FC2ブログ

YOUKOの食べある記next

<< 2012-04- | ARCHIVE-SELECT | 2012-06- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

5月の足立のおいしい給食@足立区役所

足立区役所14階のレストラン『ピガール』で月替わりランチ(11:00~14:30)、30食限定で提供される、「東京・足立のおいしい給食」。

足立区役所は私の通勤途上にあることもあり、4月に引き続き、いただきに伺ってみました。



おいしい給食5月1

5月のメニューは「エビと鶏肉のカシューナッツ炒めと海藻サラダ」(550円)。

レシピ本ではスープがついていますが、こちらで提供される時は、お味噌汁に変わっています。



おいしい給食5月2

エビがごろごろとタップリ入り、大きめに切られたタケノコ、玉ねぎ、赤と黄色のピーマンとボリューム満点。

大き目の野菜の野菜は、噛むことを重視しているためでしょうか、そのせいあってか、かなりの満腹感があります。

でも、如何せん、味がちょっと薄めといういうか、ビミョーというか・・・、ま、ご飯がすすまないので、ダイエットには良いかもしれません



おいしい給食5月3

さっぱりした海藻サラダには、ワカメときゅうりの他、ヒジキも入っていて、栄養バランスもとれていそう。

炒め物が薄味だったので、この酢の物のはっきりしてた味が、嬉しかったです。



足立区役所

回りに高い建物のない、足立区役所の14階は、ロケーションもばっちり。

レストランを出る12時には、入り口には長蛇の列ができていました。

このレストラン、昼なおバータイムのような雰囲気で、広さの割にテーブルが少なく、相席もしにくい作りなのが、ちょっともったいない感じ。

せっかくのおいしい給食メニュー、もう少し楽しい雰囲気でもいいのかなと思う、今日この頃です。



レストラン・ピガール 足立店

住所 足立区中央本町1-17-1(足立区役所南館14階)
電話番号 03-3880-5533
営業時間 11:00~21:00
定休日 第2土・日曜日
URL http://www.city.adachi.tokyo.jp/007/kenkoohen/pigaaru.pdf
スポンサーサイト

| 昼ごはん | 23:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ピザとビールでランチ@アウグスビアクラブ

平日休み勤務の身として、最近、昼から美味しいビールがいただけるお店を探索中。

この日は、『アウグスビール』(福島)がいただける、六本木にある『アウグスビアクラブ』へ。



アウグスビアクラブ1

六本木ヒルズから広尾方面へ抜ける道に入ってすぐ、地下鉄六本木駅からは5分程度の場所に、こちらのお店はあります。

半オープンテラスのお店は、ちょっと裏通りにあることもあり、落ち着いたカジュアルな感じ。



アウグスビアクラブ3

ランチは、数種類のピザ、お魚ランチ、chef'sランチ、窯焼きチキンカレーから選べますが、この日はchef'sランチを。

サラダ、フォカッチャ(orライス)、コーヒー付きで1,000円なり。

ビールは別料金、これは酵母の香りがほのかに漂う、無ろ過のピルスナー「アウグスビール」のS(550円)。



アウグスビアクラブ4

メインは鶏モモのマスタードソース、香ばしい皮目と、マスタードの酸味がよくあって、さっぱりジューシーな一品

これはビールにも合うので、ついもう1杯頼んでしまいますね。



アウグスビアクラブ2

私のお気に入り、コリアンダーとオレンジピールの香りが爽やかな、小麦のビール「スノーブロンシュ」(S=600円)

ちなみに、『アウグスビール』は独立した醸造所を持ったメーカーではなく、いろいろなクラフトビールメーカーに委託して、ビールを作っているそう。

この「スノーブロンシュ」は、兵庫の「白雪」で有名な『小西酒造』のもののようです。



アウグスビアクラブ6

赤味を帯びたビールは、「アウグスビール”マデューロ”」(S=550円)。

甘みと香ばしい香りのある、まろやかな飲みやすいビールです



アウグスビアクラブ5

こちらのお店のランチは午後2時までですが、夜まで通し営業の上、無休なので、何かと重宝します。

ランチにも登場している、窯で焼き上げる香ばしくてもちもちのピザは、定番のマルゲリータ(850円)の他、「ポロネギと青唐辛子」や「蜂蜜とローストチキン」、デザート系までいろいろと楽しめます。

サイズも18cmと小さめなので、一人で軽く食事をしたい時、また、当然ビールにもよく合うので、こちらもお勧めデス


August Beer Club(アウグス ビア クラブ)


住所 東京都港区西麻布3-2-21
電話番号 03-6804-1655
営業時間 12:00~23:00
定休日 無休(年末年始除く)
URL http://www.augustbeerclub.jp/index.html

| 昼ビール | 05:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

多摩の美味しいケーキ@グラン・クリュ

先日、多摩に出張した際に、駅ビルに美味しいと評判のお店が入っているのを発見

その名も『グラン・クリュ』、ワインでいえば最上級の畑を指しています。

1時間半電車に揺られ、持ち帰ったケーキは3つ。



グランクリュ1

まずはレアチーズ系のタルト(420円)、ちなみにケーキの名前は、疲れていたのでほどんど失念

サクサクのタルトの中には、クレームダマンドとプルーン、上にはサクカリのクランブル。

わずかな塩気を感じるレアチーズには苺のジャムがのっていて、バランスの良くて美味しいです~



グランクリュ2

こちらは、筒状のチョコレートのケーキ(420円)。

上部のサイコロ状のものは、クランブルでサクサクした歯ごたえ、下はムースと焼き菓子の中間のようなねっとりとろりとしたチョコレート生地。

中心にはフランボワーズのジャムとチョコソースが入っていて、甘酸っぱく濃い味わいです



グランクリュ3

ラストは、唯一名前を覚えていた、タルトタロッコ(420円)。

こちらもサクサクタルトの中に、シロップと洋酒の香りのしみたアーモンドクリーム。

その上にはバニラ入りのパティシエール、ブラッドオレンジのような濃い色合いのマリネされたオレンジ、てっぺんにはオレンジの皮のコンフィの細切りが乗って、香りも良くて、これまた美味しいです

