FC2ブログ

YOUKOの食べある記next

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

隅田川べりでビールの祭典@ニッポンクラストビアフェスティバル2015

1502クラフトビアフェス

第10回を迎える『ニッポンクラフトビアフェスティバル2015』に、ビールと言えばのビアずきさんと一緒に行ってきました。

場所は、東武浅草駅から隅田川を渡ってすぐ、スカイツリーを間近に望む、すみだリバーサイドホールです。



1502クラフトビアフェス

以前は40社を超えるブリュワリーが集まっていたのですが、会場の広さの限界ゆえか、現在は20社ちょっとが参加。

それでも、ゆったりした会場で、厳選したクラフトビールを樽生でいただくことができるのですから、ビール好きには嬉しいイベントです。

という訳で、3,900円の入場料についてくるビールチケット10枚を使い、飲みに飲んだビール&メモは、以下の通り。



1502クラフトビアフェス

①金しゃちプラチナエール(盛田金しゃち)=白濁マイルド

②New Year エール(常陸野ネストビール)=こっくり濃い



1502クラフトビアフェス

③ピルスナー(北海道ビールビリカワッカ)=すっきり

④アロマティックエール(梅錦ビール)=さっぱり



1502クラフトビアフェス

⑤キィウィIPA(あくらビール)=うまにが

⑥日の丸ベストビター(日の丸エール)=こくにが



1502クラフトビアフェス

インターバルは、会場のフードコーナーで買った柿の種とピクルス。

以前は食べ物の持ち込みOKだったのですが、衛生上の理由から不可になったようです。



1502クラフトビアフェス

⑦アウグスホワイト(アウグスビール)=まろやかすっきり

⑧SAGAMI FRUIT FLAVOR STYLE KABOSU(さがみビール)=すっぱフルーティ



1502クラフトビアフェス

⑨ESCARATION(クルー・リパブリック)=ドイツ流IPA

⑩ペールエール(松江ピアへるん)=〆の1杯


最後の頃は、感想ともいえないメモになっていますね。

あまり食べていない上にたっぷり飲み、また度数の高いビールもあったんだから、当然かな。

けれど、いろんな美味しいビールを堪能できて、満足、満足。

では、ちょいと焼き牡蛎でも食べに行きましょうか。



ニッポンクラフトビアフェスティバル2015



住所:東京都墨田区吾妻橋1-23-20 すみだリバーサイドホール
スポンサーサイト

| イベントビール | 10:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

日本を味わいつくせ!@ふるさと祭り東京2015

1501ふるさと祭り東京2015

入場料が1,300円と高いし、スタジアムの椅子にはテーブルもないし・・・、と文句を言いつつも、今年もまたしゅーくんと来てしまいました『ふるさと祭り東京2015』。

日本各地の珍しい料理や飲み物が、お祭りの屋台をひやかす感覚でちょこちょこといただけて、いろんなお祭りのメインイベントも楽しめるので、ちょっとづついろいろ食べたり見てみたい私たちには、うってつけなのです。



1501ふるさと祭り東京2015

駅弁まつり同様、TVで中継されると激混みになるので、開催初日の朝イチに参戦。

広くて天井の高~いドーム内は、狙い通り、そこそこ人は集まっていますが、これからが本番と言った適度な混み具合です。



1501ふるさと祭り東京2015

日本各地のうまいものの中から、まずは17のブルワリーがやってきてるクラフトビールを狙います。

会場の中心部近くには、サンクトガーレン、富士桜高原、箕面、横濱と4つのブルワリーの固まった場所があるので、そこへ直行!



