?)と黒を揃えて設置。

試飲時間は20分、一人3杯までなので、こちらも両方いただいちゃいましょう。



1312アサヒ守谷工場

氷点下まで下げられたビールは、滅茶苦茶のど越しが良くなって、喉をするするとすべるように落ちていきます。

コクのある黒も滑らかになり、あっという間に試飲タイム終了です。



1312アサヒ守谷工場

お土産は、試飲のおつまみにいただいた「オコゲスタ」。

「アンチョビチーズ」、「スイートチリ」、「海鮮うま塩」、何れもしっかり濃い味付けで、ビールと交互にいただくと、止まらなくなる味わいでした。

ちなみに、このマインタワーは、大地震が起きたりすると最長273段の階段を自力で降りなければならなくなるので、試飲のし過ぎにご用心くださいね。



アサヒビール茨城工場(あさひびーるいばらきこうじょう)


住所:茨城県守谷市緑一丁目1-1
電話番号:0297-45-7335
見学時間:9:30~15:00(受付時間9:00~17:00)
休業日:年末年始・指定休日
HP:http://www.asahibeer.co.jp/brewery/ibaraki/

| ブリュワリーパブ | 21:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ケーキもあるパン屋さん@SORA

1312SORA

近くにあるお店でも、いつも通る道にないというだけで、気が付かないことも多いもの。

パンとケーキのお店『SORA』も、私の職場のすぐ近くにありながら、所要で違う道を使って初めて気が付いたお店です。

白い壁に水色の看板、ガラス張りの入口から見える店内には、甘いパンに惣菜パン、普通のケーキの他、デコケーキやデコクッキーなんかも置いてあります。



1312SORA

クリスマスリースのパン(190円)

リース型に生地をよって作った輪っかの上には、ホワイトチョコと色とりどりのドライフルーツ。

もちっとした白パンはリッチな味わいで、チョコの甘さにトライフルーツの酸味が加わり、可愛い見た目に対して思ったより大人の味でした。



1312SORA

究極のメロンパン(130円)

かなりつぶれてしまいましたが、ふっくら大きく、表面には粉糖の渦巻き模様の、130円で買える「究極」です。

ふんわりしっとりした生地の表面は、クッキーの砂糖衣が被せられ優しい甘さ、表面には荒い塩粒が振られていて、絶妙な甘じょっぱさです。



1312SORA

あらびきフランク(200円)

モチモチしたフランスパンで粗びきソーセージを巻いてありますが、生地からソーセージまで切り込みが入っていて、これが食べやすい。

表面には黒コショウがかかり、ピリッとした刺激と香りが、ソーセージとパンによく合っています。



1312SORA

羽根つきイタリアン(160円)

薄いナンのような生地の表面に、薄いチーズの羽根つき、中にはトマトベースのイタリアンな味わいのソースが入っています。

ソースはしっかりと濃い味付けで、薄いながらも食べ応えがあるパンでした。


お店のブログを見ると、注文を受けていろいろなキャラクターケーキなども作っている様子。

新作もどんどん出しているようなので、立ち寄るのが楽しみなお店になりそうです。



Bread & Cake SORA ブレッド&ケーキ ソラ(ぶれっど あんど けーき そら)


住所:東京都足立区南花畑2-14-14ベルウッドⅡ102
電話番号:03-5851-9198
営業時間:8:00~19:00
定休日:木曜日
HP:http://soranopan.com/
食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1324/A132404/13129236/

| 美味しいパン | 18:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

極寒のクリスマスマーケット見物@六本木ヒルズクリスマスマーケット2013

1312クリスマスマーケット六本木

世間はクリスマスシーズンに入り、盛り上がってきたといのに、仕事がぎうぎう状態で、なかなか遊びに行けません。

それでもクリスマスの気分を味わいたくて、忙中閑あり、六本木ヒルズのクリスマスマーケットを覗きに行ってきました。

冬の夕暮れ、アーケードの下ではありますが、吹き抜ける風の冷たいこと!