どのケーキも、食感や香り、味の組み合わせが絶妙で、人気があるのが分かります。

他のケーキも食べてみたいとは思いつつ、多摩センターまで行くのは・・・、いつになることやら・・・。



グラン・クリュ 多摩センター駅店
住所 東京都多摩市落合1-11-2
電話番号 042-371-7788
営業時間 9:30~21:00
定休日 毎週月曜日(祝日場合翌日火曜日)
URL http://www.kanto-cake.com/tokyo/grandcru/index.htmlの

| 美味しい甘いもの | 06:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

青空ビール@日比谷オクトーバーフェスト

久しぶりに会う友人たちと、日比谷で待ち合わせ



日比谷オクトーバーフェスト1

ということで、待ち合わせ場所は、こちら、日比谷公園内のオクトーバーフェスト会場

雲ひとつない青空のもと、ビールを飲みながら、皆が集まるのを待ちます。



日比谷オクトーバーフェスト2

まずは駆けつけ1杯、オクトーバーフェスト初登場の「エンゲル・ヴァイス」、DLGドイツ最高金賞、ドイツ連邦栄誉賞受賞という、輝かしいビールです。

白濁したヴァイスなのに、とてもすっきりとして、フルーティーな香り、屋外にいただくのにぴったりの味わいです

とはいえ、はっきりいって、この日は真夏日、皆が集まる頃には暑さに耐えきれず、近くのニュートーキョー数寄屋橋へ避暑に移動。



ニュートーキョー1

涼しい空間でいただくビールも、また旨し

ニュートーキョーの春夏季節限定ビール「カーネヴァル」、のど越し爽やかで、暑さを流してくれる感じです。



ニュートーキョー2

暑さにやられて、皆の頼むものもさっぱり系中心。

塩味の効いた枝豆、キャベツの浅漬け、カロリーも低いので、代謝の落ちた世代にとっては良いおつまみです。



ニュートーキョー3

でも、ビールにはやっぱり、フィッシュ&チップス

つまみを食べ、ビールを飲み、しゃべり、また食べ、また飲み、またしゃべり・・・、写真を取るのも忘れて何杯ビールを飲んだことやら。



日比谷オクトーバーフェスト3

お土産には、オクトーバーフェスト会場で買った、ふかふかの焼きたてプレッツェル。

昔話に、現在の話に花が咲き、ビールと共に楽しいひと時、青空ビールも、室内ビールも、楽しい仲間と飲めば、ともに良いものですね。

| イベントビール | 09:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

魚介三昧@遠州屋

ビール強化月間ではありますが、美味しい魚介がたんといただけると聞き、会社の仲間4名で、浅草にある『遠州屋』に行ってきました。



遠州屋1

場所は、浅草というよりは田原町駅近く、大通りから一本入った所に、お店はあります。

小さなお店で、狭いかなと思ったのですが、1階から3階まで席があるので、意外にキャパがあります。



遠州屋2

何はともあれ、まずはビールで乾杯~

ビールはサッポロの生、お通しはアナゴの天ぷらの甘酢和えで、さっぱりと。



遠州屋3

この日のテーマは、魚介類故、貝のお刺身の盛り合わせを。

赤貝、ミルガイ、トリガイ等々、新鮮な貝のお刺身は、歯ごたえも香りも、美味しいですね



遠州屋4

左は、旬のお魚、カツオのたたき、分厚い身に脂が乗って、焼き目の香ばしさも美味しい一品。

右の真っ白な身は、はしりの鱧、まだ時期には早いとは思いつつ、はしりの品にテンションがあがります。



遠州屋5

こちらも季節の品、岩ガキ~

それほど大きなカキではありませんが、磯の香りとまろやかな旨みで、ビールがすすみます。



遠州屋6

とにかくメニューに載っている品の数が多く、魚介以外にもの心惹かれるものがたくさん。

とろけるような湯葉豆腐(左)に、ちゅるんちゅるんのじゅんさいの酢の物(右)



遠州屋7

ほろ苦さと山の香りが広がり、とても美味しかった、山菜の天ぷら

あまり山菜の種類に詳しくないので、名前はよくわかりませんが、これだけでも食べに行きたと思った一品です。



遠州屋8

他の揚げ物では、内臓の苦みが旨い稚アユの天ぷらに、豆腐とお餅の2種類が味わえる揚げ出しなどもいただきました。

この他、各自〆のご飯ものをいただいて(私は〆にビールと塩辛でしたが)、ビールに日本酒をひとり3~4杯いただいて、一人分約4,000円は結構お得感がありました。

お料理の種類が多い上美味しく、比較的ボリュームがあるので、何人かで分けていただくと、いろいろな物が味わえて楽しいかと思います。

クエやふぐ鍋も美味しいそうなので、また鍋の季節に行ってみたいと思ったお店でした。



浅草 魚料理 遠州屋(あさくさ さかなりょうり えんしゅうや)
住所 東京都台東区寿2-2-7
電話番号 03-3844-2363
営業時間 11:30~14:00/17:00~23:00(月~土)、16:30~23:00(祝日)
定休日 日曜日 (事前予約のみ営業)
URL http://www.enshuuya.co.jp/

