FC2ブログ

YOUKOの食べある記next

<< 2012-10- | ARCHIVE-SELECT | 2012-12- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

ブラックビール&料理@POPEY

「そういえば、最近POPEYEの会員サービスはがきを、使っていませんねぇ」。

ビア友・ビアずきさんとそんなやりとりがあった直後、取手キリンビール工場見学が。

それなら続けて行っちゃいましょう、ということになり、工場見学の翌日、11月の最終日、両国にあるビアバー『POPEYE』へ出かけることになりました。



POPEYE

まずは、会員サービスの『スワンレイクビール』(新潟)のアンバーエールを、いただきまーす

ほんのり甘みのあるアンバーは何度飲んでも美味しくて、750mlもサービスしていただけるのはうれしいけれど、この陶器のピッチャーは、やっぱり重いですね



POPEYE

11月の後半は「ブラックフェア」、ポーターやスタウトなどの黒ビールと一緒に、それを使ったBLACK料理も楽しもうというもの。

まずは「アボカドとサーモンのサラダ リコッタチーズ和え 黒のパンケーキ添え」(800円)。

まったりとしたアボガドとサーモン、軽めのリコッタチーズはよく合いますが、パンケーキがちと甘めかな。



POPEYE

飲むのは、『伊勢角屋麦酒』(三重)の「エクストラコリアンダー」(750円)、そして『サラナック』(米ニューヨーク)の「ホワイトIPA」(950円)。

「エクストラコリアンダー」は名前の通り、コリアンダー=香菜の香りのあるビールですが、エクストラというほどには強くなく、ブラックならではの香ばしい香りのある面白いビール。

黒に対する白、ホワイトIPAは、これまたコリアンダーの香り+オレンジ風味にホップが香り、かつ小麦入りと、こちらもなかなか面白いもの。



POPEYE

『箕面ビール』(大阪)の「恋恋スタウト(窒素ガス)」(730円)&『ローグエール』の「(シェイクスピアスタウト)アメリカンスタウト」(780円)。

「恋恋スタウト」は真っ黒なビールの上に窒素ガスならではの細かい真っ白な泡、マイルドで甘みと、ちょっと酸味のある、比較的軽めなスタウト。

「アメリカンスタウト」は別名「シェイクスピアスタウト」、または「ひぐま濃い麦酒」ともいうようですが、甘くて苦くて香ばしい、上記より重めのスタウトです。



POPEYE

前回香りにノックアウトされた、「おつまみベコ巻きステーキ」(850円)。

ビールの総量に対して、食べ物が少ないように見えますが、20時まではオーサマセットビールを頼むとハーフ料理がついてくるので、結構お腹がいっぱいになってます



POPEYE

〆は『ロコビア』(千葉)の「スクエアールートトリプルIPA」(850円)&『ストゥルブ醸造所』(ベルギー)の「イヒテヘズム アウトブライン」(930円)

「スクエアルートトリプルIPA」は、苦みの度数が表示できない「IBU-」というものでしたが、香り立つホップの爽やかさとしっかりとした苦みが、意外に心地よい味わい。

舌をかみそうな「イヒテヘズム~」は、甘酸っぱくフルーティで、最初「間違えてワインを持ってきたんじゃない」というほど、発泡性のワインを飲んでいるような不思議な味わい。

うたぐってビアずきさんが同じものを頼んだのですが、やはり同じものが運ばれ、木樽に入れて発酵させ、この味を出していることが判明しました



POPEYE

それにしても、寒くなりビールの季節とは言い難い時期ではありますが、金曜の夜のお店は満席で、予約もできな状態。

冬は乾燥してのどが渇き、ビールが美味しくなるとも言え(夏は暑くて、秋は気候が良くて、春は暖かくなってきて・・・とも言え)、やっぱりみんな、美味しビールが好きなんですね



麦酒倶楽部POPEYE(ばくしゅくらぶ ぽぱい)


住所:東京都墨田区両国2-18-7
電話番号:03-3633-2120
営業時間:17:00~23:30
定休日:日曜日
HP:http://www.40beersontap.com/
ブログ:http://blog.livedoor.jp/beerskdachi/
Twitter:http://twitter.com/@70beersontap
食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1312/A131201/13007996/
スポンサーサイト



| 夜ビール | 10:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

またまたビール工場見学@キリンビアパーク取手

ほんの2週間ほど前、横浜・生麦にある『キリン横浜ビアビレッジ』で工場見学をしてきたばかりですが、ビア友・ビアずきさんからキリン取手工場見学のお誘いが。

「あと一人なら見学者追加が可能だそうです」とのお話に、ビアずきさんと奥様の見学に、ご一緒させていただくこととなりました。



キリンビアパーク取手

『キリンビアパーク取手』ことキリン取手工場は、常磐線・取手駅西口から、徒歩20分ほど。

昨年の10月末、自転車旅行の最後に寄っているので、これで2回目の訪問です。



キリンビアパーク取手

ビール工場見学で、いつ見てもワクワクしてしまうのが、蒸留用の大釜

最新式ではステンレスのものが主流ですが、ここ取手工場には銅の大釜が保存され、滑らかな曲線を描く赤銅色のクラシックな釜を見ることができます。



キリンビアパーク取手

また、ビールといえばホップ、私の大好きな香りを生み出すホップの実物に触れられるのも、ワクワクしますね。

毬花の根元に見える黄色い花粉のようなものが、ビールの苦みと香りのもと・ルプリンです。



キリンビアパーク取手

そして、ここ取手工場でいただけるのが、麦芽を糖化させて作った甘い麦のスープ・麦汁。

今回いただくのは、最初に流れ出た麦汁のみで作られている「一番搾り」の麦汁です

砂糖とは違う、穀類独特の甘み、底に潜む苦み、麦茶のような香ばしさ・・・、これってちょっと加工したら、飲み物として売れないかしら



キリンビアパーク取手

こちらは、発売されたばかりの、期間限定の発泡酒「スパークリングホップ」の試飲。

炭酸が効いた、軽くて爽やかな発泡酒ですが、もうちょっとホップの香りがあったほうが、好みかな。



キリンビアパーク取手

さて、ビールについてのお勉強が終わったら、何よりワクワクする試飲タイム

この日は出来たて「ハートランド」と「一番搾り」。

昨年来た時は「とれたてホップ」の時期を外してしまったので、今年はいただけるかと思い聞いてみたところ、「とれたてホップ」は年毎に各地の工場で持ち回りで作っているそうで、今年は取手工場では作っていないとのこと