1501ふるさと祭り東京2015

『横浜ビール』の4種飲み比べセット(1,200円)、レッドドラゴン・横濱ラガー・ペールエール・アルトです。

さいたま新都心で行われる『けやき広場ビール祭り』では、大体4種1,000円なので、ちょっと割り高かな。



1501ふるさと祭り東京2015

ビールと席をゲットしたら、しゅーくんと交代で、食べ物の買い出しへ。

昨年美味しかった16種類が並ぶ「全国ご当地どんぶり選手権」エリアで、ワンコインでいただけるミニ丼を選びます。



1501ふるさと祭り東京2015

私が選んだのは「名古屋コーチン親子丼」(500円)、熟成みりんを使った甘めの味付けでしたが、その場でとろとろに卵がとじられ、なかなか美味しいどんぶりです。

しゅーくんは「大山自然薯むぎとろ丼」(500円)、とろりとした自然薯の麦飯の組み合わせは美味しかったけど、もう少しマグロが欲しかったなぁ。



1501ふるさと祭り東京2015

続いては、『箕面ビール』の「飲み比べセット」(1,000円)、ピルスナー・ペールエール・ゆずホ和イト・スタウト。

これを観客席で飲んでいたら、近くに席にいた団体さんから「どこで買ったの~?」と声をかけられました。

飲み比べセットは、やっぱり人気ですね。



1501ふるさと祭り東京2015

麺類も豊富な会場なので、ラーメン大好きしゅーくんは、「黒豚飛魚(あご)らあめん」(850円)を。

以前に九州の五島に行って以来、飛魚のほの甘い出汁にはまっているのですが、その出汁のせいか、白濁している割にさっぱりしたラーメンでした。



1501ふるさと祭り東京2015

こちらもしゅーくんが買ってきた、「A5飛騨牛にぎり寿司」(2貫600円)、ち、小さい・・・。。

手のひらより小さいおせんべいの上に2貫が乗って、さらに余白があるくらい小さな握りでしたが、お肉は美味しかったです、ハイ。



1501ふるさと祭り東京2015

牡蛎好きとしては「焼きガキ」(3個1,000円)もはずせません、北海道厚岸産の大ぶりの牡蛎は、焼いても比較的上品な味ですね。

同じく北海道の「本ズワイガニの甲羅盛り」(1,000円)、蟹味噌の香ばしさがすでにほぐしてあるカニの身に絡まって、お値段は高めながら、酒飲みが大好きな味でした。



1501ふるさと祭り東京2015

お腹も少し落ち着いてきたので、会場をブラブラしながら、お店を冷かします。

歩きつつ飲むのは、『田沢湖ビール』の「ブナの森」(500円)、さっぱりとした軽い飲み心地です。



1501ふるさと祭り東京2015

会場のメイン「お祭りエリア」では、青森のねぶたや高知のよさこいなど、各地のお祭りを見ることもできます。

ステージ正面の特別観覧席(1,000円)を買わなくても、ゆっくり観覧できるのが、平日初日のよいところ。



1501ふるさと祭り東京2015

『箕面ビール』のブースで売られていた、箕面名物「紅葉の天ぷら」(300円)、噂には聞いていたのですが、食べるのは初めて。

かりんとうのようなカリッとした硬めの衣の中に、紅葉の葉の繊維を感じる、あっさりした甘さの天ぷらでした。



1501ふるさと祭り東京2015

美味しいビールを飲んで、各地の珍しくて、でも懐かしいような料理を食べ、まだ本物を見たことのないお祭りを見て、日本を堪能した「ふるさと祭り東京」。

北海道の鶏の半身揚げと、千葉のチーズをお土産に、入場料を払っても、また来年の行きたいねと言いながら家路についたのでありました。


| イベントビール | 09:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

けやき広場おかわり@けやき広場秋のビール祭り2014

1409けやき広場秋のビール祭り

しゅーくんが自転車旅行に出かけてしまった、9月の飛び石連休、さて何をしようかと思った時に思い出したのが、「けやきひろばビール祭り」で、飲み損なったビールたち。

ならば、一人でおかわりでもいただこうとさいたまスーパーアリーナに向かったところ、そこには2日前とは比べ物にならないほどの、開場待ちの大行列が!

入口から線路脇方向へ、アリーナを4分の1周するくらいの人・人・人、休日ということもあり、子供連れの方も多数並んでいます。



1409けやき広場秋のビール祭り

11時開場、かなり待たされるかと思いましたが、無料でチケットもないためでしょうか、10分もしないうちに会場内へ入ることができました。

一人でさくっと飲みかつ食べるつもりだったので、まだガラガラだった立ち席のテーブルを選びましたが、一人だけなら着席も大丈夫そうだったので、こちらに用意されている席はかなりキャパがあると思われます。



1409けやき広場秋のビール祭り

さて、心残りのひとつ、『OH!LA!HO!BEER』(長野)のエクストラペールエール「キャプテンクロウ」(S300円)。

「もっと香りを!もっとキレを!もっとホップを!」というペールエールとIPAのいいとこどりビールで、フルーティーなホップの香りと、切れと去り際の良い苦みが、とても感じが良いものです。