| 夜ごはん | 23:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

欠けたる太陽、環になる太陽

東京で173年ぶりに観測できるという、金環日食。

金環日食


おそらく、私が生きている間に、もう一度見ることはないのではないだろうか・・・、と思いつつ、必死の激写の成果。

天文ショーは、どうしてこうも、ワクワク、ドキドキするのでしょうか。

| 日々の事ごと | 00:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

屋外昼ビール@けやきひろば春のビール祭り

ビール強化月間、第2弾はさいたま新都心のけやきひろばで行われる『春のビール祭り』に、しゅーくんと一緒に行ってきました。



けやき広場ビール祭り2

駅から直結した、けやきの森が広がるひろばに、クラフトビールメーカー30店舗、その他料理の屋台がずらりと並びます。

開場時間は午前11時、夜店の中にいるような、でも木漏れ日が心地よい不思議な雰囲気の中、木陰でブランチビールをいただきます。



けやき広場ビール祭り3

まずは、東北のビールに敬意をこめて、『いわて蔵ビール』(岩手)の「インディアンペールエール」(500円
で乾杯

う~ん、ホップの香り、苦みが効いた、爽やかですっきり、ブランチにぴったり(?)



けやき広場ビール祭り8

会場には、ビールの他、各地元のB級グルメもいろいろと提供されていました。

私の狙っていた、いわき小名浜のウニの貝焼きはなかったものの、福島のとってもジューシーな「食べて健康!脂肪分解!エゴマ豚のステーキ」(左)(600円)に、ビールにはコレ、「宇都宮焼き餃子」(右)(300円)をゲット



けやき広場ビール祭り4


向かいにあるのは、しゅーくんの『みちのく福島路ビール』、フルーティーな香りの「ヴァイツェン」(500円)。

この会場のビールは、基本的にワンカップ500円でいただけるのも、うれしいですね



けやき広場ビール祭り9

行列ができていた、『大山Gビール』コーナーの、「大山噴火鶏」。

ピリ辛で、大山型の蓋で蒸し焼きにされた柔らかいジューシーな鶏肉は、とってもビールに合いますね

あ、でも、大山は活火山ではありませんので、噴火はしません、念のため。



けやき広場ビール祭り12

美味しい食べ物があると、ビールもすすむ

『大山Gビール』(鳥取)の「ホワイトネルソンソーヴィン」(左)(500円)、ちょっとワインのようなとても良い芳香とほろ苦さ、ほの甘さのある、とても美味しいビール

右は『シャトーカミヤ』(茨城)の「クランベリーラガー」(500円)、クランベリーの甘さと赤味が可愛い、カクテルのようなビールです。



けやき広場ビール祭り5

『シャトーカミヤ』で売られていた、「金山寺味噌煮スペアリブ」(600円)、お肉に味が染みて、こりゃ、美味しい

合わせていただいているのは、すっきりとして程よい苦みの『城端麦酒』のイベント限定「IPA」(500円)。



けやき広場ビール祭り6

うっすら褐色のビール、スモーキーな香りが特徴の『田沢湖ビール』(秋田)の「ラオホ」(500円)。

ちなみに、この『田沢湖ビール』や『城端麦酒』、『大山Gビール』のビールは、パンフレットには載っていないもの。

そんなビールを探して飲むのも、ビール祭りの楽しみですね。



けやき広場ビール祭り10

右は『こぶし花ビール』で売っていた上尾市の郷土料理、「焼きびん」(150円)。

お米と小麦粉を混ぜて、みそ味で焼いた、お煎餅と焼きおにぎりの中間のような、面白いおやつです。

左は『スワンレイク』にあった、新潟名物「イタリアン焼きそば」(500円)、焼きそばの上にミートソース、フランクフルトというB級グルメ。



けやき広場ビール祭り7

しめは、『箕面ビール』(大阪)の「4種類飲み比べセット」(1,000円)。

ピルスナー、スタウト、ペールエール、ビターの4種類が一度にいただけ、満足~



けやき広場ビール祭り13

会場には、木陰が広がり、テーブル席以外にも、思い思いにシートを広げて楽しむ人たちがたくさんいました。

ビールに、料理に、いろいろと楽しめるイベント、次回は9/14(金)~9/17(月)に開催予定なので、ぜひまた行きたいと思っています

| イベントビール | 09:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

1パイントall780円@クラフトビアマーケット神保町

八重洲『スワンレイク パブ エド』から神保町へ、向かったのは『クラフトビアマーケット神保町』。

全てのビール(一部除く)が1パイント780円、ハーフパイント480円で飲める、『クラフトビアマーケット虎ノ門』の2号店です。



クラフトビアマーケット7

直前に八重洲から予約の電話を入れた時は、「立ち飲みの場所以外空いていないけれど、よろしいですか」と言われていたのですが、運よく2席空いたので座らせていただきました。

倉庫を改装したかのような、吹き抜けの店内、通りに向かって大きくオープンエアになっていて、解放感にあふれています。



クラフトビアマーケット2

まずは、『あくらビール』(秋田)の「キィウィIPA」、キィウィと言っても果物が入っているわけではなく、ニュージーランド産の2種類のホップが入った、柑橘っぽいホップの香りとすっきりしとた苦みのビール。

