FC2ブログ

YOUKOの食べある記next

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

久々にマラソン大会@みさとシティマラソン2015

1502みさとマラソン

最近とんとご無沙汰しているマラソン大会ですが、久しぶりに埼玉県三郷市で行われる「みさとシティハーフマラソン」に参加してきました。

ハーフマラソン大会ではありますが、仕事が忙しい時期で練習不足は目に見えており、またここの関門はシビアなので、短めの10kmの部にエントリーです。



1502みさとマラソン

幸いにして快晴の良いお天気、でも「みさとマラソンは寒い!」という我がチームのジンクス通り、冷え込みの厳しい日となりました。

我がチームも結束して10年近く、少しずつ参加人数が減り、この日も4人が参加するはずが、蓋を開けてみれば2名のみ。

欠席の理由は、一人が老人性膝関節症、もう一人が孫の世話を頼まれたからだそうな・・・、みんな年をとりましたね。



1502みさとマラソン

三郷市のキャラクター、ゼッケン3310(3=み、3=さ、10=と)をつけたかいちゃんに見送られて、10km、ハーフなどの部に分かれてスタート。

風があまりなく、平坦な道は走りやすく、10kmを私史上最遅で、気持ちよく完走。

年寄りには、記録よりも気持ち良いランが、体にも心にも一番良いのかもしれませんね。



1502みさとマラソン

ハーフの部に出た友人を待つ間、1杯100円で供されていた豚汁をいただきます。

具だくさんの豚汁は、寒くても汗をかいた体に、温かさと塩分が染み渡っていくようで、とても美味しいですね。



1502みさとマラソン

そして、大会の後は、いつもどおりの気持ちの良い飲み会!

この日は我がチームは2名のみでしたが、たまたま友人の従弟とその同僚も参加していたため、皆で宴会となりました。

北千住の『はなの舞』、いつの間にか『北海道 はなの舞』と名前を変え、ジンギスカンや浜焼き、ブランド牡蛎まるえもんまでいただける面白いお店になっていました。

こうしてテーブル一杯になるほどの料理を頼み、走る時間が短くなった分、宴会時間も少し短くなった、我がチーム。

とはいえ走る時間の2倍以上の時間を飲み食いし、「どんなに走るのが遅くなっても、ラン&マラソンは一生続けたいね」と語り合うのでありました。

スポンサーサイト

| ランな話 | 10:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

行ったぞ、見たぞ!東京マラソン2014

2月23日は、マラソンをする人なら誰でも1度は走ってみたいと思う、東京マラソンの開催日。



1402東京マラソン

私も過去に1度だけ当選し参加することができましたが、今年は残念ながらはずれ、当選したラン仲間の応援に行ってきました。

夜なべして作った応援のぼり、パソコンでアイロンプリント用紙に印刷した文字、100円ショップで買ったツッパリ棒、針金ハンガーを横棒にしてと、手作り感満載ののぼりです。



1402東京マラソン

とにかく3万人以上が走るのですから、お互いに大体の応援場所と、ゼッケンからわかる予想通過時間を把握していないと、見つけることができません。

私はほぼ半分の20km地点、内幸町あたりで、のぼりとチョコと栄養ドリンクと冷却スプレーを持ってスタンバイです。

近くの日比谷公園前では、かわいいチアリーダーの応援もありますが、11時過ぎには小雪が舞う寒さとなりました。



1402東京マラソン

知り合いが出ていなくても、いろいろな仮装ランナーがいるので、見ていて見飽きません。

大会概要には、派手な仮装や走る妨げになるようなものは禁止とされていましたが、いやいやどうして、富士山にスカイツリー、毎年おなじみの十字架を背負ったキリスト様も走っています。