キリンビアパーク取手

まあ、美味しいハートランドがいただけるので、ハートランド→一番搾り→ハートランドの3本立て。

案内の方の、見事な3度注ぎの泡を拝見させていただきつつ、堪能させていただきました

惜しむらくは、こちらの工場には、併設のレストランがありません。

もしあれば、キリンビールをさらに堪能するところなのですが、肝臓八分目が体には良いところでしょうね。



キリンビアパーク取手

さて、実を申しますと、私はとある大学に所属しておりまして、その旨を案内の方に伝えたところ、上記の様な記念クリアファイルもいただくことができました。

なかなか興味深い学部や面白い講義を見ることができ、また20歳以上ならどなたでも入学できるようなので、ご興味のある方は申し込んでみてはいかがでしょう



キリンビアパーク取手(きりんびあぱーくとりで)


住所:茨城県取手市桑原188-1 キリンビール(株)取手工場内
電話番号:0297-72-8300
予約可能時間:9:00~17:00
定休日:月曜日、年末年始、その他
HP:http://www.kirin.co.jp/about/brewery/factory/toride/index.html

| ブリュワリーパブ | 00:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ビール&カレーランチ@クラフトビアマーケット神保町

冬晴れのある休日、神保町へ本を探しにでかけ、目的のものを見つけて本屋を出たのは、午後1時。

頃よくお腹も空き、ビールと一緒にランチをいただこうと行ったのは、何度か訪れているお店『クラフトビアマーケット神保町』。



クラフトビアマーケット神保町

定番のビールカレーやローストチキンのランチの他、ランチプレートも始められたようですが、生憎この日はカレーを残してすべて売り切れ。

でも、ちょうどカレーの気分だったので、『猪苗代地ビール』(福島)の「ゴールデンエンジェル」(ハーフ480円)と一緒にいただくことにしました。

赤みがかった褐色のビールには苦味はあまりなく、まろかやで飲みやすく、喉ごしがいいですね



クラフトビアマーケット神保町

定番のビールカレー(800円)+サラダ(100円)

残ったビールを使うので、毎回味が違うというカレーは、トマト風味で穏やかにスパイスが香ります。

野菜はかぼちゃ・なす・ズッキーニ・トマト等々、ルーにはごろごろと牛肉、ローストチキンのほぐした身も添えられて、見た目も量も満足の品



クラフトビアマーケット神保町

ビールのお代わりは『伊勢角屋麦酒』(三重)の「新姫」(480円)。

新種の柑橘系果物・新姫を使ったビールで、柚子のようなほろ苦味い香りがします。

でもビール自体には甘みはなく、ホップとは違うほろ苦い味と香りが効いていて、思ったより重みもあって美味しいビールでした

満足ランチの後は、本屋をはしごして、夕刻、御茶ノ水駅へ。



スカイツリーと月

聖橋の上でカメラを構えている人がいたので、近づいてみると、ビルの谷間から見えるスカイツリーの上に、まさに満月がかかろうとしていました。

燭台のような、剣玉のような、何だか不思議な光景。

ちょっと、得をしたような気分とともに家路についた、ある休日の一日でした。



CRAFT BEER MARKET 神保町(くらふとびあまーけっと じんぼうちょう)


住所:東京都千代田区神田神保町2-11-15 住友商事神保町ビル1F
電話番号:03-6272-5652
営業時間:11:30~14:00(L.O13:30)/17:00~23:30(L.O.23:00)
定休日:土・日・祝日
HP:http://www.facebook.com/CraftBeerMarketJinboCho
食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13137181/