ビアずきさんは、『ベアレン醸造所』(岩手)の「シュバルツ」で、再び乾杯~



クラフトビアマーケット3

お通しは、シーチキンにローズペッパーとパセリの彩りもきれいな、オープンサンド(300円)。

ちょっと塩味が濃い目についていて、ビールによく合いますね



クラフトビアマーケット4

お次は、『麥雑穀工房マイクロブルワリー』(埼玉)の「小川ポーター」。

濃い色合いで香りとコクのあるビールですが、のど越しは意外にすっきりしていました。



クラフトビアマーケット5

こちらのお店の名物はローストチキンのようなので、ハーフサイズ(800円、フルは1,600円)を頼んでみました。

ソースは、ジャガイモのピューレ(200円)、バジル(150円)、チュニジア風(100円)の3種類の中から選べるので、チュニジア風を選択。

お~、皮はパリパリ、身はジューシー、クミンの効いたソースがとてもよく合って、これは美味しい~



クラフトビアマーケット5

チキンはビールがすすむ君、って訳で、2011年にできたばかりの『ブリマーブルーイング』(神奈川
から、「ペールエール」を。

うっすら赤味がかった色合いの通り、コクとほんのりとした甘みのある、柔らかな味わいビールです。



クラフトビアマーケット6

ラストは、再び『麥雑穀工房』の無ろ過ビール、「雑穀ヴァイツェン」を。

小麦以外にも、キビやアワも入っているそうで、フルーティーな香りの中にわずかに穀類の香りもする、ビールでした。



クラフトビアマーケット1

お店を出るときには、外の立ち飲みコーナーも、お客さんでいっぱい。

これからの季節、表でサクッと1杯なんて飲み方も、いいかもしれませんね。

ただし、今日のように、ハシゴビールの後では、足もとがちょっと危ないかもね

ではでは、ビアずきさん、お疲れさまでした、また飲みに行きましょーね~

CRAFT BEER MARKET 神保町(くらふとびあまーけっと じんぼうちょう)


住所 東京都千代田区神田神保町2-11-15 住友商事神保町ビル1F
電話番号 03-6272-5652
営業時間 11:30~14:00/17:00~23:30
定休日 土日祝日

| 夜ビール | 08:21 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

>> EDIT

新潟直送クラフトビール@スワンレイク パブ エド

5月後半から6月にかけては、ビールイベント真っ盛り、ということで、ビール強化月間です

それに先駆けて、5月初めにオープンしたばかりの新潟の美味しいクラフトビールが飲める『スワンレイク パブ エド』に、「濃~いビールが飲みたい~」とぼやいていたビア友・ビアずきさんと行ってきました。



スワンレイク パブ エド1

場所は東京駅のほど近く、八重洲ブックセンターの裏手あたりに、オープンエアのカフェのような店構え。

まわりのお店よりちょっと早い、16時開店で、陽のあるうちから美味しいビールを楽しめます



スワンレイク パブ エド2

クラフトビール好きなら、知らぬ人はいない『瓢湖屋敷の杜スワンレイクビール』、グラスのレトロな感じのロゴも、お洒落ですね。

まずは、真っ白な泡と白濁した明るい白金色のフルーティーなビール、「ホワイトスワンヴァイツェン」で、乾杯~

向かいで、ビアずきさんが飲んでいるのは、季節限定の「#B-IPA」。



スワンレイク パブ エド3

お通しは、長~いゴマ入りビアスティック。

ちなみに、この日は私たちが一番最初のお客さん、その後17時過ぎまでは、どなたもおらず、のんびりビールをいただくことができました。



スワンレイク パブ エド4

お次にいただいたのは、見た目の通りに澄んだ味わい、スッキリとした「ゴールデンエール」。

お向かいは、モルトのカラメル色とほのかな甘みの「アンバースワンエール」。



スワンレイク パブ エド5

おつまみにいただいた、「オリーブオリーブ」(600円)。

新潟特産のおつまみが多かったので、「もしかして、新潟産のオリーブ?」と思ってしまいましたが、ちょっと面白くしたくて、言葉を重ねた、フツーのオリーブだとのこと



スワンレイク パブ エド6

透明感のある色合い、透明感のあるのど越し、新潟産のこしひかりを使用した「越乃米こしひかり仕込み」。

対して、ビアずきさんは、褐色でモルトとホップのバランスの良い「ポーター」を。

これらのビールは、すべて250cc=550円で楽しめます



スワンレイク パブ エド

ここらで、おつまみを追加、「新潟新発田富野食品より 塩豆」。

おお、この塩豆、ほくほくで味わい深く、美味しいですね



スワンレイク パブ エド7

ラストは、麦のワイン・「スワンレイクバーレイ」と「スワンレイクビール インペリアルスタウト」、ともに150ml=900円。

甘く薫り高いバーレイワインと、香ばしい芳香のスタウト、美味しいです~



スワンレイク パブ エド8

店の奥には、たくさんのタップが並び、スワンレイク以外の国産クラフトビールが12~13種類、楽しむことができます。

満足、満足・・・、と言いたいところですが・・・、実はもう1軒、行きたいお店があるんですけど・・・


SWANLAKE Pub Edo(スワンレイク パブ エド)


住所 東京都中央区八重洲2-6-5 八重洲5の5ビル1F
電話番号 03-5299-6155
営業時間 16:00~23:30
定休日 日曜
URL http://www.swanlake.co.jp/main/pub_edo.htm