中には「ハイタッチ目標1万人」を掲げるランナーさんもいましたが、ずっと手を挙げているので、右手が疲れたんじゃないのかな~。



1402東京マラソン

今年のトレンド(?)は、写真は取れませんでしたが、何といっても「ふなっしー」でしょう。

とてもよくできた着ぐるみが何体もいて、「もしかして本物?」という声もちらほら。

仮装をしていると、沿道の人から声援を受けやすいので、目立ちたい以上に、モチベーションを上げたい人にもおすすめです。



1402東京マラソン

サブフォーを目指していた友人は、「ペース配分を間違えた」と嘆きつつも、チョコと栄養ドリンクと冷却スプレーと全て使用して、20km地点を2時間で通過、先を目指していきました。

その後も、知り合いを探しましたが、あっと気が付くと後ろ姿になっていたりと、見つけるのはなかなか難しいですね。

また、他のランナーさんにも、チョコやスプレーを差し入れたかったのですが、いつ友人が来るかとランナーを睨みつつ、片手に位置情報を知るためのスマホ、片手にのぼりでは、余計なことはできません。

私設応援ブースを作るなら、やっぱり複数名で待機している必要がありそうです。


市民ランナーにとって、42.195kmは本当に果てしなく、また憧れの道。

完走できた人も、そうでなかった人も、お疲れ様、そして、また来年!

| ランな話 | 08:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

またもや足切りみさとマラソン2014

1402みさとマラソン

真冬の極寒の時期に開催される、埼玉県三郷市の「みさとシティハーフマラソン」。

我が呑兵衛マラソンチームの定例参加大会でありますが、今年は仕事やら体調不良やらで参加者激減、それでも女性ばかり3名がハーフに出場しました。

毎年、着替え兼荷物置き場になる体育館の寒さには泣かされるのですが、今年は女性ばかりなので、女性専用室になっている畳敷きの武道場を利用することができ、ここが暖かくて広くて、とても快適でした。



1402みさとマラソン

みさとシティマラソンは制限時間が短く、過去にハーフの半分、10km地点で足切りにあっています。

今年は練習をあまりしていなかったので、まずいなあと思っていたら、案の定、あと3分早ければというところで、無念の足切りにあってしまいました。

しかし、私以外の2名は、この後東京マラソンに参加することもあり、前年を上回る好タイムを記録、やっぱり目標があると違うものですね。



1402みさとマラソン

三郷中央駅の前には、マラソン帰りの人に「レッドブル」の試供品を配る宣伝カーが。

でっかい「レッドブル」缶をのせた車は、かなり目立ちますね。



1402みさとマラソン

いただいたのは、新発売のシュガーフリーのレッドブル。

プルトップが水色で、牛の形の切り抜きが入っているあたり、可愛いもの好きの女性をターゲットにしているのでしょう。



1402みさとマラソン

走り終われば、女性のみと言え、打ち上げは必須、ホームグラウンドの北千住へと移動し、飲み放題開始です!

某チェーン店に陣取って、一人2品注文すれば、1,500円で90分間飲み放題というシステムで、飲む!、飲む!、飲む!



1402みさとマラソン

しかし、一人2品って結構量が多いもの、90分では食べきれず、さらに1時間1,000円で飲み放題を追加。

更に1時間追加した頃には、我らのテーブルはお店の人から忘れ去られたようで、ラストオーダーのコールがかかったのは、開始から6時間近くたった頃でした。

う~ん、今回も走っている時間の3倍以上、飲みに走ってしまいました。

次に待っているのは東京マラソン、今年は私は応援団、栄養ドリンクと冷感スプレーを持って、沿道で頑張るぞ~!

| ランな話 | 21:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

雨のタートルマラソン

10月は、今季最初のマラトン大会「タートルマラソン」が、北千住を起点として荒川土手で行われます。

我がラン仲間もそろって出場、そろって宴会!が恒例行事ですが、今年はあいにくの雨。

結局、地元・北千住近隣の3名のみハーフの部に出場となりました。



1310タートルマラソン


いつもは土手にシートを引いて、仲間の家族も集まって、応援しつつもピクニックのように賑やかに過ごすのですが、雨のため応援団はおろか、集合場所さえ定められません。

仲間とメールで連絡をとりつつも、雨がだんだん強くなってきて、私も出場をやめようかと思ったところで、偶然昔の同僚に遭遇。

「ここまで来たのに出場しないなんてないでしょ!?」の一言に、100円雨がっぱを着て、走り出すとこにしました。



1310タートルマラソン


しかしながら、雨はますますひどくなり、衣服は濡れて、合羽を着ていなかったら凍えそうなほど寒い!