合わせていただくのは、『OH!LA!HO!』がこのビールにお勧めしている、限定「ジビエの特製煮込みハンバーグ」(700円)。

ざっくり切られたジビエ肉をまとめたハンバーグは、ちょっとクセのある香りもしますが、スパイシーなデミグラスソースがしっかり絡んで、実にビールによく合いました。



1409けやき広場秋のビール祭り

お次は、『遠野麦酒ZUMONA』(岩手)、昨年秋に遠野ジンギスカンと一緒にいただいたビール屋さんです。

1日200杯限定の「ペールエール」(700円)を目当てに貝に向かったのですが、2種飲み比べにすると800円で他のビールも飲むことができるという説明をいただき、「ヴァイツェン」もお願いしました。



1409けやき広場秋のビール祭り

遠野産のホップを使用したペールエールは、ホップがとてもよく香り、かつ苦みもしっかりしていてIPAのようなエール。

ヴァイツェンも遠野産ホップを使っているそうで、ヴァイツェンにしては濃い色合い、でもフルーティーであり、爽やかさもあるビールでした。



1409けやき広場秋のビール祭り

そして〆にしようといただいたのは、『日本クラフトビール』のピルスナー「Far Yeast 東京ブロンド」(500円)、「馨和 KAGUA」で有名な日本クラフトビールが2014年4月に販売を始めたビールですが、私の近辺では取り扱いがなく飲んてみたかったビールです。

一緒にいただくのは、お店の方に勧められた、お相撲さん風のおいしそうな方が作るお芋や根菜、鶏肉たっぷりのポトフ・「ポテフ」(500円)。

このポテフ、池袋のビアバー『万事快調』とのコラボで、冗談みたいな名前ですが、スープに和風の出汁味が効いていて、具にも染みて、すっごく美味しい。

そして軽やかで上品な香りの「東京ブロンド」が、この和風ポトフにとてもよく合っていて、知り合いがいたならば、ぜひ合わせて飲んでみてと勧めたいほどでした。



1409けやき広場秋のビール祭り

この日は一人飲みにつき、酔っ払わないうちに、これにて終了とし、会場内を散策してみました。

アリーナの壁面には、出店しているビールメーカーの旗が高々と飾られ、漫画『もやしもん』内で開催される「オクトーバーフェスト」の一場面のようでもあります。



1409けやき広場秋のビール祭り

いいビールフェスだなあなどと思いながら歩いていると、東京下町の地麦酒を歌う『VIRGO BEER』のブースで、「栗エール」(500円)を発見。

栗が入ったビールって・・・、いや栗味のビールか・・・、どうしても気になって、〆たつもりでしたが、もう1杯だけ。

飲んでみると、ほんのり甘く、ほんのり栗の香りがする、ビールと言えばビールという、不思議な味のエールでした。



1409けやき広場秋のビール祭り

さて1時間程度で引き上げるつもりが、結局2時間半と予定外に長居をしてしまいました。

そろそろ移動しようと外へ出て、アリーナの裏の方へ回っていると、会場を上から眺められる場所がありました。

朝来た時は、まだ席もあり、指定席はガラガラだったけれど、午後を向かえて、すごい人出になりましたね。



1409けやき広場秋のビール祭り

家に帰って、一人宴会で楽しむのは、『リオブリューイング』の「自家製ビールパテ」(500円)、『スワンレイク』特製「燻製セット」(500円)の燻製鶏と燻製ナッツ、『那須高原ビール』の「自家製ピクルス」(500円)に、パンをあわせた豪華おつまみセット。

ビールもリッチに、サントリープレミアムモルツの「コクのブレンド」、いやいや、この料理にこのビール、家飲みもいいものですね。

次のけやきひろばビール祭りは春、またその時を楽しみに!

| イベントビール | 06:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

けやきひろばを飲み尽せ!@けやき広場ビール祭り2014秋

1409けやき広場ビール祭り

私の周辺で最強のビール祭りとの呼び声も高い、と秋にさいたま新都心のけやきひろばで行われる「けやきひろばビール祭り」、今年もまた、ビールの秋がやってきました!