| 夜ビール | 17:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

厚さ5cmのどら焼き@浜松どらばーがー

浜松どらバーガー1

浜松方面へ自転車旅行にでかけた、しゅーくんからのお土産、「浜松どらばーがー」。

どら焼きなのに、なぜにバーガーかと言うと・・・



浜松どらバーガー2

あんこの厚さ約5cm、バーガー並みに分厚いのです

どら焼きの皮の色と相まって、ちょっと本当にバーガーっぽいのが、面白いですね。



浜松どらバーガー3

半分に切ってみると、真ん中にお餅(ぎゅうひ?)入り。

大口を開けて、いただきまーす

あら、思ったよりあんこがしつこくなく、甘さもほどほど、これならこのボリュームでも美味しくいただけますね。

密閉パック入りで賞味期限も比較的長いので、あんこ好きにお勧めな、楽しく美味しいお土産です

| 美味しい甘いもの | 00:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

気仙沼からのクリームパン@気仙沼パン工房

『いばらきローズラウンジ』のある茨城アンテナショップの並びには、東日本復興支援プロジェクトの一環で設けられた『銀座いきなり市場』があります。

こちらでは、東日本大震災の被災地11市の物産を販売しているのですが、そこで美味しいパンを見つけました。



気仙沼パン1

その名もシンプルな「クリームサンド」(180円)、気仙沼にある『気仙沼パン工房』で作られているようです。

このパンは、銀座の柳まつりの際、スタッフの方が「美味しかったから」と言って買っていたので、目をつけていたもの。



気仙沼パン2

中のパンは、昔ながらの懐かしいコッペパン型、ふわふわ・もちもちのパンの間にクリームがサンドされています。

袋に、「焼いて食べるとより一層おいしいです」と書かれていたので、グリル(オーブントースターがわり)で焼いてみました。



気仙沼パン4

焼いている途中から、甘くて香ばしい香りが広がり、香りだけでも美味しそう。

食べてみると、中のクリームにはピーナツバターが入っているようで、焼けたパンに、ちょっととろけたクリームが染みて、あら、美味しい

牛の絵がついていたので、カスタードクリームが入っているかと思っていましたが、これはちょっと意外で面白いですね。



気仙沼パン5

という訳で、後日、他の2つ、「ごまクリームサンド」(180円)と「コーヒークリームサンド」(180円)も買ってきちゃいました。

ネットで調べてみると、「くるみクリームサンド」というのもあるようですが、こちらの取り扱いは、銀座では無いようです。



気仙沼パン6

この二つも、軽く焼いていただきましたが、クリームがちょっと溶けるところが美味しそう。

ゴマクリームの方は、パンにもゴマが入っていて香ばしく、コーヒークリームはカフェオレパンをいただいているような優しい味

どちらも美味しいパンでしたが、私としては「クリームパン」が一番好みのパンでした

この『銀座いきなり市場』では「メカジキバーガー」や「牡蠣コロッケバーガー」もあったので、今度はそちらも試してみたいです。



銀座いきなり市場(ぎんざいきなりいちば)


住所:東京都中央区銀座5-2-1 銀座TS 1F
電話番号:03-6280-6773
営業時間:11:00~19:00
定休日:?
URL:http://www.ginza-fukkou.jp/

| 美味しいパン | 08:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

お野菜メガ盛りランチ@いばらきローズラウンジ

ローズラウンジ

銀座の柳まつりで通りかかり、気になったお店、『いばらきローズラウンジ』。

茨城のアンテナショップにカフェが併設されていて、茨城食材を味わうことができるようです。



ローズラウンジメニュー

私が通りかかった日は、お祭りということもあって、でかでかと「生ビール400円」と張り出されていますが、「にんじんビール」や、すでに売り切れの定食、ワッフルなど気になるメニューがいっぱい。

ということで、野菜が食べたい気分のある日、「メガサラダ&ローズポーク」ランチをいただきに伺ってみました。



にんじんビール

お店はカウンターでの前払い制、「にんじんビール」(茨城特産のにんじんジュースをエビスで割ったもの)をいただきながら料理を待ちます。

ちなみに、アンテナショップで売っている、常陸野ネストビールなどを買って持ち込んでもいいそうですよ



メガサラダ&ローズポーク

「メガサラダランチをお願いします」と頼んだところ、お店の方から、「ものすごい量ですよ。サラダの下には玄米ご飯が200g入っていますし」とのお話に、ご飯を半量にしてもらって、やってきたのがこれ。

はっきり言って、宴会メニューではないかというくらいの大盛りプレート、野菜不足は一気に解消できそう。

でも、これをひとりで食べるのは、少々恥ずかしいかも



ごまたれ

これに、卵黄とゴマが入っている、ちょっとネバネバ系のドレッシングをかけていただきます。

・・・、このドレッシング、お野菜ともご飯ともあって、とても美味しい



メガサラダアップ

それに、サラダの野菜も新鮮でシャキシャキ、ほくほくのジャガイモやレンコン、プチプチした玄米と、シンプルなのに美味しいですね

食べ切れるかどうか心配されたのか、お店の方が何度も様子を見に(?)、テーブルのそばを通って行かれましたが、これは野菜中心ということもあってか、意外にも普通に完食できました。

実を言うと、もう少しお肉が多くてもいいくらい



銀座の小学生

午後3時を過ぎる頃には、近くの泰明小学校の生徒でしょうか、銀座のど真ん中を小学生が次々と帰っていきます。

お店の方も親切で、のんびりできる穴場的カフェ。

今度は好みの納豆が選べる「いばらき納豆BAR御膳」や「あんこうバーガー」も試してみたいと思ったお店でした。



いばらきローズラウンジ


住所:東京都中央区銀座5-2-1 銀座TSビル(旧銀座東芝ビル)1階
電話:03-6280-6368
営業時間:10:30~19:30
定休日:無休
URL: http://www.ibarakishop.com/