また、所々工事中の土手は、ひどいぬかるみ状態の場所があり、すべる上に足首までどろどろです。

折り返す頃には顔に当たる雨が痛いほどの降りでしたが、それでも給水所や関係者の方々が、道端から「頑張れ!」と声をかけてくださるのには励まされました。


1310タートルマラソン


土手からも水があふれ始め、最後はほどんど水の中を走っているようになりながら、私のマラソン史上最低の、制限時間過ぎでのゴール。

しかし、いつもならハーフ終了後に行われる親子マラソンの人たちの姿もなく、大会テントも片づけはじめられ、人影もまばら。

何でも雨がひどくて、午後からの親子マラソンなどは中止となったそうです。

また、先にゴールしたラン仲間からは「寒くて待ってられません!帰ります~」とのメール。

ビニール袋に詰められて河川敷に並ぶ荷物を、足首まで泥に埋まりながら受け取る頃には、寒さと疲れでもうフラフラです。

いつもの宴会もなく、何とか家までは帰りましたが、自宅が遠い人は、濡れた衣服を抱えて大変だったことでしょう。

冬の雨のマラソン大会は、体力・精神力の消費はハンパなく、無理は禁物と思い知らされた大会でした。

| ランな話 | 08:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

マラソンシーズン到来@タートルマラソン2012

我が飲兵衛マラソンチームの、シーズン最初の大会は、荒川河川敷を走る「タートルマラソン」。

タートルマラソン2012

千住近辺を拠点としてる仲間が多いので、朝もゆっくり出られるし、集まるに良し、飲むに良しで、毎年参加しています。

それに、「無理するな!」がこのマラソンの標語。

ゴール直前にダッシュすると、「急がないで!」「ゆっくり!」と声がかかるのんびり具合が、まだ体が慣れていないシーズン初頭には、ちょうど良いのです。



タートルマラソン2012

このマラソン大会、晴れの特異日とでもいいますか、毎年のようにほとんど快晴に近いお天気で、気温も高い。

昨年は30度近くまで上がって、救急車が20台以上出動したとか。

今年もとてもよいお天気で、そこそこ暑くなったので、標語通り「無理するな!」で、のんびりと走ります。

途中、赤羽あたりで、土手と水門の工事のため道幅がとても狭く、走るどころか詰まってしまって前へ進めない状況にもなり、今までの最低タイムを更新することとなりました



タートルマラソン2012

まあ、そもそも練習不足がタイムの伸びない原因。

10月はイベントなどの準備で大忙しで、残業ガンガン、休みの日も家で仕事をしていたので、完走できただけでもよかったのでしょうね。

暑さもあって、タイムオーバーでバスに収容されたランナーを見ていて、そんなことを思ったりしました。



タートルマラソン2012

とはいえ、我が飲兵衛チームは全員完走

祝杯をあげに、千住の町へ繰り出してみれば、2~3年前は昼から開店している居酒屋探しで大変だったものが、ほとんどのお店が昼から営業

中には「祝!タートルマラソン」の文字を掲げるお店もあり、1万5千人あまりの飲兵衛の集団に、やっと商機を見出してもらえたのでしょうか。

相変わらず、走る時間の倍以上飲んでいる我がチームのテーブルには、走らなかったのに飲みに来るだけの仲間や、途中お風呂に入って出直してくる者、別の飲み会に出かける者など、人が増えたり減ったりで、まるで家飲み状態。

今年も東京マラソンに当たった人もいるので、これからのランニングシーズン、練習ガンバロー

| ランな話 | 09:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。