| 昼ビール | 23:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

学食ランチ@東京電機大学

電大北千住キャンパス

放送大学以外、長くの間大学のなかった足立区に、東京藝術大学や東京未来大学など4つのキャンパスが開設され、いまや5つの大学を抱えるまでになりました。

その内、北千住駅東口すぐに、2012年4月開設の真新しいキャンパスを構えるのは、東京電機大学。

所用で大学にお邪魔した際に、学生食堂をのぞいてみることにしました。



電大北千住キャンパス

通称電大通りを挟んで建つ大学は、1号館:2・3・4号館に分かれており、その3号館の1・2階にカフェテリア・学食が置かれています。

外から直接2階へ通じる階段を上った先にあるのは、ガラス張りの明るい学食。

11時過ぎ、まだ学生さんはほとんどおらず、貸し切り状態です。



電大北千住キャンパス

学食入り口には、本日のメニューと券売機。

こちらの経営は、ロイヤルホストのようですが、さすがに学食価格、ワンコインでおつりが来るものばかりですね。



電大北千住キャンパス

お願いしたのは、本日の丼「そぼろ丼」(350円)、お味噌汁付きです。

お肉に卵、グリーンピースに紅ショウガと、彩りは鮮やかですが、当然(?)お値段相応、というか何とも微妙なお味と量ですね

私も学生時代は、喜んで食べていたはずの学食料理。

もし次に来ることがあったなら、大学の名を冠した「電大カレー」を食べてみようかと思いつつ去った、懐かしいような、寂しいような、学生食堂でした。



東京電機大学 東京北千住キャンパス


住所:東京都足立区千住旭町5番
電話番号:http://atom.dendai.ac.jp/
HP:http://atom.dendai.ac.jp/

| 昼ごはん | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

肉じゃが味のラーメン?@たいせい

たいせい

ある雨の日曜日、お休みが重なったしゅーくんと、亀有のアリオで朝から映画鑑賞。

その帰り、さて、お昼は何にしようとなった時、「肉じゃが味のラーメン屋があるんだけど・・・」と、しゅーくんのつぶやきが。

肉じゃが味?、それは一度食べてみなければ、ということで向かったお店は、環7沿いのラーメン屋『たいせい』。



たいせい

ラーメン屋というより、蕎麦屋のような小奇麗な外観、店頭にはメニューが置かれています。

開店前に到着し、待つこと5分、私たちがこの日1番目のお客となりました。



たいせい

まずはジョッキ生(480円)で乾杯、昼ビールは休日の楽しみのひとつですね

外観同様、店内も清潔で雰囲気も落ち着いており、カウンター内には店主と一緒に女性の方(奥様?)もいらっしゃるので、これなら女性一人でも入りやすそうです。



たいせい

とても寒い雨の日だったので、しゅーくんが頼んだのは、肉じゃが味ではなく、ピリ辛味の「辛味噌らー麺」(850円)+半熟味玉(100円)+バター(100円)。

あっという間にしゅーくんがかき回してしまった、角切りのチャーシューが入った朱に染まったスープは、辛さ過ぎず、旨みを楽しめるバランスの良いお味

激辛が少々苦手な私でも、美味しく味わうことができました。



たいせい

そして、これが噂(?)の肉じゃが味、「醤油半熟味玉らー麺」(800円)、辛味噌とはチャーシューもネギも切り方を変えているのですね。

スープの色を見ると、確かに肉じゃがを思わせる、ちょっと澄んでいながら、こっくりとした味を想像させるお醤油色。

一口スープを飲んでみると・・・、優しくマイルドな味わいで、ほんのり甘みがあります。

醤油+甘み+出汁の組み合わせは確かに肉じゃが系ですが、それとはちょっと違うような、でも、普段ラーメンをいただかない私には、きつさがないので美味しくいただけました



たいせい

こちらのラーメンは、全体に量が少なめですが、大盛りに辟易している私たちにとっては、ちょうど良い量。

でも、カウンターに張られた「自家製杏仁豆腐」(300円)に心惹かれ、1品追加。

提供直前にレモンの皮をサッと絞って香りをつけた杏仁豆腐は、トロトロ、フルフルでとてもなめらか。

甘さは控えめなので、別添えのシロップをかけていただきましたが、ラーメンの後の爽やかな甘さは、何ともうれしいものでした

また、食後に出されるお茶は、抗酸化作用があるというルイボスティー。

こちらも、かわいらしいガラスのグラスとお皿に注がれていて、なかなか洒落ています

ラーメン屋さんというよりは、料理屋さんに伺ったような丁寧な対応も人気のひとつと思わせる、素敵な肉じゃが味のラーメン屋さんでした。



たいせい


住所:東京都葛飾区亀有5-47-1 菅井ビル 1F
電話番号:03-5697-7020
営業時間:火~土11:30~14:00/18:00〜22:00、日11:30~
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)
HP:http://locoplace.jp/t000297688/
食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1324/A132403/13047375/
facebook:https://www.facebook.com/kamearitaisei

| 昼ごはん | 22:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

綾瀬の『大松』がリニューアル@大松

綾瀬の人気もつ焼き店、『大松』。

利用駅から近いこともあり、行列のある日は避け、なければ入りと、ちょくちょく利用させていただいていたのですが、秋頃に「今度移転するんですよ」とのお話が。



大松

ある日、しゅーくんとお店に向かったところ、入口にはシャッターが下り、ビルは真っ暗

「移転先を聞いておくんだった~」と言いながら振り返ると、約50mほど先に、あら、『大松』の赤ちょうちんが



大松

以前のお店より、きれいになり、テーブル席も増え、カウンター席は間が広くなった模様。

脂で茶色になった、ある意味味のあった壁のお品書きも書き直され、品数も増えていますね。



大松

お店の入り口には、『高清水』の樽が置かれ、お祝いのお酒がふるまわれていました。

私たちも、ビールをチェイサーに(?)、1杯いただくことに



大松

レバ刺しが禁止になる前は、レバ刺しばっかりいただいていたのですが、今はガツ刺しで。

たっぷり生姜に、ゴマ油と醤油を回しかけ、焼き物が出てくるまで、これをつまみにビールをいただきます



大松

カシラのミソ、4本で400円位だったと思うので、移転してもお値段はあまり変わっていないようですね。

ここのカシラは、ジューシーでほどよく柔らかく、噛みごたえもあるので、私たちが一番よく頼む串です。

ミソ、タレ、塩から選べるのですが、ミソが辛味が効いて、ビールがよくすすみます



大松

意外な人気者、厚揚げ納豆、これも400円位だったと思います。

網焼きの厚揚げの上に、辛ミソを塗り、納豆とたっぷりのネギを乗せたもの。

しゅーくんは、これにもゴマ油と醤油をかけるのですが、ボリュームがあるので、これを頼むとお腹がいっぱいになるヘルシー料理でもあります

『アド街』にも登場した綾瀬の人気店、新しい店舗になっても、今まで通りつかず離れずの行きやすいお店であって欲しいと思っています。



大松(だいまつ)