今回、ビールを飲み尽くさんと参戦するのは、昨年の秋同様、ビアずきさん(奥様は棄権)と同僚のK嬢。

自宅で某コンサートのネット予約を狙うK嬢は遅れるため、私とビアずきさんが開場時間の11時にさいたまスーパーアリーナに向かうと、すでに長蛇の列ができているではありませんか。



1409けやき広場ビール祭り

開場と同時にアリーナに吸い込まれる列の最後尾にくっついて何とか入場、あっという間にテーブル席は埋まっていきます。

それでも平日ということもあり、私たち3人分の席をゲット、さあ、いざ飲まん、けやきひろばを!



1409けやき広場ビール祭り

まずは、先陣を切って飛び出したビアずきさんが買ってきたのは、『ベアードブルーイング』(静岡)の4種飲み比べ(1,000円)。

ウィートキングウィット、ライジングサンペールエール、スルガベイインペリアルIPA、それに何とアルコール度数8%のやばいやばいストロングスコッチエールまでセットになっています。

今回のビール祭りでは、飲み比べセットが充実していて、どのメーカーでもほぼ4種1,000円でいただけるのですから、人数が多ければ多いほど、いろんなビールを味わうことができるという訳です。



1409けやき広場ビール祭り

続いて私がゲットしてきたのは初出店の『ベルビア』(埼玉)、実はその横にあった、これも初出店の『福田農園ワイナリー』と間違えて買ってきたしまったのですが、これがなかなか美味しいビール。

野老ゴールデン2014、ヴィクトリア・シークレット・ポーター、スーサイド・ブロンド、ザ・ダークホースとネーミングも面白いですね。

ちなみに、ヴィクトリア・シークレットは下着メーカーではなく「ヴィック・シークレット」というホップを使ったことから命名されたそうです。



1409けやき広場ビール祭り

「けやきひろばビール祭り」はビールのお祭りなので、ビールの種類が多いのは当然ですが、他のビール祭りとの違いは、食べ物の充実度、それも各ビール醸造所がその土地土地の名物やB級グルメを販売することです。

こちらは北海道のホタテとカキの貝焼き、大きな貝が口を開ければ、もうこれだけでも、気分は上々になっちゃいますね。



1409けやき広場ビール祭り

続くは、ビアずきさんチョイスの『南信州ビール』(長野)、駒ヶ岳エール、IPA、アルプスヴァイツェン、ブルベリーホップ。

爽やかでフルーティーなビールたちですが、ブルーベリーホップはちょっと甘いかな、などど話していると、K嬢が到着、さあ、ここからが本番です。




1409けやき広場ビール祭り

『伊勢角屋麦酒』(三重)からは、ペールエール、ブラウンエール、レッドエール、マリア。

『城山ブルワリー』(鹿児島)からは、桜島こみかん、奄美黒糖、根占琵琶茶、佐多岬レモングラス。



1409けやき広場ビール祭り

さらに、先に買い間違えた『福田農場ワイナリー』(熊本)のアンバーエールのカルメンとヴァイツェンのソレイユ。

テーブルの上には10種類ものビールが並び、なかなか壮観、飲めや、食べろや、これは楽しいですね🎵



1409けやき広場ビール祭り

当然食べ物も増え、こちらは北海道のノースアイランドビールで「ラム肉焼きます」と銘打って焼かれていた、厚切りジンギスカン。

コロコロと厚い身がジューシーで、ラム肉はビールによく合います。



1409けやき広場ビール祭り

川エビに、じゃがバタも登場、飲むなら食べます、食べるなら飲みます。

写真には写っていませんが、この会場は持ち込みもOKなので、私たちは持ち寄ったナッツやポテサラ、枝豆などもつまみつつと、かなり豪勢な宴会となっています。



1409けやき広場ビール祭り

国内のクラフトビールが中心のビール祭りですが、海外の輸入ビールのお店も、今年はいくつか出ていました。

『グラゼントールン醸造所』(ベルギー)からは、ヤンドゥリヒトゥ、セゾンデルポメール、オンディネクトリオウゥ、カナスター、ホップの効いたアメリカのビールとは一線を画す味わいです。