| 昼ごはん | 23:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

もなかなお菓子@まめつばき

麩焼きとフロランタン

ランチに伺った『まめつばき』で、もなかの他に可愛らしいお菓子をバラ売りしていたので、買ってみました。

上の白くて丸いのが「ふやき煎餅」(120円)。

下の舟形の物は、もなかの皮を使った「もなかフロランタン」(120円)です。



ふやき煎餅

お店の紹介によれば、「和風マカロン」(!?)こそ「ふやき煎餅」。

私の感想としてはマカロンとはちと違っていますが、さくっとした食感と、口の中でしゅぅと溶ける、はかない味わいは似ているといえるのでしょうか。

食べやすく、表面の砂糖がけに描かれたつばきの絵も素敵なので、年配の方への手土産にもよさそうです。



もなかフロランタン

もうひとつの「もなかフロランタン」は、薄く焼かれたもなかの皮に、アーモンドをからめたキャラメルを流し込んだもの。

キャラメルといってもフロランタンなので、カリッとした歯ごたえの飴のような感じ。

一般的なフロランタンがクッキー生地なのに対し、こちらは油分のないお米の生地なので、とても軽くいただけて、アイディア商品といえそうです。

皮と選べる餡がセットになったお取り寄せセットもあるので、足立区「新」名物として、お土産にしてもよさそうですね。



もなかカフェ まめつばき

住所 東京都足立区西新井1-6-6
電話番号 03-5647-6936
営業時間 月~水8:00~19:00 金8:00~23:00 土11:00~23:00 日・祝・縁日11:00~19:00
定休日 木曜日
URL http://mametsubaki.com/02_intro.html

| 美味しい甘いもの | 15:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

門前カフェでランチ@まめつばき

下町情緒を感じさせられる西新井大師とその門前町ですが、最近新しいお店も増えてきました。

環七から西新井大師の門前町へ入るその角に、可愛いカフェ『もなかカフェ まめつばき』があります。


まめつばき

こちらのお店は、モーニングからランチ、また週末の夜はバーにもなり一日中楽しめるお店。

この日はランチをいただきに、お店に伺いました。



しょうが焼きランチ

手ごね煮込みハンバーグや親子丼など、美味しそうなメニューが揃っているのですが、限定に弱い私は「週替わりランチプレート」をお願いしました。

この週は、「たっぷりキャベツの生姜焼き丼(ドリンク・デザート付き)」(900円)です。



しょうが焼き

丼といっても、さすがはカフェ、ワンプレートの上にこんもりとご飯が盛られ、上に生姜焼きが乗っています。

この生姜焼きの下にたっぷりの千切りキャベツが敷かれているのですが、生姜焼きには甘辛く生姜の効いた味付けがされ、また乗っている玉ねぎの甘みも効いて、最後まで美味しくいただけました



サラダ

カフェランチの嬉しいところは、野菜もたっぷりとれるところが多いこと。

こちらも生野菜の上に、ポテトサラダまでついて、丼のキャベツと合わせてしっかり野菜を取ることができます



スープ

スープは鶏のコンソメ風、塩味もちょうどよく、ランチによく合うあっさり味。

お麩のようなふわふわしたものが、具に入っていました。



もなかメニュー

食事の後のお楽しみは、デザートのまめもなか

こちらのカフェは、「もなかカフェ」の名の通り、いろんな種類の餡の入ったもなかを楽しむことができるのです。



まめもなか

本日のあんこから私が選んだのは、あんこらしくない(?)キャラメル・ラテ。

しっとりジューシーなあんこからは、ほんのりとミルクの香り、思ったより上品な味わいです。

こちらのもなかの皮は、香ばしいお米の風味がして、それほどもなかが好きという訳ではない私でも、「美味しい!」と思わせる味。

あんこと皮が別々になったお土産や、好きなあんこを選んで1つから買うこともできるので、食べながら西新井大師散策もいいかもしれません。



もなかカフェ まめつばき


住所 東京都足立区西新井1-6-6
電話番号 03-5647-6936
営業時間 月~水8:00~19:00 金8:00~23:00 土11:00~23:00 日・祝・縁日11:00~19:00
定休日 木曜日
URL http://mametsubaki.com/02_intro.html

| 昼ごはん | 09:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

2つの看板メニュー@二枚看板

二枚看板

ラーメン好きのしゅーくんにつきあって、足立の公社ニュース「ときめき」に掲載されていた、『ラーメン食堂 二枚看板』へ行ってきました。

場所は、西新井駅東口前にある「ホテルパインヒル」のお隣と、駅から徒歩3分かかるかどうかの好立地。

店名からも分かるように、こちらの看板メニューは2つあるのです。



匠

まずは、”動物系清湯とスープと魚介スープの旨みを弱火でそれぞれ最高の状態で引き出し、絶妙なバランスで組み合わせた深いコクのある一杯”という、「匠」+味玉子(680円+100円)。

ほんわりとした魚介の香りと塩味の効いたきれいに澄んだスープ、あっさりとしていますが、コクもあり美味しいラーメンです。



極

”鶏ガラと数種類の野菜を強火で炊き上げ、旨みを最大限に引き出した濃厚かつクリーミーな一杯”というのは、「極」+味玉子(730円+100円)。

こちらは白濁してとろりとしたスープで、鶏の味が濃いけれどいやみなく広がる、ポタージュのようなラーメン。



説明文

二つのラーメンを並べてみると、「匠」のネギは細切り、海苔は短冊ですが、「極」ではネギが輪切りで、海苔は細かく切るなど、違いを出しているのですね。

面白かったのは、どちらもチャーシューが2種類のっていて、トロトロの豚バラと、香ばしい鶏モモだったこと。

また、味玉子も黄味がとろりとしたいい加減の半熟で、味もしみて美味しかったです。

全体に量は少なめですが、店内も清潔でお洒落なので、大盛りラーメンはちょっと・・・という方にもお勧めのお店です。


ラーメン食堂 二枚看板(らーめんしょくどう にまいかんばん)