1312クリスマスマーケット六本木

温かいものプリーズ!、ドイツパンの店『タンネ』の屋台『ヴァイナハツタンネ』で「ツォプフサンド」のカレー&チーズ(600円)と、「クリスマスホットスタウト」(600円)を。

フカフカでホカホカでチーズが糸を引くツォプフと、スパイスがほんのり香る温かいスタウトで、何とか暖まり・・・。

と言いたいところですが、寒くて寒くて、手足がかじかみ、30分も経たないうちに退散。



1312クリスマスマーケット六本木

それでも、テラスから見える、五輪カラーに彩られた東京タワーに、ちょっと盛り上がるクリスマス気分です。

浮かび上がる「2020」の文字に、年の瀬がせまって来ていることも感じさせられました。



1312クリスマスマーケット六本木

暖かいお家で楽しむのは、『タンネ』の「ミニミニシュトレン」(2個500円)。

一般的なマジパンをくるんだフルーツケーキのようなシュトレンとは違う、ドライフルーツたっぷりのスコーンのような食感なので、朝ごはんにもよさそうなシュトレンでした。

年末までは怒涛ように仕事の波が襲ってくる予定、軽くではありますが、リフレッシュできたクリスマスマーケットでした。

| イベント | 18:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

相も変わらずヱビス@銀座ライオン北千住

1312ライオン北千住

寒さが厳しくなり、千代田線改札から直結している『銀座ライオン北千住』の使用頻度は、増える一方。

今日もヱビス様に微笑んでいただいております。



1312ライオン北千住

寒い時には温かいもの、もはや定番「チーズフォンデュ」(1,312円)。

クリーミーなチーズフォンデュは、焦げ付きにくいので、ゆっくりいただけます。



1312ライオン北千住

こちらも熱々の鉄板に乗って供される、「スパイシーグリルチキン」(1本504円)。

香ばしい焼き目のついたお肉には、骨を手で持ってかじりつきましょう。



1312ライオン北千住

最後は軽く、カマンベール、ブルーチーズ、スモークチーズの「チーズの盛り合わせ」(892円)。

ココット皿に入った冷凍のミックスベリーの酸味が、チーズの後味をさっぱりさせてくれます。

しかし、こちらのお店に我が家は一体いくら支払っているのでしょう。

ポイントカードとかあったら、結構貯まりそうなんだけどな。



銀座ライオン北千住店(ぎんざらいんきたせんじゅてん)


住所:東京都足立区千住2-62 大東通運ビルB1
電話番号:03-5284-5781
営業時間:11:00~15:00/月~土11:00~23:00、日・祝日11:00~22:00
定休日:年末年始(2014年1月1日)
HP:http://www.ginzalion.jp/top.html
ぐるなび:http://r.gnavi.co.jp/mkcdagcc0000/
食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1324/A132402/13161694/

| 夜ビール | 10:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

下妻までビールを飲みに@ビアスパークしもつま

1312パストレイク

冬晴れのある日、しゅーくんと自転車で向かったのは茨城県の下妻。

江戸川から利根運河へ、利根川を経て小貝川へ、右手の奥に筑波山を望みながら、蛇行して流れる川の土手のサイクリングロードをひた走ります。



1312パストレイク

家から50kmちょっと言われて出発し、いや60km、いやいや70kmかななどと上方修正され、さらに土手が工事中で遠回りさせられて、75kmほど走って到着したのが『ビアスパークしもつま』。

ここには、温泉や宿泊施設、体験農園の他、自家醸造のビールと併設レストランがあるのです。



1312パストレイク

地ビールレストラン『パストレイク』は、スペイン料理をメインに、奥に見えるタンクで作られた地ビールもいただけるレストランです。

私たちの着いた午後1時頃は、5~6名のグループが食事をされていました。



1312パストレイク

こちらで醸造されているビールは、ゴールデンピルスナー、ヴァイツェン、レッドエールの3種類。

しゅーくんはピルスナー(グラス500円)に、ランチのパエーリャコース(1,580円)の前菜3種。



1312パストレイク

私は、レッドエール(グラス500円)に、単品の「スペイン風ポテトオムレツ」(400円)で乾杯!

ピルスナーはすっきりとして軽い苦みのある飲みやすいビール、レッドエールは香ばしい香りとコクのあるビールですが、どちらも独特のハーブのような香りがあるのが特徴ですね。



1312パストレイク

「ちょい呑みおつまみセット」(1,000円)は、先のビールとパーナ貝のヴィネクレット、生ハムのコロッケ、小海老のガーリックオイル焼きの3種がセットになっています。