住所:東京都足立区綾瀬2-24-4
電話番号:03-3690-0196
営業時間:17:00~23:00
定休日:無休(今のところ)
食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1324/A132404/13064789/

| 夜ごはん | 22:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

工場内レストラン限定ビール@スプリングバレー

楽しい工場見学&試飲の後は、工場敷地内にある、レストランへ。

こちらにはバーベキューやジンギスカンを楽しめる『ビアポート』というレストランもあるのですが、この日は団体予約でいっぱい。

そこで、オリジナルビールが楽しめる『スプリングバレー』の方へ行ってみることにしました。



スプリングバレー

『スプリングバレー』は明治初期のビール醸造所をイメージして建てられたという、赤レンガのレストラン。

実際、横浜には日本初の産業ビール工場『スプリングバレー・ブルワリー』があり、そこからレストランの名前をとったようです。



スプリングバレー

こちらでは、定番のオリジナルビール3種に、工場直送ビールやビアカクテルなど、さまざまなキリンビールを楽しむことができます。

また、ビール漬けやビール煮、ソーセージなど、ビールに合う料理がいっぱい揃っています



スプリングバレー

まずは、併設のミニブルワリーで醸造された、「スプリングバレー」(520円)(左)と「横浜エール」(520円)(右)を。

すっきりとして飲み心地のよい「スプリングバレー」と、マイルドで香りのよい「横浜エール」、ともに泡まで美しく、やっぱ、こちらも出来たては美味しい~



スプリングバレー

見学でお腹もすいていたので、がっつりお肉「スペアリブ」(ハーフ1,980円)。

骨付きの豚肉を、ナイフで切り分けたら、骨を持ってパクリ!、思ったほど固くなく、濃いめの味付けでビールがすすみます


スプリングバレー

お腹に貯めるなら、ご飯ものは必須、「スタウトビールカレー」(1,080円)。

スタウトならではのコクのある味わいで、スパイスも効いていて、大人の酒の肴系カレーです



スプリングバレー

お次に飲むのは、シーズンビール「デュンケル」(520円)(左)と、工場で飲んで美味しかった「一番搾り生」(460円)(右)。

ほの甘くまろやかな「デュンケル」、また珍しい陶器製のジョッキでいただく「一番搾り生」、どんどん呑めてしまいますね



スプリングバレー

もっとお肉を!、まるでギャートルズ肉の様な、骨付き仔羊スネ肉の煮込み(1,880円)。

こっくりと煮込まれたスネ肉は、骨離れも良く、フォークでほぐしていただけるほど柔らかくて、いいお味です



スプリングバレー

キリンと言ったら、やっぱりはずせない「ブラウマイスター」(580円)。

しっかりとした骨太の味わいながら、深い良い香りもあり、おいしいビールですね



スプリングバレー

歩いて、飲んで、食べて、また飲んで、もうお腹がいっぱいです~

出来立てビールの味わいに、また工場へ行きたくなる、大人の工場見学の一日でした。



パブブルワリー スプリングバレー(ぱぶぶるわりー すぷりんぐばれー)


住所:神奈川県横浜市鶴見区生麦1-17-1 キリン横浜ビアビレッジ内
電話番号:045-506-3013
営業時間:11:00~22:00
定休日:月曜日
HP:http://www.kirin.co.jp/about/brewery/factory/yokohama/springvalley.html#resShop
食べログ:http://tabelog.com/kanagawa/A1402/A140211/14000700/

| ブリュワリーパブ | 10:55 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

>> EDIT

キリン横浜ビアビレッジで工場見学

11月の第3週目の土日は、足利にあるココファームの収穫祭。

土曜日にしゅーくんと出かける予定でしたが、朝から雨で、天気予報によると大荒れで寒くなるらしい。

ずっと楽しみにしていた収穫祭ですが、何せ屋外イベント、雨の中グラスを持って飲食するのは、さすがに大変だし・・・。



キリン生麦工場

という訳で、屋内で楽しめ、かつ飲める場所ということで、生麦にある『キリン横浜ビアビレッジ』へ。

工場見学は予約制ですが、ネットで見たところ、まだ空きがあるようなので、工場に直接伺って聞いてみたところ、入れていただくことができました



キリン生麦工場

横浜工場は、以前伺った取手工場よりも、写真撮影の制限が厳しいようです。

でも、大体の流れは同じで、良い香りのするホップなど、ビールの原材料に触れてみることもできます。



キリン生麦工場

それに、巨大な醸造用タンクは、いつ見ても圧巻ですね

ああ、ビールの窯だって思わせる、あの独特の形の窯って、誰が考えたのかしら



キリン生麦工場

出口では、ライティングのせいか、表情がないせいか、ちょっと不気味なぐっさんが

その姿に見送られた、その先には・・・。



キリン生麦工場

お待ちかねの試飲会場に、到着~

キリン横浜工場で味わえる出来たてアルコール類は、一番搾り生、一番搾りスタウト、ラガーの3種類です。



キリン生麦工場

まずは、工場限定のおつまみと一緒に、一番搾り生を、いただきまーす

お~、普段は一番搾りは軽過ぎて頼むことはないのですが、ここで飲む一番搾りは、美味しい~



キリン生麦工場

案内のお姉さまによる、美味しいビールの注ぎ方、3度つぎの実演。

家で実際にやってみたら、床に3度ついでしまった、私です・・・



キリン生麦工場

「泡が鎮まるまで、次のビールをお楽しみください」とのことなので、今度はスタウトを。

甘みとコクのある味わいで、これも出来たては、やっぱり美味しいですね



キリン生麦工場

それにしても気になるのは、試飲スペースの奥に設けられた、「ビールづくり体験教室」。

エプロン姿のおじさま方が、楽しそうに作っていて・・・、次は私も、やりたい~



121117キリン生麦工場

ビール工場見学は、あちこち行っていますが、何度行っても楽しいですね。

さて、お勉強がすんだら、工場併設のレストランへ向かいましょうか。


キリン横浜ビアビレッジ(きりんよこはまびあびれっじ)