住所 東京都足立区梅島3-33-9
電話番号 03-3840-1770
営業時間 火~土11:00~25:00 日11:00~23:00
定休日 月曜日
URL http://locoplace.jp/t000031738/

| 昼ごはん | 08:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

銀座の柳と昼ビール@BULLDOG(ブルドック)

銀座柳まつり

5月5日はこどもの日、そして、「銀座の柳まつり」の日でもあります。

青空のもと、揺れる柳の枝、揺れる旗、西銀座通りでは、パレードやいろいろなイベントが行われています。



銀座柳まつり

今年は、東日本大震災の復興支援にも力が入れられていて、気仙沼・南三陸震災復興キャンペーンも行われていました。

『東日本復興応援プラザin銀座』の前では、気仙沼の大谷大漁唄い込みが披露され、恵比寿様も舞い踊ります。



ブルドック

通りは歩行者天国になり、歌に踊りに、いろいろなパフォーマンスも楽しめます。

ぶらぶら歩いて、のどが渇き、お腹もすいたので、飛び込んだのは、銀座インズ1にある『BULLDOG』。



一番搾りフローズン

こんな時にこそいただきたい、「キリン一番搾りフローズン」(650円)

シャリシャリの氷が、ソフトクリーム状に盛り上がり、最後まで冷え冷えで~す。



ブラックチキンカレー

ビールと共ににいただくのは、ゴロゴロとお肉の入った、「ブラックチキンカリー」(900円)。

最初は思ったよりマイルドと食べ始めると、後からじわじわと辛さがやってくる、スパイシーなカレーです。



ブルドックテイスティングセット

連休終盤ということもあり、国内外の樽生が揃うこのお店も、この日は3種を残すのみ。

お店の方のお勧め、3種類すべてを試せる、テイスティングセット(980円)で、すべていただいちゃいましょう

左から、モルトの甘みとホップの香りが効いた『ベアード』の「帝国IPA」、ダブルIPAの香りと苦み、アルコール度数8.2%『ラグニタス』の「マキシマス」、爽やかなホップ香りとすっきりしたのど越し『志賀高原ビール』の「ペールエール~リアルエール版」。



銀座柳まつり

窓際のカウンター席からは、通りのパフォーマンスが望めました。

ハンバーグやオムライスなどのランチや、種類豊富なおつまみが揃い、昼からビールも楽しめる、食事だけの人も、飲みたい人にもお勧めのお店です。


World Beer Pub & Foods BULLDOG(ワールドビアパブ アンド フーズ ブルドック)

住所 東京都中央区銀座西3-1 銀座インズ1 2F
電話番号 050-5518-6889
営業時間 月~日・祝11:30~14:30/17:30~23:15 土・日・祝11:00~23:15(ランチ~17:00)
定休日 無休
URL http://r.gnavi.co.jp/g074200/


| 昼ビール | 15:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

春日部大凧マラソン&マラソン飲み

我がランニング仲間の、今季マラソンシーズン(秋~春)最終大会は、毎年、春日部大凧マラソン。

とはいえ、黄金週間の真っただ中に開催されるため、私も出たり出なかったり。

今回は不安定なお天気ではありましたが、それでも走るという仲間につられて、ハーフマラソンをランしてきました。



南桜井

最寄駅の南桜井駅では、「ファイト!」の看板、ありがとうございます!