それぞれ少量ですが意外にいいお味で、これらは単品で注文もできるようです。



1312パストレイク

メインのパエーリャが焼きあがるのには時間がかかるし、私たちは自転車で来て喉が渇いていたので、ピルスナーをジョッキ(1,800円)で追加。

グラスとジョッキしかないのですが、このジョッキは居酒屋のパーティー用の大ジョッキなので、2名以上の方にお勧めです。



1312パストレイク

1312パストレイク

今月のパエーリャは「真っ黒!イカ墨のパエーリャ」、ランチコースには先の前菜とサラダ&ミニスープ、ミニデサートがついてきます。

イカ墨はまったりとしてコクがあり、パーナ貝や野菜など具もたっぷり、底についたおこげが香ばしくて、なかなか本格的で美味しいパエーリャです。



1312パストレイク

それでも、さすがにパエーリャ一皿では食べたりず、「下妻産豚のポークカレー&ライス」(サラダ&ミニスープ、ミニデザート付880円)も注文。

大きくて柔らかいお肉ゴロゴロ、ご飯もバターライスにフライドオニオンとレーズンが乗って、丁寧で本格的なカレーですね。



1312パストレイク

最後にビールをもう一杯、「ヴァイツェン」(グラス500円)を。

ヴァイツェンですが、思ったよりすっきりとした飲み心地で、香りも柔らかく、美味しくいただけました。



1312パストレイク

下妻の駅まで自転車を押して帰る途中立ち寄った、茨城百景にも選ばれている「砂沼」。

夕暮れの日差しを受けた沼と、筑波山と月、百景に選ばれるのがよくわかる美しい光景でした。


パストレイク(ぱすとれいく)


住所:茨城県下妻市長塚乙70-3 ビアスパークしもつま内
電話番号:0296-30-5121
営業時間:11:30~15:00(L.O.14:30 ※パエリアL.O.14:00)/17:00~21:00(L.O.20:00)
定休日:第2火曜日
HP:http://www.beerspark.com/index.htm
食べログ:http://tabelog.com/ibaraki/A0806/A080602/8001296/

| ブリュワリーパブ | 09:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

株主優待宴会@和民

1312和民

友人から、「『和民』の株主優待券で、宴会をやります!、参加しませんか?」との連絡がありました。

もちろん行きますとも!、がっつり「プレミアムモルツ」で乾杯して始めましょう!



1312和民

株主優待券は1枚500円の金券で、一人2枚まで使えるそうです。

この日は、金券に釣られた10名が集まり、飲み放題以外の料理はアラカルトで注文し放題です。



1312和民

しかし1,000円の威力は大きいもので、これだけ好きに食べて飲んでも、一人3,000円に達しないのはうれしいですね。

でも、和民の株主さん、あなたは一体何株持ってて、これだけの金券を手に入れたの?

ちょっと気になるところですが、ごちそうさまでした!

| 夜ごはん | 09:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

やっぱりライオン@銀座ライオン北千住店

1312ライオン北千住

特に予定のない、とあるお休みの日、しゅーくんとお昼を食べようと出かけたのは、またもや『銀座ライオン 北千住』。

こちらのお店は11時からやっているので、昼ビールにもうってつけ、生ヱビス(ジョッキ787円)で乾杯!



1312ライオン北千住

オムハヤシライス(945円)。

トマト味のご飯に、とろとろ卵とハヤシソースで、大人のお子様ランチ風。



1312ライオン北千住

ヱビス&ヱビス(787円)。

すっきり感と香ばしさが合わさったこのブレンドは、結構好みなのです。



1312ライオン北千住

サーロインのおつまみステーキ(1,207円)

ブランチですが、お昼も兼ねているのでガッツリお肉、でもタレが大根おろしの入ったおつまみ味なので、ビールにもしっかり合いますね。



1312ライオン北千住

ヱビス<プレミアムブラック>(787円)

お昼にしては飲みすぎですが、やっぱりだんだん濃いビールが飲みたくなるものです。



1312ライオン北千住

銀座LIONのチキン唐揚げ(714円)。

下味のついて、衣がサクサクの唐揚げは、言わずと知れたビールのお供。



1312ライオン北千住

白穂乃香(580円)。

デザート替わり(?)に、月替わりビールの白穂乃香を、軽やかな味と香りが楽しめます。



1312ライオン北千住

ナポリタンスパゲッティ(945円)。

まだ食べたりなかった麺好きしゅーくんが頼んだスパゲッティですが、鉄板には卵も流してあり、オムスパゲッティといったボリュームのある品でした。


昼から飲んで食べて、お腹もいっぱい、眠くもなります。

でも、年賀状に大掃除とやることいっぱい、食べたカロリーの消費も兼ねて、ひと働きしなくちゃね。



銀座ライオン北千住店(ぎんざらいんきたせんじゅてん)