住所:横浜市鶴見区生麦1-17-1 キリンビール(株) 横浜工場内
電話番号:045-503-8250
営業時間:10:00~17:00
定休日:月曜日(祝日の場合は営業し、翌平日が休館)、年末年始、臨時休業
HP:http://www.kirin.co.jp/about/brewery/factory/yokohama/index.html

| ブリュワリーパブ | 09:18 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

>> EDIT

ボジョレーでバーベキュー@舎人公園

11月の第3木曜日は、ボジョレーヌーボー解禁の日。


舎人公園BBQ

昨年に引き続き、皆でボジョレーを持ち寄って、バーベキューをしようじゃないかということになり、舎人公園BBQ場に参集。

幸いにしてお天気は良かったのですが、少々風があり、冬の気配を感じさせられる日となりました。



舎人公園BBQ

とりあえず、持ち寄ったワインを開けつつ、火起しの準備。

下戸だけどBBQをやりたくて来た仲間もいて、ワインの数はちょっと少なめ。



舎人公園BBQ

でも、飲むぞ~、世界はボジョレーを待っていた

ボジョレーは軽くてフルーティー、屋外で飲むにもちょうど良い味わいですね



舎人公園BBQ

BBQ料理が焼けるまでの持ち寄りおつまみ、左はマカロニサラダ、右はオリーブ、鯨ベーコン、生ハム、ドライトマトのオイル漬け。

40歳以上の連中は、鯨ベーコンに「懐かし~」なんて喜んでいたけれど、20歳代の参加者からは、「これは、臭くてタベラレナイ・・・」との声、ジェネレーションギャップですね



舎人公園BBQ

さあ、本番はこれから、今回は勝手に焼き係を担当。

副業(?)で牧場主をしているという方から差し入れられたプリプリのささ身、ヨーグルトとカレーに漬けこんだ鶏手羽元、お野菜いろいろ、焼いちゃいましょう~



舎人公園BBQ

私は、羊のスペアリブを持参、普通の塩コショウ味と、クミンなどで下味をつけたシルクロード風を用意。

脂がのって、ジューシーで香ばしく、やっぱ羊のBBQはサイコー(自画自賛)



舎人公園BBQ

何故か突然始まる、大量の豚肉の生姜焼き。

先の牧場主から、豚肉の差し入れもあったので鉄板焼きにした模様、お肉はとても美味しかったけどね



舎人公園BBQ

何か温かいデザートが欲しいと考えていたのですが、先日行った「あだち国際まつり」で”カスタードのお菓子”として売られていたのを見て、コレだ!と作ったファーブルトン。

ホイルにくるんで炭の中で温めていただいた、ファーブルトンおよび、キャラメリゼしたバナナ入りファーは、温かなプリンの様な優しい甘さ


舎人公園BBQ

さて、陽が傾き始め得ると、みな寒さのあまり、日向へ日向へと、バーベキューコンロごと移動を始めました。

焼き係の私は何てことなかったのですが、そろそろ撤収の時間ですね。

では、次は・・・。



舎人公園BBQ

舎人ライナー沿線にある、Y氏のお宅に大勢で乱入。

Y氏は、床が汚れては困ると、新聞を敷きつめての、お出迎えです



舎人公園BBQ

遅れて参戦組からの差し入れの料理、豚肉の味噌漬け焼き、ピクルス、山盛りパスタ、チジミなどなど。

BBQで炭水化物が少なかったこともあり、この差し入れは飛ぶように売れました。



舎人公園BBQ

丼で温められた、ホットワイン、なぜか怪しいラーメンのツユに見えてしまう・・・

まあ、甘くて温かいものがあるのは、やっぱり嬉しいですね。

大いに盛り上がったBBQ大会、でも、「ボジョレーの時期に屋外は寒すぎ、次回はBBQとボジョレー会を分けては」との意見も。

ま、それはそれで、次回の懸案ということで、また楽しみましょうね

| イベント | 21:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

またまたパン屋の新店舗@tomohiro

tomohiro

自転車でよく抜ける、綾瀬~亀有を結ぶ道に、しばらく前に新しいパン屋ができました。

外観もお洒落で、お客さんでにぎわっている様子、これは期待できそうと、お買い物にでかけました。



tomohiro

ポテト&ベーコン(210円)

甘い焼き立てパンの様な香りが漂うソフトなフランスパン生地の割れ目の中から、流れ出すジャガイモとベーコンのフィリング。

ベシャメルソースが滑らかでクリーミーなので、おイモにむせることなく、いただけました



tomohiro

トマトとモツァレラのデニッシュ(220円)

ジューシーな角切りトマトの乗った、ちょっと珍しいお惣菜系のデニッシュ。

ソースはマヨ味、デニッシュ生地がパイの様な味わいなので、この組み合わせは、技アリという感じです



tomohiro

きのこのパン(60円)

こどもの握りこぶしくらいの、小さなかわいいキノコ型のパン。

ほんのり甘みのあるふかふか柔らかい生地に、スイートコーンが入っていて、誰からも好かれそうな味わいです



tomohiro

クリームパン(120円)

パンの表面は薄皮がパリッとし、でも中はパサつきのない柔らかい生地。

クリームは赤味を帯びてぽってりとし、卵の風味が残っていて程よい甘さ、パンとのバランスがよいですね



tomohiro

オレンジのデニッシュ(180円)

甘いほうのデニッシュは、ジューシーな甘酸っぱいオレンジの下には、まろやかなカスタードクリーム。

クリームの優しい甘さとオレンジの酸っぱさ、ほろ苦さが良いバランスです



tomohiro

バトン(250円)

今回のイチオシ、丸のままのドライ杏・栗・ドライイチジクが縦に並んでいる、柔らかめのフランスパン。

パンを切るほどにいろいろな味が楽しめ、パン生地にドライフルーツの甘みが程よく、お勧めです


綾瀬の『ラパンラパン』といい、こちらのお店といい、パン不毛地帯と思われたこの一帯も、美味しいパン屋が増えました。

それぞれ定休日が違うので、それも助かります

う~ん、食べ過ぎないように、気をつけなきゃ



boulangerie tomohiro(ぶーらんじぇりー ともひろ)


