FC2ブログ

YOUKOの食べある記next

<< 2013-04- | ARCHIVE-SELECT | 2013-06- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

たまにはワインを@ビストロ2538

普段はビール党の我が家ですが、この日は北千住はマルイを出てすぐの、「Bistro2538」(びすとろにこみや)へ2名で突入。

以前は、和の煮込みのお店でしたが、ビストロ形式に変わって以来、大人気の様子。



130529ビストロにこみや

伺った日も、18時30分に入店した所、次の予約が入っているので約1時間のみなら可とのこと。

軽く飲食のつもりだったので、空いていた最後の1テーブルへ着席です。



130529ビストロにこみや

料理を待つ間、樽生スパークリングワインの赤と白を(ともに556円)。

軽い甘さのあるジュースのようなワインですが、ちょっと泡が入っているので、暑い日にゴクゴク飲みたいワインですね。



130529ビストロにこみや

名物の「牛肉の赤ワイン煮込み」は牛バラ肉と牛ホホ肉の盛り合わせ(1,050円)をチョイス。

とろりとしたバラ肉と、お箸でほぐすようにいただくホホ肉、甘さと酸味のバランスが良くコクのあるワインソースがしっかり染みて、なかなか美味しいですね。

お肉の下にはマッシュポテトが敷かれているので、これもソースに絡めていただきます。



130529ビストロにこみや

煮込みには、ふかふかで温かいパンが、一人2つ(お代わりのできるらしい)付いてきます。

美味しいソースをパンにつけていただけば、最後にはお皿はピカピカです。



130529ビストロにこみや

お肉とパンだけでは物足りないので、キッシュ(609円)も注文。

これが通常の1.5~2倍近くある大きなキッシュ!

具は日替わりのようですが、私たちがいただいた物はほうれん草とジャガイモがたっぷり入っていて、ボリューム満点でした。



130529ビストロにこみや

ワインもすすんで、グラスで354~788円までの赤ワインを、安い順に4杯いただいてしまいました。

全体に軽いワイン達ですが、こんなビストロ料理にはちょうどよい軽やかな味わいですね。

でも、ボトルで1,500円位からあるので、いろいろ飲んでみたい方以外は、1本頼んだ方がお得になるのは間違いなさそうです。

以上で制限時間内の50分経過、この後団体でも入るのかも知れませんが、私たちのテーブル周辺が10席近く空いていたので、軽い飲食のみの方も多いのでしょうね。

気軽で気さくにワインを楽しめるお店、駅からも近いので、もうちょっと空いていれば、待ち合わせなどにも良さそうなお店でした。



Bistro 2538(びすとろ にこみや)


住所:東京都足立区千住3-74
電話番号:03-5244-2538
営業時間:火~日17:00~23:30
定休日:月曜日
HP:http://www.c-second.com/2538/
食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1324/A132402/13104744/
ぐるなび:http://r.gnavi.co.jp/g802004/
スポンサーサイト

| 夜ごはん | 06:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

まんぷく?まんぱく@まんパク2013in立川

およそ半年ぶりの更新です。

更新はしなくても、食べ歩く日々は変わっておりません・・・、ということで、この日は東京都西部に位置する立川市の昭和記念公園の「まんパク」へ。




130528まんぱく

「まんパク」とは「満腹博覧会」のことで、入場料を払って入れば、その中の屋台をいろいろと楽しめるという、食の遊園地。

入場料は当日500円(前売り400円)もありますが、昭和記念公園も散策すべく、セット券当日800円(前売り700円)を購入し、いざパーク内へ。



130528まんぱく

平日の午前中ということもあり、パーク内は行列もなく、ちょっと寂しい状況。

でも、行列ができるところにはでき、こちら茨城の餃子『丸満』には、長い行列が。



130528まんぱく

しかし、私の第1目標は、これ、サンクトガーレン4種飲み比べセット(1,000円)

右奥からブランウンポーター、まんぱくエール、湘南ゴールド、パイナップルエール。

パイナップルエールは甘さがかなり押さえてあるのにフルーティで、屋外でいただくのにぴったり



130528まんぱく

一緒にいただくのは、立川の名産・うどを使った、「立川うど焼きそば」(500円)。

ちょっとほの甘くあっさりした焼きうどんに、うどのしゃきしゃきした食感が加わって、意外に、というかちゃんと美味しい焼きそばでした。



130528まんぱく

焼きそばだけでは物足りなくて、続けて購入した『三陸牡蛎復興』ブースの「牡蛎のカレー煮込み」(400円)。

このブースでは「牡蠣カレー」を売っているのだけれど、そのカレーから牡蛎だけを拾ったような、まずくはないけれど、もう少しインパクトがあってもいいのかな。



130528まんぱく

お腹が落ち着いたら、当日出入り自由の会場を後に、昭和記念公園散策へ。

見頃を過ぎたとはいえ、一緒に植えられたカモミールの香り漂うポピー畑は、人気スポット。



130528まんぱく

こちらは見頃前の、ハーブガーデン内のラベンダー。

大勢のボランティアの方が、熱心に手入れをされているのが印象的でした。



130528まんぱく

約2時間、歩き疲れたので、ふたたびパーク内に戻って、美味しいビールで一休み。

いただくのは、『多摩の恵み』の「ペールエール」(500円)、上面発酵の香りの良いビールです。



130528まんぱく

おうちへのお土産は、『八ヶ岳スモーク』の「スモーク3点盛り合わせ」(1,000円)。

ジューシーな厚切りベーコンやソーセージも美味しいけれど、、しっかりスモークされた鶏モモは、おつまみに最適です。

左上にあるのは、『インどり屋』の「So Kara Age(そうからあげ)」のモモ・胸肉の盛り合わせ(550円)。

私が『多摩の恵み』と一緒につまんでしまったので、ちょっとしかないけれど、草加せんべいをくだいて作った衣はさくさく、中は柔らかくて、美味しいですね。



130528まんぱく

もうひとつのお土産は、『ピッツェリア バー ナポリ』の「マルゲリータ」(750円)。

窯を屋台の裏に設置して焼きあげるピザは、出来上がるまで少々時間はかかりますが、持ち帰ってももちもちとしてチーズの香りも良く、なかなか美味しいピザでした。


入場料はかかるけれど、青空のもとで、食べて飲んでは楽しいもの。

立川ならば電車代もそここそで済む小旅行、花を自然を愛で、お腹も満足、気楽に出かけて帰れる、これもまた美味しい旅行でありました。



まんパク(まんぱく)


住所:国営昭和記念公園 みどりの文化ゾーン(東京都立川市)
日程:5月18日(土)~6月3日(月) 計17日間(雨天決行。荒天の場合は中止
営業時間:10:30~21:00(最終日6月3日(月)は閉場18:00 )
HP:http://manpaku.jp/

| イベント | 18:06 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。