住所:東京都足立区千住2-62 大東通運ビルB1
電話番号:03-5284-5781
営業時間:11:00~15:00/月~土11:00~23:00、日・祝日11:00~22:00
定休日:年末年始(2014年1月1日)
HP:http://www.ginzalion.jp/top.html
ぐるなび:http://r.gnavi.co.jp/mkcdagcc0000/
食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1324/A132402/13161694/

| 昼ビール | 09:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

串揚げ三昧@串かつ でんがな

1312でんがな

11月の終わり、綾瀬駅の北千住側の高架下に、新しく串かつのお店『串かつ でんがな』がオープンしました。

私が通りかかった時は、まだプレオープンの準備中とのことだったので、12月に入ったある日、大阪名物をいただきにうかがってみました。



1312でんがな

お通しはキャベツ、各テーブルに置かれたソースには「ソースの二度づけは禁止やで!」の文字が躍ります。

チェーン店ですが、居酒屋の雰囲気も出し、かつ清潔なので、こういうソースがあっても使いやすいですね。



1312でんがな

メニューは串かつの単品からセット、またこれも大阪名物「どて焼き」などなど。

また、一品物もあるので、一人でも小グループでも使いやすそうです。



1312でんがな

まずは、先日通りかかった際にいただいた、生ビール無料券(通常480円)で、乾杯!

ビールは『アサヒ』のスーパードライですね。


1312でんがな

まずはお試し、牛・チキン・ウィンナー・なす・玉ねぎの5本セット(580円)。

細かいパン粉がまぶしてあって、揚げたてサクサク、ソースに浸すと、絶好の酒のつまみ。



1312でんがな

どて焼き(2本280円)とどて玉子(1本120円)も注文。

白みそで煮込んだ牛すじとウズラの卵は、こっくりとして美味しいけれど、ちょっと具が小さいくて物足りないかな。



1312でんがな

串の追加で、おススメのチューリップ(200円)、とうもろこし(120円)、紅しょうが(120円)など。

鶏肉は柔らかく、とうもろこしは甘く、紅しょうがも話のタネに良いですね。


ついつい追加して高いものになってしまいそうですが、ビールと串カツのお得な晩酌セットなどもあるようなので、ちょいと1杯も可能です。

ちなみに、このお隣には、チェーンのワインバル『八十郎商店』もできるようです。

綾瀬の高架下は、ちょっとした飲み横状態で、楽しくなってきましたね。



串かつ でんがな 綾瀬店(くしかつ でんがな あやせてん)


住所:東京都足立区綾瀬4-6-7 綾瀬駅西口第3期ロ号店舗
電話番号:03-5682-2677
営業時間:月~金15:00〜23:30(L.O.23:00)、土・日祝11:00〜23:30(L.O.23:00)
HP:http://www.dengana.jp/

| 夜ごはん | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

12月のラパンラパン

12月に入り、新しいパンが並んでいるかと思い、綾瀬のパン屋『ラパンラパン』に行ってみました。



1312ラパンラパン

ペッパーシンケンのクロックムッシュ(260円)

耳まで香ばしいフカフカでモチモチの山型食パンに、自家製ベシャメルとペッパーシンケン。

上にはチーズが乗ってこんがり香ばしく、ベシャメルはマイルドでほんのりハーブの香る本格的な味で、ペッパーの辛みがいい感じです。



1312ラパンラパン

ハムとチーズのパイ(180円)

サクサクで軽く薄い層のパイ生地の中にチーズとハムが入り、塩気と旨みを効かせています。

表面にもチーズをかけて焼いているので、さらに香ばしさが加わり、軽い触感もあってぺろりと食べてしまえます。



1312ラパンラパン

栗のデニッシュ(260円)

細かいココナッツの粉末と粉糖のかかった、薄くサクサクのデニッシュです。

真ん中にはほんのり洋酒の香る渋皮付きの栗の甘露煮が乗り、その下にはほろ苦いキャラメルクリームとカスタードクリーム、とろける美味しさですね。



1312ラパンラパン

クランベリーとホワイトチョコのクグロフ(260円)

甘くてリッチ、柔らかく弾力のある生地からは発酵した香りがふわりと漂います。

中にはたっぷりのクランベリーが練りこまれ、シャキッとした触感と甘酸っぱい味わいがよく効いていますね。

周りには砂糖がまぶされているため結構甘いですが、ふわふわした触感もあり、後を引く味わいでした。



1312ラパンラパン

フィグ&オレンジ(250円)

生地の中には黒と白のイチジクたっぷりのイチジクが入り、プチプチとした歯ごたえとドライフルーツの甘さが広がります。

オレンジピールからはほんのりと爽やかな香りが漂い、クルミも入りナッツの甘さと香ばしさも加わった生地は、硬すぎず誰にでも食べやすいパンです。


シュトーレンもあったので購入したのですが、これはもう少し寝かせてからの方が美味しいとのことなので、もう少ししたら切ってみようと思います。



Le pain Lapinラパンラパン(らぱんらぱん)


住所:東京都足立区綾瀬3-26-2
電話番号:03-5856-0984
営業時間:7:30~19:00
定休日:木曜日
ブログ:http://ameblo.jp/lepainlapin/
食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1324/A132404/13137717/

| 美味しいパン | 09:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

子ダヌキのお稲荷さん@豆狸

1312豆狸

品川駅のエキュートで買ったお土産は、大阪は北が発祥の『豆狸』の小さなお稲荷さん。

ちなみに、お店の名前は「まめだぬき」ではなく、「まめだ」と読むのが正解です。




1312豆狸

狐と縁の深いお稲荷さんが、「狸」なのは、その小さな姿が子ダヌキのようだったからだそうです。

定番の「豆狸いなり」と季節の「秋三昧」、そして「黒豆狸」が並ぶ様子は、子ダヌキが並んで眠っているようにもみえますね。


1312豆狸

豆狸いなり(84円)

お値段も可愛い3口で食べ終わりそうなお稲荷さんの中には、椎茸、かんぴょう、そしてプチプチとして香ばしい金胡麻がたっぷり入っています。

ご飯の量は少なめで、甘めの味付けが染みたふっくらとした油揚げが美味しいお稲荷さんです。



1312豆狸

秋三昧いなり(168円)

豆狸いなりの倍の値段の季節限定いなりには、ご飯にきのこが炊き込まれ、栗の甘露煮が一粒包まれています。

栗入りで子どもにも喜ばれそうなので、お土産に持って行くのもいいかもしれませんね。



1312豆狸

黒豆狸いなり(126円)

他のお稲荷さんと違って、黒く染め上げたような姿に、思わず購入。

金胡麻などの具は豆狸いなりと同じようですが、黒砂糖を使っているので、コクのある甘さが広がります。

大きさといい、甘さといい、おやつのようにいただけるお稲荷さんです。


こちらのお店では「わさびいなり」や季節限定のいなりも人気とのこと。

小さくて女性でも食べやすいので、お持たせに持って行くと、可愛い大きさも相まって、喜ばれそうだなと思わせるお稲荷さんでした。



豆狸 エキュート品川店(まめだ しながわえきゅーとてん)


住所:東京都港区高輪3-26-27 エキュート品川 1F
電話番号:03-3444-2607
営業時間:月~土7:00~22:00、日・祝8:00~20:00
定休日:無休
HP:http://www.hankyu-delica.co.jp/product/mameda.html
食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1314/A131403/13020259/

| たまにはお家で | 01:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

駅ナカモーニングビュッフェ@バルマルシェ・コダマ

1312バルマルシェコダマ

先日出掛けた品川駅ecuteで、とても気になるモーニングビュッフェを見かけたので、時間を見つけて行ってみました。

それは、ヨーロッパのハムやチーズなどの食材の取り扱いや、イタリアン系の『プレーツ』などのお店を展開している『コダマ』のお店、『バルマルシェ・コダマ』。

朝8時から11時の間、600円でモーニングビュッフェを行っています。



1312バルマルシェコダマ

通路に面したデリ売り場の裏が、調理兼お食事カウンターとなっているので、狭く細長い店内ですが、気候のよい時期には外のテラス席も使えそうです。

モーニングビュッフェは、カウンターの奥に並べられていてかなり狭っくるしい状態ですが、ハムやサラミ、ソーセージなどが6~7種類、パンにサンドイッチ、サラダにスクランブルエッグ、ミネストローネやコーヒー、ジュースまで揃って600円なのですから、文句はありません。