住所:東京都葛飾区亀有4-21-6第2石橋ビル1F
電話番号:03-6662-7915
営業時間:7:00~19:00
定休日:火曜日
HP:http://ji-mo.jp/tomohiro/
食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1324/A132403/13142690/

| 美味しいパン | 15:31 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

再現!武蔵野肉汁うどん

どこぞにご当地グルメを食べに行くと、数日後に再現リクエストが発生する、我が家のご飯。

今回は、先日行った鴻巣の「川幅うどん」に触発されて、武蔵野肉汁うどんが食べたい!というので、それに挑戦です。



再現肉汁うどん

ネットなどで調べたところによると、武蔵野肉汁うどんの特徴は、ちょっと甘めに仕上げた熱いつけ汁に、冷たいうどんをつけていただくらしい。

地粉を使った手打ちうどんが基本ですが、さすがに作る材料も暇もなかったので、太めの讃岐うどんを代用としました。



再現肉汁うどん

肉汁の味付けは、カツオだしに、醤油とみりんとシンプルに。

濃くをプラスするのは、たっぷりの豚バラ肉、そして、これまたたっぷりときのこにネギと、具だくさん



再現肉汁うどん

でも、これだけでは寂しいので、天ぷら盛り合わせを、不精してスーパーで購入。

彩り的にも、天ぷらがあると華やかですね


再現肉汁うどん

武蔵野(風)肉汁うどんセット、完成で~す

埼玉特産の小松菜も添えてビタミン+、また「川幅うどん」のお店で煮卵を入れていたので、ここでは温泉卵を入れてみることにしました。



再現肉汁うどん

うどんの他、全部の具を入れると、お椀の中はごった煮状態の、大変なことに。

肉汁はmうどんに小松菜、天ぷらのつけ汁となるのですから、少し濃いめの味付けにした方が良さそうです。

簡単で美味しく、野菜も添えれば栄養バランスも良い肉汁うどん、これは年末にかけて重宝しそうです。




| ご当地グルメ | 09:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

公園でパンランチ@ラパンラパン

遅番のある日、会社に出かけるついでに、『ラパンラパン』で夕ご飯用のパンを購入しました。

でも、焼きたてのパンのいい匂いの誘惑に負け、途中の公園で、ランチにしてしまうことに。

あ、レシートが無くなってる、値段は不明が多数です・・・。



ラパンラパン


ロングソーセージのサンド

こちらで販売しているロングソーセージをフランスパン生地でくるんだ、長ーいパンを使ったと思わるサンド。

間にはキャベツをサンド、チーズとケチャップ味が効いていて、ちょっと大人のホットドック風



ラパンラパン

ツナのタルティーヌ

パンの上には玉ねぎ入りのシャキシャキしたツナ、そしてマヨネーズと、王道のツナ乗せ総菜パン。

でも、上に乗っているドライトマトのオイル漬けの甘みと酸味が、全体をグレードアップしています



ラパンラパン

クロワッサン・ショコラ

こちらのサクサク・ハラハラでバターの香るクロワッサン生地に、ちょっと柔らかめのチョコバーを入り。

チョコは多からず少なからずで、ちょっぴり塩気のある生地と丁度よいバランスで、やっぱ美味しいですね~



ラパンラパン

アップルクーヘン

もっちり・ずっしりした、ういろうの様な生地の中に、リンゴのコンポートとレーズン入り。

ほんのりシナモンが香り、優しい甘さなので、重さのあるパン(お菓子?)ですが、後を引く味わいです



ラパンラパン

プチ・シャティーヌ

公園がとっても似合う、ケシの実の粒々もかわいい、小さな栗の形のパン。

フランスパン生地の中には、丸ごとの栗の甘煮が入り、ほんのり洋酒も香って、秋らしい味わいです



ラパンラパン

そして、とうとうスタンプカードの最後の1個を押してもらうことに

300円ごとに1スタンプ、それを30個ですから、9,000円以上こちらのお店で買い物をしたことになりますね。

パンは毎日の食事にも登場するものですから、美味しいパンが近くで買えて、ホント、ラッキーです



Le pain Lapinラパンラパン(らぱんらぱん)


住所:東京都足立区綾瀬3-26-2
電話番号:03-5856-0984
営業時間:7:30~19:00
定休日:木曜日
ブログ:http://ameblo.jp/lepainlapin/
食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1324/A132404/13137717/

| 美味しいパン | 19:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ハシゴdeナイトin人形町

11月11日は、人が並んで立っているように見えるので「立ち呑みの日」。

その日の前後に開催されるのが「ハシゴdeナイト」、新橋や神田、京成立石など、魅力的な飲み屋が揃う町を飲み歩こうというイベントです。

立ち呑みの日2012人形町

2012年は11/7(水)・8(木)に開催、昨年は北千住を巡りましたが、今年はさて・・・。

呑み友・ビアずきさんと相談の結果、人形町を襲うことに決定



立ち呑みの日2012人形町

1軒目は、人形町駅からほど近い、しゃれた外観の居酒屋『くらのあかり』へ。

2階にあるワインバル『Camon Ruelle』も立ち呑みの対象店でしたが、この日は貸し切りとのことで、ちょっと残念。



立ち呑みの日2012人形町

2,500円で4件のお店を巡れるチケットを片手に、「ハシゴdeナイト」専用メニューから飲み物と料理と一品ずつ選びます。

私はアップルワインのジンジャーハイボール、ビアずきさんはハイボールで、乾杯~



立ち呑みの日2012人形町

お料理は、それぞれポテトサラダに、小アジの南蛮漬け、イベント用にしては、なかなかちゃんとしたものを出してくださっているようです。

お店も居酒屋というには結構お洒落で、お客さんもどんどん入ってくる人気のお店、今度ゆっくり呑みに行きたいと思わせるお店dした。



立ち呑みの日2012人形町

お次は、新大橋通りに面したバル『T's cafe(ティーズカフェ)』へ。

道の角にあり、壁面がガラス張りなので、中が見え過ぎて、ちょっと恥ずかしいかも



立ち呑みの日2012人形町

こちらでは、ワインかビールか選べるとのことだったので、私は赤のグラスにしましたが、ビアずきさんのビールは、アサヒスーパードライの缶。

でも、お揚げのピザ風や、つなぎを使わないミートボール、粉を使わずドライフルーツの甘みで食べるクッキー、カボチャの甘煮に柿入りヨーグルトと、ちょっと面白いプレートを提供していただきました