1409けやき広場ビール祭り

どこからかやってきたツヤツヤの焼き鳥と、1杯100円でトッピングが選べるミニチキンラーメン。

チキンラーメン系のスープって、飲むとつい一口食べたくなるので、こんなミニセットが居酒屋さんにあるとつい頼んでしまいそうですね。



1409けやき広場ビール祭り

『箱根ビール』(静岡)の箱根ピルス、小田原エール、足柄ヴァイツェン、バレンシアオレンジ。

この少し前あたりで、いいピッチで飲んでいたビアずきさんが戦線離脱、しかしK嬢と私はもうちょい飲んで行こうということになりました。



1409けやき広場ビール祭り

面白い食べ物があったと買ってきたのは、ジャンボマッシュルームのアヒージョ、・・・パンフレットのイメージ写真とちがいますね。

左の丸いものはパンで右の丸いものがジャンボマッシュルームなのですが、某JCOMのキャラクターが浮いているみたい・・・。



1409けやき広場ビール祭り

さて、そろそろ私たちも〆の態勢に入ってきました、『ヤッホーブルーイング』(長野)の新作「僕ビール、君ビール」は、ヤッホーブルーイングがローソンと組んで売り出すセゾン。

ビール以外のものも飲みたくなり、新鮮なミントがたっぷり入ったバガルディモヒートなどもいただきました。



1409けやき広場ビール祭り

そして今回も、気が付けば日が落ちて、ナイターの時間帯。

開場と同時に入ったのですから、7時間以上ここにいたんですね。

会期中通い詰めても、全種類飲み切ることはできそうもない、ビールと食のパラダイス。

土日祝は激混みなので、次回も平日を狙って、皆で参戦いたしましょう。


| イベントビール | 22:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

今年のビアホールの日

8月4日は毎年恒例「ビアホールの日」、サッポロ系のビアホールで、全ての生ビールが半額で飲めるという夢のような日です。

直前にビアずきさんに連絡を取ったところ、ご夫妻で『銀座ライオン七丁目店』に行かれるということだったので、お邪魔させていただくことにしました。



1408ビアホールの日

11時半過ぎに、ご夫妻が先に行っているという七丁目店に向かうと、入り口にはすでに列が。

店内は満席で、そろそろ相席になろうかという混み具合でしたが、ビアずきさんご夫妻が席を取っていてくれたおかげで、すぐに着席することができました。



1408ビアホールの日

「ヱビス樽生」(790円→395円)をいただきます!、う~ん、コクと旨みのヱビス、半額だと思うとさらに美味しいですね。

おつまみは、ビアずきさん達が先に頼んでいた、ジャーマンポテトなどをつまませていただきます。



1408ビアホールの日

次は、無濾過のホワイトビール、「白穂乃香」(770円→385円)を。

柔らかな香りと味わいの、優しい飲み心地のビールです。



1408ビアホールの日

おつまみの追加は、「九十九里浜ハマグリのワイン蒸し」(2,680円)、残念ながらお料理は半額にはなりません。

でも、九十九里浜のハマグリはとても大きく、身がプリプリ、底にたまったスープまで飲み干したい一品でした。



1408ビアホールの日

さらに飲むのは「エーデルピルス」(680円→340円)に、「琥珀ヱビス」(840円→420円)。

ホップの香りと苦みが爽やかなビールと、コクがありまろやかなビール、半額なのでいろいろな味を楽しんでしまいましょう。



1408ビアホールの日

ソース焼きそばにステーキを乗せたという、一皿で2度おいしい「おつまみステーキ焼きそば」(1,480円)。

おつまみステーキにはしっかりと味がついているので、焼きそばと合わせてガッツリ系のつまみです。



1408ビアホールの日

「ヱビススタウト」(680円→340円)は、色の割に重くなく、のど越しが良くてスムーズな黒ビール。

マイルドなので、黒ビール初心者でも飲みやすいのではないでしょうか。



1408ビアホールの日

店内には、8月7日を中心に行われる仙台の七夕飾りが揺れて、お祭りムード。

お店を出るころには、入店を待つ行列は更に長くなっていました。

「ビアホールの日」は、銀座ライオン系ならどこでもビール半額ですが、やっぱり七丁目店が一番雰囲気がありますものね。



ビヤホールライオン 銀座七丁目店(びあほーるらいおん ぎんざななちょうめてん)




住所:東京都中央区銀座7-9-20
電話番号:050-5788-0502
営業時間:月~土11:30~23:00、日・祝日11:30~22:30
定休日:無休
HP:http://www.ginzalion.jp/top.html
ぐるなび:http://r.gnavi.co.jp/g131800/
食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13060180/

| イベントビール | 22:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。