でも、駅から一歩出ると外は大雨、会場までの輸送バス乗り場には、長蛇の列。

また、普段は多くの方が、会場のグラウンドにビニールシートを引いて荷物置き場にするのですが、雨のため皆体育館に避難してきたので、館内は大混雑


春日部大凧マラソン

それでも、スタート時には一時雨がやんだのですが、走っている途中からまた雨が降り始め、帽子の上から雨音が聞こえます。

長い長い江戸川の土手、濡れながら走るランナーの、これまた長い長い列が目に焼きつきました。

走り終わって会場を去る時、遅まきながら、青空がのぞきました。



華の舞

な~んて言ってても、これが入れば、世は事もなし。

今回は、練習をほとんどしていなかった私が、5人グループの最下位、次回のリベンジを誓って、、お疲れ様~



華の舞2

今日摘んでも明日は芽が出る「明日葉」の大盛り、期間限定「サーロインステーキ」。

走った後ですから、野菜(?)も肉も、がっつりいただきます。



華の舞

あ、ニュージーランド産だけど、生ガキ(2個409円)もありますよ。

でも、う~ん、まあ、今の時期だし、ニュージーランド産だし、味はこんなものかな~


華の舞4

こちら、北千住の『華の舞』の枝豆には、「メガ」盛り、その上を行く「ギガ」、そしてそのまた上「宇宙」盛りがあります。

グループ内には、枝豆大好き人間がいて、これさえあれば良いというので、「宇宙」をオーダー。



華の舞5

バランスゲームよろしく、四方八方から枝豆の皮を刺し、ひとつの器にすべての皮を刺しきれるかに挑戦。

積み上がった枝豆の皮は、こぼれ寿司の高さを超え、これはもう芸術品



華の舞

長いマラソンの列のように、長いレジシート。

ハーフマラソン=2時間30分、飲み会=5時間・・・、これでいいのだろーか・・・。



二月屋

で、ついでにもう一軒、というところで、また秋になったら、みんなで走ろうね~

| ランな話 | 10:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

南茨城B級グルメ旅 阿字ヶ浦~水戸

那珂湊でお昼を食べ損ね、向かった先は、阿字ヶ浦の日帰り温泉施設『のぞみ』。

夕刻までに水戸へ抜けたかったので、温泉に入る時間はありませんでしたが、食堂だけの利用もできるので、入り口でその旨を伝えて館内へ。



阿字ヶ浦のぞみ海鮮丼

待ちに待ったお昼御飯、私は「海鮮丼」(1,600円)をチョイス。

海鮮丼には、マグロやウニの他、クロダイなど地物の刺身を含め、10種類以上の魚介類が味わえて、う~ん、満足



阿字ヶ浦のぞみ

対して、肉が食べたい夫は、「常陸牛ステーキ重」(1,600円)。

醤油ベースのタレに絡まったお肉はボリュームもあり、ご飯がすすみます



ひたちなか海浜公園のネモフィラ

お腹を満たし、水戸へ向かう途中に寄ったのは、『国営ひたち海浜公園』。

見晴らしの丘には、今を盛りの、ネモフィラの花畑が広がっていました。



ひたちなか海浜公園のチューリップ

たまごの森のチューリップ、木々の間に、何十種類(百以上あるかも)もの、色も形もちがう花が咲き誇っています。

広大な公園内には、自転車専用道が走っており、自転車乗りには嬉しい公園です。



金龍菜館

そして、今回の目的地、水戸へ到着、〆を飾るのは『金龍菜館』。

ここでは、水戸黄門様が食したといわれる、日本で始めてのラーメン「水戸藩らーめん」&「水戸藩餃子」がいただけるのです。



水戸藩ギョウザ

両方注文して、先に出てきたのは、「水戸藩餃子」(630円)、焼きではなく水餃子なのが、中国伝来感を出していますね。

味付けがされているのでタレなしでいただく餃子は、梅肉・鴨肉・クコの実などが入っており、しっかり硬めの餡と梅の酸味が特徴的。

なんとなく、中華料理の前菜に出てくる、香腸を思わせる、面白い味の餃子でした。



水戸藩ラーメン

そして、これがかの有名な、黄門ラーメンこと「水戸藩らーめん」(924円)。

クコの実やチンゲン菜、干しシイタケの炊いたのが乗ったラーメンに、5種類(にら・らっきょう・ねぎ・にんにく・ショウガ)の薬味付き。



水戸藩らーめん2

豚や鶏から取った澄んだスープは、ちょっととろみのある感じで、それだけで飲むと、かなりあっさり。

5種類の薬味を入れると、ニンニクの香りやショウガのピリッとした感じが加わって、味が締まる感じです。

麺には小麦粉の他、蓮根粉が使われているそうで、もちもち・つるんとした食感がちょっと不思議なラーメンでした。

ここから、また水戸駅までひとこぎ、走行距離123kmのB級グルメ旅も、これにて終了~。



阿字ヶ浦温泉 のぞみ(あじがうらおんせん のぞみ)
住所 茨城県ひたちなか市阿字ケ浦町3290
電話番号 029-265-5541
営業時間 10:00~22:00(食事は~21:00)
定休日 第3木曜日(1月・7月・8月・12月は無休)


金龍菜館(きんりゅうさいかん)
住所 茨城県水戸市米沢町237-15
電話番号 029-248-2500
営業時間 11:00~21:30
定休日 水曜(祝日の場合は翌日休)

| チャリな話 | 08:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

南茨城B級グルメ旅 大洗~那珂湊編

南茨城B級グルメ旅、土浦~涸沼から向かった先は、大洗。

茨城空港で「なめパックン」をいただいたので、ここで狙うのは、甘いもの。


大洗みつだんご

ここ大洗でしか食べられず、今となっては数件のお店しか残っていないという「みつだんご」。

今回伺ったのは『たかはし』、おだんごは1本60円、お店の隅にイスとテーブルがあるので、そこでいただくことができます。


みつだんご

保温ジャーの中から出てきたおだんごを、同じく保温されたタレに絡めて出してくださるので、ホカホカと暖かいのが特徴。

おだんごは直径4cmくらいと大きめですが、小麦粉で作られているのでふっくらとして、優しい甘さのタレに、きな粉の香りも香ばしく、いくらでも食べられそうなおだんごです


めんたいパーク

甘いものをいただいた後は、辛いもの、ということで、葛西臨海公園から見える看板の印象が強い、『かねふく』の『めんたいパーク』へ。

明太子のキャラクター、「タラピヨ」ちゃんが出迎えてくれるこの工場も、震災の時には津波の被害を受けたようです。


めんたいパーク試食

『めんたいパーク』では工場見学と直売のみで、食事ができる施設はありませんが、試食コーナーと、無料の飲料自販機コーナーがあり、大人気です。

できたて明太子とひと口マヨめんたいサンドを試食させてもらいましたが、できたてって、やっぱり美味しいですね~(自転車で走って汗をかいたせいもあるかも)。


那珂湊

大洗から次に向かったのは、美味しい魚介のいただける、那珂湊漁港に隣接する『那珂湊おさかな市場』。

連休中のため、どこもかしこも人でいっぱい、お店は長蛇の列です。


岩がき

那珂湊の市場では、涸沼のしじみや大洗のハマグリ、アサリなど、貝類が豊富なよう。

お店に並んでいては、夕刻までに目的地に着けそうもないので、その場で剥いてくれる、大分産岩ガキ(500円)をいただくことに。


岩ガキむき身

ぷっくり身の厚い岩ガキに、レモンをチュチュッと絞り、チュルンとひと口。

おお、冬のカキほど濃厚ではないですが、広がる潮の香、旨み、お酒が欲しくなりますね~


平磯

暑いくらいの日だったので、平磯あたりの岩場では、磯遊びをしている人をたくさん見かけました。

自転車は、海岸線をひた走り、阿字ヶ浦を目指します。


味の店 たかはし
住所 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町884
電話番号 029-267-3954
営業時間 10:00~18:00
定休日 火曜日
URL http://www.oarai-info.jp/tenpo.files/takahashi.htm

| チャリな話 | 19:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。