立ち呑みの日2012人形町

3件目は、ちょっと雰囲気を変えて、先のお店から1分とかからない、並びにある立ち飲み居酒屋『常とん(とことん)』。

立ち呑みといっても、これまでの3件は、すべて座ることができました。



立ち呑みの日2012人形町

こちらでは、ウコンハイなど悪酔い防止にもよさそうなものが選べましたが、生ビールも頼んでよいとのことだったので、それなら、やっぱ、ビールでしょ

いただくおつまみは、モツ煮にチキン南蛮、何となくホッとしてしてしまう、大衆居酒屋のお料理ですね。



立ち呑みの日2012人形町

ラストのお店は、少しエリアを変えて、日本橋保健センター近くのスーパーホテル側にある、スペインバル『HACHI』へ。

2階にはテーブル(掘りごたつ?)席があるようですが、既に一杯の様で、1階の立ち飲みスペースにも、人がいっぱいです。



立ち呑みの日2012人形町

はしご酒メニューは、スベインバルらしく、樽生スパークリングワインに、生ハム盛り合わせとチョリソのアヒージョ。

脂の乗った各種ハムに、熱々でピリ辛のアヒージョ、これが飲み物とセットで600円ちょいって、これはお得ですよね




立ち呑みの日2012人形町

それにしても、お酒がすすむしっかりした料理ですね、泡だけじゃ足りませんよ~

赤のグラスワイン(450円)、追加



立ち呑みの日2012人形町

それでも呑み足りず、キリン・ハートランド&一番搾りスタウトのハーフ&ハーフ(550円)も注文。

ハーフ&ハーフなのに、ハートランド7:スタウト3がこちらのお店のデフォルト。

無理を言って、1杯だけ5:5で作っていただきましたが、7:3の方がバランスが良いようで・・・



立ち呑みの日2012人形町

1階では、立ち呑みカウンターの向こうが調理場、料理が作られているのが良く見えるので、誘惑に負けてしまいました。

半割のパルミジャーノチーズをくりぬいた中で、ご飯と絡められる、「濃厚チーズリゾット」(980円)。

お米はプチプチ感の残るアルデンテ、チーズの香りが濃厚で、炭水化物をアテに呑めてしまいます~


人形町周辺は、かつて私が1年ほど働いていた場所。

お使い物に、接待にと、あちらの老舗、こちらの名物を買いに走った街ですが、こんな小さな楽しい呑み屋がたくさんあったのには気がつきませんでした。

もし、今この街にゆかりがあったなら、立ち呑みマップの店を全部回って、路地という路地を散策して歩いたかもしれません。

そんな発見がいっぱいあった「ハシゴdeナイト」、また来年も楽しみにしています

| イベント | 11:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

川幅もうどん幅も日本一?@馬力屋

鴻巣

冬にある日、荒川を北上し、自転車で熊谷まで走ろうと、しゅーくんと一緒に出かけました。

しかし、その日はかなり強い北風、軟弱な私はどんどんスピードが落ち、鴻巣あたりでお昼を迎えてしまいました。



鴻巣

吉見町から鴻巣市にかけては、荒川の川幅が2,537mと日本一になるあたり。

普段の本流はそれほどの幅はないと思うのですが、この川幅は堤防の間の距離を測るため、土手にはこんな標柱も立っていました。



馬力屋

という訳で、この日はここでギブアップ、鴻巣の新B級グルメ、「こうのす川幅うどん」をいただくことに。

食べた後、駅まで自転車を押して歩ける程度の距離にある『馬力屋』にうかがうことにしました。



馬力屋

お蕎麦が出てくるまで、サッポロ赤星の生で、お疲れ様~

お通しは、ちょっと珍しい鴨のモツ煮、モツが柔らかくよく煮込まれてて、思ったよりあっさり味で、美味しい



馬力屋

お店に3番乗りくらいだった私たち、待つこと15分ほどで到着した、これが噂の「川幅うどん」(850円)。

きしめんがもう少し広くなった様なものを想像していたのですが、予想を上回る幅の広さ



馬力屋

持ち上げてみると、広いわ、長いわ、これはまさしく一反もめん

メニューには鴻巣南西部の「馬室産地粉」とあり、うっすら灰色がかり、弾力があります。



馬力屋

つけ汁は鴨汁で、濃い色合いながら、鴨の旨みが溶けてまろやか、お肉とネギとゴボウが入っています(煮卵入りは+100円)。

これに川幅うどんをつけていただくと、もちもちして歯ごたえのある幅広うどんによくあって、意外に(?)美味しいです



馬力屋

こちらは、普通の鴨汁うどん(850円)、太めのうどんですが、先の川幅うどんと比べると、細く見えちゃいますね。

うどんとしては、話題性を置いておくならば、この普通のうどんの方がお汁が絡んで、美味しいかも。

特に、煮卵がちゃんと半熟なので、とろっとした黄味が更に絡んで、美味しくいただけました



馬力屋

〆にはそば湯(こちらはお蕎麦もやっています)をいただいて、鴨汁を割っていただきました。

自転車で疲れた身には、しょっぱい味はうれしいですね。

埼玉はおいしいうどんが食べられる場所、自転車の乗っていろいろ食べ歩きたいと思う、この頃です。



馬力屋(ばりきや)