1312バルマルシェコダマ

あまり量を食べることが出来なさそうなので、とりあえずハムやベーコンなど、コダマお得意の加工肉を一口づつ全種類。

お~生ハムは柔らかくて美味しい!、パンチェッタの脂身がジューシーで美味しい、ハムもサラミもオリーブも美味い!、これでアルコールがあれば宴会ができそう。



1312バルマルシェコダマ

とはいえ、この後用事があるのでアルコールは控えて、ミネストローネをいただきます。

玉ねぎやキャベツ、ニンジンなど数種類の野菜が入っていて、意外にちゃんとしたスープです。



1312バルマルシェコダマ

しかし、どうにも塩気がきついものばかり、スクランブルエッグを追加してみましたが、これにもベーコンが入っているので、結構しょっぱい。

パンを追加で食べてみたりしましたが、最後はサラダを大盛りにして、ドレッシングを控えめにして中和しました。


塩漬け系の物が多いので、どうしても塩分過多になってしまいますが、それでもこれだけの物をいただくことができて、かなり満足。

出勤前のサラリーマンがPCをひろげていたり、親子が旅行前の食事を取りに来たり、女子大生と思しき二人組がおしゃべりに花を咲かせていたりと、いろいろな方に人気のお店のようです。

気に入った食材があれば、そのまま店頭でも買うことができ、味の紹介という点でも、なかなかいいモーニングビュッフェだと思いました。



バルマルシェ・コダマ(ばるまるしぇ・こだま)


住所:東京都港区高輪3-26-27エキュート品川1F
電話番号:03-3449-1261
営業時間:月~土8:00~22:00、日・祝8:00~20:30
定休日:無休
HP:http://www.kodama-ltd.co.jp/index.html
食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1314/A131403/13150796/

| 朝ごはん | 00:46 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

都会の紅葉@神宮外苑いちょう祭り

1312神宮外苑いちょう祭り

雲一つない冬晴れの日、紅葉で有名な明治神宮外苑いちょう並木は、たくさんの人で賑わっていました。

青空に映える、燃え立つような金色のいちょうの木が林立する姿は、都会ならではの紅葉の光景です。



1312神宮外苑いちょう祭り

その紅葉に感嘆しつつ私としゅーくんが向かったのは、外苑奥で行われている「いちょう祭り」。

『富士桜高原麦酒』の「ピルス」、「フェストヴァイツェン」、「ホップヴァイツェン」(各500円)で、紅葉に乾杯!



1312神宮外苑いちょう祭り

おつまみは『中津唐揚げ もり山』の「骨なしミックス」(650円)。

ほんのりニンニクの香るアツアツ・ジューシーな唐揚げは、最高のビールのお供。



1312神宮外苑いちょう祭り

ラーメンがあると買ってしまうしゅーくんは、『富山ブラック麺屋いろは』の「富山ブラックラーメン」(800円)。

色から想像される通り、結構しょっぱいラーメンで、西の出身の私にはちょいと醤油が効きすぎかな。



1312神宮外苑いちょう祭り

しょっぱいものの後はやっぱりビール、『世界のビールブース』で生4種類の飲み比べセット(1,200円)を売っていたので、いただきます。

「ヴェデットエクストラワホイト」・「リーフマン」・「デ・コーニング」・「バスペールエール」と特徴の違うビールが揃っていて、いろいろな味が楽しめます。



1312神宮外苑いちょう祭り

『もちもちポテト323号室』というフライドポテトを買ってみようと思ったのですが、とんでもない長蛇の列だったので、『コロッケ倶楽部』の「チーズフォンデュコロッケ」(1個240円)を。

アツアツのコロッケの中からカマンベールチーズがとろけ出し、これは結構おいしいですね。



1312神宮外苑いちょう祭り

会場でもうもうと煙を上げてお肉の焼ける香りで人を集めている、茨城名物『五浦ハム』の「ハム焼き」(500円)は鉄板の美味しさ。

アッと気が付くと、焼きたてをしゅーくんにかじられてしまってました。



1312神宮外苑いちょう祭り

晴れて暖かく、芝生の上での飲食が楽しい日でしたが、12月ともなると、さすがに3時を過ぎることには陽が傾き、肌寒さを感じます。

トイレ、特に女子トイレがものすごい列になっていたこともあり、早々に会場を退散して駅に向かいました。



1312神宮外苑いちょう祭り

イチョウの葉の間から指す陽の光が、何とも言えず美しく、何枚も写真を撮ってしまいました。

混雑は仕方がないけれど、都心でこれだけの紅葉と美味しいものを楽しめるのは、なかなかいいものですね。

| イベント | 00:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。