住所:埼玉県鴻巣市滝馬室948-2
電話番号:048-542-9055
営業時間:11:30~14:30/17:00~20:30
定休日:木曜日の夜
食べログ:http://tabelog.com/saitama/A1104/A110401/11022104/

| ご当地グルメ | 07:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

リーズナブルに各国料理を@あだち国際まつり2012

毎年11月3日に足立区のベルモント公園で行われる、「あだち国際まつり」。

あまり知られていないおまつりですが、この日は公園内に各国のテントがずらりと並び、料理は基本的に1品400円均一と、リーズナブルかつ気軽にエスニックを楽しめる、かなりお勧めのおまつりです。



あだち国際まつり2012

今年のおまつりは好天に恵まれ、公園内は芝生にシートを引いたり、ベンチをテーブル代わりに食事を取る人などで大賑わい。

でも、都心のお祭りの様に、混みすぎないのがいいところでもあります。



あだち国際まつり2012

今年の料理の出店は、以下の16カ国。

フランス、インド、ブラジル、韓国、エジプト、アメリカ、フィリピン、ペルー、タイ、トルコ、オーストラリア、エチオピア、ペルシャ、中国、インドネシア、日本(地元商店街)。

昨年より、ちょっと数が減ったような気がするけど、気のせいかな



あだち国際まつり2012

まずは、ビールをゲット、タイインドネシアのビンタンと、トルコのエフェスのダークで、しゅーくんと乾杯

軽い飲み口のビンタン、まろやかなエフェスダーク、昨年は自転車で行って、アルコールを飲めなかったので、今年は歩いて行って、正解



あだち国際まつり2012

食べるのは、ペルシャの羊のひき肉のハーブ煮込みのピタパンサンドと、インドネシアの焼き鳥・サテ。

羊のハーブ煮込みは、ハーブの香りと後からかけるヨーグルトソースで、思ったより爽やか、サテはココナッツの甘みのあるタレがきいて、ビールにぴったり



あだち国際まつり2012

こんがりといい焼き色の鶏モモ肉は、ブラジルのローストチキン。

皮がぱりっとして、甘みのあるタレが染みていて、これまたビールのよいお供



あだち国際まつり2012

追加のビールは、フィリピンのサン・ミゲル、ほんのり甘いのど越しのよいビールです。

このあたりから、各国のビールは売り切れ続出、この後は日本の生ビールとなりました。



あだち国際まつり2012

ブラジルの屋台で行列ができていた、巨大揚げ餃子の様な「パステウ」。

薄いぱりぱりの生地の中に、ひき肉・チーズ・コーン・玉ねぎ等などたっぷりの具材が入り、熱々で美味しい~



あだち国際まつり2012

こちらは、しゅーくんが買ってきた、エチオピアのカレーと表記されていたという、鶏肉の煮込みのピタパンサンド。

味はミートソースの様なトマト風味で、玉ねぎの甘みがきいて、まろやかです



あだち国際まつり2012

やっぱり、インドのカレーが食べたいと購入した、バターチキン。

器に入りきらないナンが、どーんと上にかぶさっていて、ちょっと面白い状態ですが、穏やかにスパイスの香るマイルドな味わいは、安心する味ですね



あだち国際まつり2012

〆にはエジプトのクスクス、プチプチのクスクスの上に、トマトソースとたっぷりのお豆。

たっぷりの炭水化物で、あ~、もうお腹がいっぱい、食べ過ぎですね



あだち国際まつり2012

お土産には、フランスのテントで売っていた、カスタードのお菓子ことフランと、キッシュを購入しました。

ここのフランス風クレープも美味しそうだったのですが、こちらは昨年同様の行列状態なので、またもパス。



あだち国際まつり2012

バリの舞踊や、ルーマニアのバイオリン演奏など、舞台を見ながらのんびり、エスニックを堪能。

昨年も思ったのですが、このおまつり、1日だけじゃ、ホントもったいないって思うのでありました。


| イベント | 09:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

続くよ、綾瀬のパン屋さん@ラパンラパン

自転車でふと立ち寄れる範囲に、パン屋さんが増えましたが、やっぱり今一番のお気に入りは、『ラパンラパン』

今回購入したのは、新作も含めた、こちらのパンたち。



ラパンラパン

ベーコンエッグのタルティーヌ(180円)

朝食セットがそのままひとつのパンになったような、ボリュームのあるタルティーヌ。

卵サラダ風の味付けの粗切り卵に、角切りのベーコンがゴロゴロ、ちょっと格上のベーコンエッグですね



ラパンラパン

鴨肉のサンド(230円)

私の好きな、小さなフランスパンサンドシリーズのひとつ、鴨肉のスライスのサンドイッチ。

鴨肉が1枚きり・・・、と思ったのですが、意外にしっかりした味で、玉ねぎスライスとも良く合い、なかなか美味しいサンドです

ラパンラパン

ブリオッシュのクリームパン(160円)

こちらのお店のクリームパンは、よくあるグローブ型ではなく、上がまん丸に膨らんだボール型。

生地もブリオッシュ生地なので、ふかふかしてコクがあり、バニラビーンズ入りの優しい味のクリームとともに、ちょっとリッチな味わいです



ラパンラパン

リンゴのデニッシュ(240円)

生で皮つきの角切りリンゴをパンと共に焼いた、中はジューシー、デニッシュはサクサクの、季節のパン。

リンゴの下にはカスタード、上にはジャムが塗ってあり、アップルパイほどくどくない、軽いパイのようなデニッシュです


いずれも美味しいパンたち、さて、今度は何を食べようかな



Le pain Lapinラパンラパン(らぱんらぱん)


住所:東京都足立区綾瀬3-26-2
電話番号:03-5856-0984
営業時間:7:30~19:00
定休日:木曜日
ブログ:http://ameblo.jp/lepainlapin/
食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1324/A132404/13137717/

| 美味しいパン | 08:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |